広島被災者「戻りたくない」増加

75人が亡くなった広島市の土砂災害から8月20日で1年。NHKが被災した人を対象に行ったアンケート調査で、もともと住んでいた場所に戻りたいか聞いたところ「戻りたい」が半年前の調査に比べておよそ10ポイント減ったのに対し、「戻りたくない」は逆におよそ10ポイント増加し、ほぼ同数となった。

調査方法は、7月から8月にかけて被災した100人を対象に災害後の生活状況などについてアンケート調査を行った。このなかで現在の住まいを聞いたところ、「もとの自宅」が31%、「もとの自宅を修繕した」が14%、「公営住宅・無償の民間住宅」が23%、「賃貸住宅」が19%などとなった。

そのうえで、すでに自宅に戻った人も含めて、もともと住んでいた場所に戻りたいか聞いたところ、無回答を除くと27%が「戻りたい」と答え、半年前の調査より11ポイント減ったのに対し、「戻りたくない」は26%で9ポイント増加した。

「戻りたくない」理由としては「再び土砂災害が起きないか恐怖心がある」とか「砂防ダムができていない」などと安全面での不安を訴える声が多く上がっている。

さらに、災害後の生活再建がどのくらい進んだかをパーセンテージで聞いたところ、平均53%で、半年前の調査からは3ポイントの増加にとどまり、災害から1年となる今でも生活再建の実感が得られない被災者が多くいることを示す結果となった。(NHK広島)



広島市安佐南区被災地区 2
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL