「安倍首相は総理の資格ない」と総理の資格がなかった管・細川・羽田・村山・鳩山が提言

8月11日、新聞社や放送局の元記者ら約50人でつくる「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」は、歴代首相5人の提言を公表した。安全保障関連法案の成立を目指す安倍首相を「立憲主義に反し、民主主義国の総理としての資格はない」(管直人氏)などと批判している。

同会によると、7月に首相経験者12人に要請文を送り、菅氏のほか、細川護煕、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫が応じた。提言は首相官邸に郵送する。

細川氏は、「安保法制を成立させれば立憲主義は崩壊してしまい、国益を損なう」と廃案を求めた。

羽田氏は、「平和憲法の精神が今日の平和と繁栄の基礎を築いた」と指摘。「安倍総理から日本を守ろう」と皮肉った。

村山氏は国会周辺でのデモに言及し、「国民の声を無視して力で押し通す国民軽視の姿勢は許せない」。

鳩山氏は「『戦争への国造り』から『平和への国造り』へ総理の英断を求める」と訴えた。
(中国)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL