第70回広島平和記念式典

8月6日、人類史上初めて核兵器の惨禍に見舞われた広島は、原爆投下から70年となる「原爆の日」を迎えた。平和記念式典で、広島市の松井一実市長は核兵器を「絶対悪」だとしたうえで「核兵器禁止条約」の交渉開始に向けた流れを加速させるため、全力で取り組む決意を表明した。

広島市の平和公園で午前8時から行われた式典には、海外から過去最多となる100カ国の代表を含む、およそ5万5000人
が参列した。そして、原爆が投下された午前8時15分に全員で黙とうし、原爆で亡くなった人たちを追悼した。

松井市長は「平和宣言」で、「私たちの故郷には温かい家族の暮らし、地域の絆、子どもたちが遊ぶ川辺などがありました。その全てが一発の原子爆弾で破壊されました」と述べた。そのうえで「『非人道の極み』、『絶対悪』である核兵器の廃絶を目指さなければなりません。核兵器廃絶と核兵器禁止条約の交渉開始に向けた世界的な流れを加速させるために、強い決意を持って全力で取り組みます」と誓いの言葉を述べた。

さらに「武力に依存しない幅広い安全保障の仕組みを創り出していかなければなりません。日本国憲法の平和主義が示す、真の平和への道筋を世界へ広めることが求められます」と呼びかけた。

このあと、安倍総理大臣が挨拶し、「我が国としては核兵器国と非核兵器国、双方の協力を引き続き求めつつ、『核兵器のない世界』の実現に向けて一層の努力を積み重ねていく決意です。この決意を表明するため、今年秋の国連総会では、新たな核兵器廃絶決議案を提出します」と述べた。

式典が行われた平和公園周辺の原爆ドームなどの前では、原爆が投下された午前8時15分にあわせて静かに手を合わせる人たちの姿が多く見られた。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL