「西部警察」広島ロケ地を4Kで紹介、路面電車爆破シーンも

7月31日、石原プロモーション(東京)などは、人気テレビドラマ「西部警察」の舞台になった広島などのロケ地を巡って振り返る番組を制作すると発表した。高画質の4K映像で制作し、今秋から全国185のケーブルテレビ(CATV)などで放送される予定。4Kの普及と故石原裕次郎さんの生誕80周年記念を目的としたプロジェクトの一環。

内容は45分番組で、1979年~84年放送の3シリーズからロケ地を10地域程度選定。当時の映像を交え、俳優の徳重聡さんたちが現地を巡るというもの。舘ひろしさんも出演するという。広島では、広島電鉄(広島市中区)が協力した路面電車の爆破シーンなどを取り上げるという。(中国)


西部警察 広島ロケ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL