島根県立女子大生遺棄事件は有力情報なし

広島県北広島町で、島根県立大1年の平岡都さん(当時19)の遺体が見つかった事件は、平岡さんが行方不明になってから26日で1年がたった。島根・広島県警の合同捜査本部は140人態勢で聞き込みに重点を置き捜査しているが、事件解決につながる有力情報は得られていない。

平岡さんは2009年10月26日午後9時過ぎ、アルバイト先の島根県浜田市内のショッピングセンターを出た後に行方不明となり、11月6日以降、北広島町の臥龍山(がりゅうざん)で頭部をはじめ遺体各部が相次いで見つかった。捜査関係者によると、平岡さんの携帯電話やパソコンの通信履歴には誰かと待ち合わせた形跡はなかった。自宅学生寮近くの側道で平岡さんのものとみられる靴が見つかり、付近で襲われた可能性もある。9月末現在、捜査本部に寄せられた情報は約1690件だが周囲とのトラブルや有力な目撃情報は得られていない。

島根県警本部長は「必ず犯人を摘発する」と意気込んでいるのは結構なことだが、このプレッシャーと焦りが、犯人のでっち上げという「えん罪」を生むことも考えられる。浜田市から臥龍山のある八幡へ行くには、国道186号線を通って広島県側に上がっていくことになるが、この道を深夜通るにはちょっとタフだ。県境に近づくにつれて、大きく蛇行した坂道を何度も上がることになる。また、臥龍山がマイナーな山だ。広島市からは遠いし、山道も細い。ここを訪れる人はマニアしかいない。犯人は、この道を知っていたため、死体遺棄場所として選んだんだろう。


臥龍山1

【関連記事】
・北広島町臥龍山で起きた島根女子大生バラバラ殺人事件(2009年)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL