山本太郎議員・安保法制審議を原発再稼動反対に利用?

7月29日の参院特別委で、安保法制に関して、「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表・山本太郎議員が、原発施設にミサイルが着弾した場合の避難計画について質疑していた。

冒頭では、なぜか沖縄からの来客の紹介から始まり、辺野古の基地問題から終始、カメラ目線で問いかけた。

山本議員は、「憲法違反の法案に対して『対案を出せ』これ、よく聞きますよね、声高に、与党側から。これは、ただの詭弁です。論点ずらしの、なにものでもない、廃案である!」と言った。

また、南シナ海については、「軍事力ではなく、外交力で対処すべきで、APECやG7で各国と協力して経済制裁を行うべきだ」等言っていた。

さらに、「川内原発に弾道ミサイル、その他が飛んで来たらどうするの?」「川内原発の稼働中の原子炉が弾道ミサイル等、攻撃の直撃を受けた場合、最大でどの程度、放射性物質の放出を想定しているか?」 と、国防上ターゲットになり易い核施設への攻撃による原子力災害について、質疑した。

政府による答弁に不満な山本議員は「一度、被曝していただく、という話ですよ!」「実測値で測っていくしかないんだ、という話ですよ!」「こんないい加減な話あるかよ!」と、不満を爆発させていた。

最後に、「福島原発の事故があっても誰も逮捕されない、強制捜査も入らない」、「それでも原発を再稼動させるつもりですか?」と締めくくった。


山本太郎
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL