2013年度の外国人技能実習生の労災事故は広島が全国第3位

政府が受け入れ拡大を図る外国人技能実習生の労災事故が、2010年に労働環境に配慮し制度が見直された後も増えており、13年度に初めて1千人を超えたという。東海3県が上位を占めた。実習生の受け入れ団体や企業を指導する国際研修協力機構(JITCO)のまとめでわかったという。機構が把握する労災事故は1993年度の制度導入から受け入れ拡大とともに増え、13年度は1109人に達した。

13年度に労災事故にあった人の国籍はアジアに集中し、中国705、ベトナム156、インドネシア118、フィリピン86。都道府県別では愛知が129と最多で、三重71、広島64、岐阜60、大阪58と続き、東海3県をはじめ製造業が盛んな地域が目立っており、長時間残業による実習生の過労死も出ているという。JITCOは受け入れ側に「日本語の理解や作業上の危険情報の不足が原因で労災が起きたケースもある」と配慮を求めている。(朝日)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL