平和都市広島市の児童虐待相談件数は上半期で昨年比1.4倍

今年4~9月に広島市児童相談所(東区)に寄せられた相談や通告の件数が、前年同期の約1・4倍となる計380件にのぼったことがわかった。虐待に対する関心の高まりから、全国的に相談などの件数は増加しており、同相談所では引き続き早期の連絡を呼びかけている。

増加の理由について、同相談所は「児童虐待が相次ぎ、社会の関心が高まっているためではないか」と説明している。相談の内訳は、身体的な虐待が190件と最多だったほか、育児放棄(ネグレクト)が115件、暴言を浴びせるなどの心理的な虐待74件、性的虐待1件だった。同相談所によると、虐待の被害者の多くは小学生未満で、母親が育児ストレスから虐待を加えるケースが目立つという。(産経ニュース)


質の悪い人間が教育すると、また質の悪い人間が育つ。これが広島の歴史だ。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL