広島土砂災害現場で80歳の地質学者が転落死

5月17日午前、広島市安佐南区の山の中で、地質学者の80歳の男性が倒れて死亡しているのが見つかった。現場は、去年8月の土砂災害で地面がえぐられ崖になっていて、警察は地質学者の男性が災害現場を訪れ、誤って崖下に転落したのではないかとみて詳しい状況を調べている。

17日午前8時すぎ、広島市安佐南区八木の「阿武山」で、男性が頭から血を流して倒れているのを近くを通りがかった近所の住民が見つけ、119番通報した。男性はすでに死亡していて、警察が調べたところ、亡くなったのは千葉市花見川区に住む地質学者の籾倉克幹さん(80)と確認された。

日本地質学会のホームページによると、籾倉さんは昭和32年に広島大学理学部を卒業後、旧農林省の地質技術者として採用され、各地で地質調査にあたり、平成23年には日本地質学会の名誉会員となっている。

現場は、去年8月の土砂災害で発生した土石流によって地面がえぐられ、崖になっていて、籾倉さんが倒れているのが見つかった場所から、15メートルほど上に、籾倉さんの荷物が残されていたという。(NHK広島)


広島土砂災害跡地001

広島土砂災害現地002
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL