安芸区のJR山陽本線の線路上に自転車を置く男を逮捕

4月30日夜、広島市安芸区のJR山陽線の線路上に自転車を置いたとして、近くに住む45歳の男が逮捕された。付近では3年前から同様の事件が8件起き、調べに対し「ほかにもやった」などと供述しているということで、警察が余罪を捜査している。

逮捕されたのは、広島市安芸区畑賀の廣戸良夫容疑者(45)。警察によると、廣戸容疑者は30日午後10時40分すぎ、広島市安芸区中野のJR山陽線の線路上に自転車1台を置いたとして、列車往来危険の疑いが持たれている。同様の事件が相次いでいることを受けて張り込んでいた捜査員が、自転車を抱えて立ち入り、線路上に自転車を置いて立ち去った廣戸容疑者を発見し、その場で逮捕したという。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL