広島女学院が2億2000万円の使途不明金問題で元事務担当者を提訴

広島女学院の関係団体で使途不明金が見つかった問題で、広島市の学校法人・広島女学院は団体の元事務担当者に対し、使途不明金と同額の2億2000万円あまりの損害賠償を求める訴えを起こした。

この問題は、広島女学院の卒業生などから寄付金を受け付ける団体「広島女学院維持会」の元事務担当者の男性が、22年間にわたり適切な会計手続きを取らず支出を繰り返したため、使途不明金が発生したもので、その額はおよそ2億2400万円に上ることがわかり、広島女学院は男性に対し、同じ額の損害賠償を求める訴えを起こした。また男性を刑事告発する方針。

一方、団体の会計事務を男性1人に任せていて、内部監査などのチェックが十分に機能していなかったことなどが問題の原因だとして、今後、全ての関係団体に収支状況の報告を求めるなどの再発防止策を講じるという。(RCC)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL