広島で集団暴走が13年ぶりに発生200回を超える

広島県警が2014年に把握した広島県内の暴走族や非行少年グループによる集団暴走は247回で、18回だった前年の約13倍に増えたという。暴走族の動きが活発だった01年以来、13年ぶりに200回を超えた。

かつて暴走族が集まった胡子大祭(えびす講)でも昨年の期間中に、広島市中区の中央通りなどを延べ13台のバイクが暴走し、消化器を噴射するなどの行為もあった。

集団暴走した人数は延べ1805人、暴走族は昨年末時点で1グループ5人。1999年の44グループ、428人から大幅に減っているが、暴走族と同様にバイクで集団暴走する非行少年グループが4グループ、43人いるという。

2014年に広島県民から寄せられた苦情110番は266件あった。広島市周辺が141件で南区や安佐北区、安佐南区で目立つ。その他の市では、福山50件、東広島31件、呉22件となっている。(中国)
関連記事

Comment

編集
警察の方々が懸命に普通の一般市民を…

もう一度言いますねww

『ごくごく普通の!安全運転を心がけてる、ごくごく普通のー!!』一般市民を取り締まられてる間に、この様な事態が多発してしまうんですよね~
2015年04月24日(Fri) 00:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL