広島東警察署のムラムラ警察官が強要未遂で逮捕

広島東警察署の39歳の巡査長が女性に対し「あなたの裸の動画を入手した。ばらされたくなかったら電話に出て下さい」などと電話で脅したとして、強要未遂の疑いで逮捕された。女性は「面識はない」と話しているという。

逮捕されたのは、広島東警察署地域課の巡査長、鞍本渡容疑者(39)。警察によると、鞍本巡査長は先月下旬、23歳の女性に対し「あなたの裸の動画を入手した。ばらされたくなかったら電話に出て下さい」などと電話で脅したとして、強要未遂の疑いが持たれている。

巡査長は、私用の携帯電話を使って番号非通知の設定で電話をかけ、留守番電話に録音した女性が警察に相談し、警察が通話履歴を調べるなどして捜査を進めていた。調べに対し「間違いないと思いますが、本気で言ったわけではない」と供述しているという。

警察によると、留守番電話には同様の録音が10回入っていたが、女性は「巡査長と面識はない」と話しているということで、警察が動機やいきさつを捜査している。(NHK広島)
関連記事

Comment

編集
もう“軽”察は一般人以上に信用できんな~

せめて民営化にしてくれ!税金他に回せよ?
2015年04月15日(Wed) 20:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL