三原警察署で警官が拳銃自殺

三原警察署の58歳の警部補の男性が、交番で頭から血を流して倒れているのが見つかり、近くに警部補の拳銃が落ちていたことなどから、警察は自殺を図ったとみて調べている。4月7日午前9時50分ごろ、三原警察署の交番に勤務する58歳の警部補の男性が、交番の2階で頭から血を流して倒れているのを同じ交番に勤務する同僚が見つけた。警察によると近くには警部補の拳銃が落ちていて、家族にあてたメモが見つかったという。警部補は7日の午前8時半までの24時間勤務で、三原市内をパトロールしたあと倒れているのが発見される、およそ8時間前には交番に戻っていたということで、警察は自殺を図ったとみて調べている。(NHK広島)


三原警察署
関連記事

Comment

編集
ニュースにはならなかったと思うのですが
自分が住んでいる集合住宅でも飛び降り自殺が1・2年以内にありました。
非常階段から落下したそうで、自殺前に大きな音を聞いた気がします。
周辺では火事が起こったり、安否は不明ですがつい先日は車の横転事故(横転というか完全に上下ひっくり返ってましたが)、近くが騒がしかった事があり同種の自殺もあったかもしれません。

悼み顧みられる人知れず亡くなられているのは少し寂しい気がしますね。
2015年05月02日(Sat) 04:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL