歴史問題にたかる中国・韓国

3月21日、日本、韓国、中国の3カ国外相が、ソウルで会談し、3カ国首脳会談の早期開催に向け努力していくことで一致したという。防災や環境分野での連携強化も確認した。これに先立つ日中、日韓の個別外相会談では、中韓両国が安倍晋三首相による今夏の戦後70年談話の内容に懸念を表明した。

日中韓外相会談は平成24年4月に中国で開いて以来約3年ぶり。就任以来初めて訪韓した岸田文雄外相(広島1区)が中国の王毅外相、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と向き合った。尹氏は「新たな出発点に立ち、3カ国の協力をさらに具体化していかないといけない」と強調した。岸田氏も「3カ国の交流や協力を一層促進し、未来志向で強化することが重要だ」と述べた。王氏は「歴史問題を善処して3カ国の協力の正しい方向を維持できるよう取り組んでいただきたい」と述べ、日本を念頭に歴史問題で牽制(けんせい)した。

これに先立つ日中外相会談では、テーマが歴史問題に集中し、時間の半分以上が費やされたという。王毅氏は「日本がどのような態度で歴史に向き合うかに注目が集まっている」と指摘。岸田氏は「安倍総理が歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいくと何度も表明している」と反論した。

岸田氏はまた、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での中国公船の領海侵入を念頭に「日中関係を改善するための機運を高めないといけないが、東シナ海ではそれに反する動きがみられる」と批判した。

日韓外相会談では、21年12月以来開かれていない外交、防衛当局による安全保障対話の早期開催で一致。日韓国交正常化50年を迎えたことを踏まえ、関係改善に向け意思疎通の緊密化も確認した。しかし伊氏が提起した慰安婦問題については平行線をたどった。岸田氏は、産経新聞ソウル支局の加藤達也前支局長の出国禁止が解かれていないことに深刻な懸念を伝えた。(産経)

昨年発行された週刊誌に、日本と韓国を比較した資料が掲載されていたので、以下、参考までに引用しておきたい。データは2012年のもの。

【日・韓対決】


項 目

日 

韓 国

ODA実績(1人あたりの途上国援助)

1兆4806億円(85ドル)米国に次ぐ世界第2

1660億円(27.2ドル)

国連分担金

306億円

55億円

国会議員の平均資産額

3228万円

18200万円

国家予算

92.6兆円

35兆円

社会保障関連予算

291224億円

94890億円

防衛(軍事)予算

49400億円

35000億円

軍隊人数(戦車・戦闘機)

24万人(740台・365機)

64万人(2300台・620機)

国会議員の歳費

2200万円

1400万円

名目GDP

59602億ドル

11292億ドル

対外投資額

1223億ドル

231億ドル

証券取引所時価総額

38870億ドル

11549億ドル

世帯平均年収

548万円

404万円

世帯平均貯蓄額

1658万円

618万円

国際特許出願件数

43660

11848

労働生産性(1時間あたり)

39.9ドル

10.4ドル

国家財政破綻確率

19

25

国際競争力ランキング

9

25

経済自由度ランキング

24

34

住みやすい国ランキング

15

23

平均寿命(男女平均)

83

80

殺人発生率

10万人あたり0.8

10万人あたり2.4

自殺率

10万人あたり21

10万人あたり33.5

美容整形率

1000人あたり5.8

1000人あたり13.7

離婚率

1000組あたり1.9

1000組あたり2.3

時間に正確な空港ランキング

1位(羽田空港)

ランキング外

世界大学ランキング

東京大学23

ソウル大学44

保有運用中の人工衛星数

134

11

歴代の宇宙飛行士の数

9

1

TOEIC点数

平均583

平均622

ノーベル賞獲得数

18

1人(金大中元大統領)

世界遺産登録数

17ヶ所

10ヶ所

夏季オリンピックメダル獲得数

130・126・142

81・82・80

冬季オリンピックメダル獲得数

9・銀13・銅15

23・14・銅8

サッカー代表戦績

142138

382114

歴代メジャーリーガー数

56

14

  


・日本の国連運営費の一部となる国連分担金は306億円と1位の米国につぐ2位
・日本のIMF への拠出額は約5兆円でトップクラスだが、韓国は1兆2500億円 
・韓国は1997年の通貨危機で580億ドル(約6兆円)の援助を受け、デフォルト危機を切り抜けた身であり、IMFを通じて日本が韓国経済の窮地を救ったと言える。
・韓国は、政治の腐敗と汚職が蔓延するいびつな資本主義社会。「作る、育てるない」という文化。

・韓国への直接投資額2012年
日本45.4億ドル、米国36.7憶ドル、EU26.9憶ドル、中国7.3憶ドル、その他46.2億ドル

・韓国の貿易相手国2012年
輸入―中国16%、日本12%、EU10%、米国8%サウジアラビア8%
輸出―中国24%、米国11%、EU9%、日本7%、香港6%

・韓国への観光客数は日本が1位で年間平均300万人(2012年352万人)

日本経済にとって韓国の存在は大きなものではない。GDPに占める韓国との貿易黒字の割合はたったの0.35%(2012年)
断交したとしても、ほとんど影響ないと言われる。

韓国の輸出依存度は48.5%(2012年)で世界トップクラス。これは韓国経済が輸出によって支えられていることを示す。輸出がダメになれば、たちまち経済が立ちゆかなくなる。日本の輸出依存度は13.4%で世界では下位。

韓国の輸入依存度は46%(2012年)

日本から韓国への輸出は年間約5兆円

韓国国内に駐留する米軍は陸軍2万人

広島と韓国との関わりは「平和」だけ。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL