米政府がオバマ大統領の政権下で初めて臨界前核実験を実施し、核が廃絶されないことが証明された

米ネバダ州にあるエネルギー省の核実験場で9月15日に臨界前核実験が実施されていたことが12日、分かった。米国の臨界前核実験は24回目で、2006年8月以来でオバマ政権では初めてとなる。包括的核実験禁止条約(CTBT)は爆発を伴わない核実験を禁止しないものの、強大な核戦力を長期間保持する方針の表れともみられ、オバマ大統領が掲げる「核兵器なき世界」に矛盾する、との批判が出ることは確実だという。

エネルギー省傘下の国家核安全保障局(NNSA)の資料によると、「バッカス」と名付けた実験は、ニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所が、9月15日午後5時35分に実施した。高性能爆薬で衝撃波を与えたプルトニウムの動作を調べたという。地元反核団体「ネバダ・デザート・エクスペリエンス」のジム・ヘイバー氏は「これまでは実験の48時間前にNNSAが発表していたが、今回はなかった」と話す。06年8月の臨界前核実験でも、エネルギー省が事前に実施を発表していた。

ネバダ州にあるエネルギー省の核実験場はラスベガスの北西約100キロに位置し、今年8月、正式名称を「ネバダ国家安全保障施設」と改めた。米国は1992年に爆発を伴う核実験の一時停止を宣言した一方で、97年から「核兵器の信頼性を維持するため」として臨界前核実験を続けている。(10/13 中国新聞)


米政府がオバマ大統領の政権下で初めて臨界前核実験を実施したことが明らかになり、被爆地の広島・長崎では波紋が広がったようだ。「核兵器なき世界」を目標に掲げ、昨年のノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領への期待が大きかっただけに、怒りや失望の声が渦巻いた。

広島県被団協の坪井直理事長(85)は「一言で言えば、裏切られた。どんな国、理由であれ、核実験と名が付くモノは絶対反対」と批判。「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」の森滝春子共同代表(71)は「『核なき世界を目指す』と言いながら、核開発や核戦力の維持をする米国の核政策の表れ。言行不一致で許せない。インドやパキスタン、イスラエル、北朝鮮などに対し、開き直りを促進してしまう可能性がある」と批判した。長崎原爆被災者協議会会長の谷口稜曄(すみてる)さん(81)は「ノーベル平和賞まで受賞して、あれはいったい何だったのか。米国は被爆者に対し、どう謝罪するのか」と怒りをあらわにした。

長崎原爆遺族会顧問の下平作江さん(75)は「核兵器に遭遇すると息絶えるまで苦しまなければならない。私たちが次世代に被爆の実相を伝えなければ」と落胆した様子で話した。一方、核兵器廃絶地球市民集会ナガサキ実行委の平野妙子さん(56)は「『核兵器のない世界を目指す』という大統領の発言はやはり意味がある。矛盾をはらみながらも理想に向かっていることは確か」とわずかな希望を託した。(10/13 毎日新聞)


オバマ政権、いや米国は核軍縮を主張する一方で、核戦力を維持する政策を貫くのだ。核のない世界などありえない。核とうまく共存すればいいだけの話。広島の被爆者団体が抗議する場合には、広島平和記念公園なんかでやるのではなく、米国家核安全保障局やロスアラモス国立研究所でやらないと意味がないが、結果は見えている。



大きな地図で見る
ラスベガスの北西約100キロに位置する米核実験場付近


【関連記事】
・核廃絶問題と広島市秋葉市長の対応



アメリカ政府がオバマ政権下で初めてとなる臨界前核実験を実施したことに対し、広島市の秋葉市長は13日、大統領あての抗議文を送り付けたようだ。「核兵器廃絶の願いを踏みにじるもの」と非難しているという。アメリカの実験を受けて県原水協や県被団協などは平和公園の原爆慰霊碑前で座り込みをして抗議をした。「核兵器のない世界目指すといいながら、核抑止は必要なんだということが決して両立できないものであることを見事に現したものだと思っています」(県原水協 高橋信雄代表理事)

「裏切られたという気持ち、もちろんありますし、一方で現実というものも感じざるを得なかった」(原爆資料館前田耕一郎館長)被爆者団体も「核なき世界」の追求と矛盾する水面下の臨界前核実験に怒りや失望の声を上げています。「核のない世界の大旋風を起こした、そのオバマ大統領の時代に、たとえ臨界核実験にしても、それを許しているのががっかり」(県被団協 坪井直理事長)


広島平和公園の原爆慰霊碑前で座り込み、やってしまいましたか。皆さんご高齢だし、まずはコレなんでしょう。それにしても迫力ないな。平和記念公園に座っていると、まるでピクニックのようだ。最後の方のコメントを見ると、少しづつ現実が理解できていると見受けられる。平和監視時計をリセットしたように、広島市民の頭の中もリセットして、核に対するアレルギーを除去しよう。核を勉強しよう。国益を考えよう。


臨界核実験抗議

島座り込1

広島座り込2

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL