福山市内の中学校の生徒がスーパーやコンビニ店などから店への立ち入りを拒否される

福山市内の公立中学校の生徒が学区内にあるスーパーやコンビニ店などから店への立ち入りを拒否されていることが判明。この学校の生徒による万引きが主な原因らしい。生徒への入店や、販売を拒否している店舗は中学校の学区内にあるスーパーやコンビニ店、ドラッグストアなど7店。このうち、3つの店は制服で来店した生徒への販売を拒否している。万引き被害にあった店長の話しによると、4、5人で店を訪れた生徒が、万引きする生徒を囲んで店員や防犯カメラから見えないように犯行に及ぶこともあったという。また、別の店では万引きを注意したところ、反抗的な態度をとる生徒もいて恐怖感を感じることもあったという。昨年度、1年間で10件の万引きの報告があったこの中学校では今年度は4月からのおよそ2ヵ月半ですでに8件、万引きの報告を受けているようだ。

関連記事

Comment

編集
もう40年前になります。 今も昔も何も変わってないと思いました。 40年前も、先生は何もしてくれませんでした。 私は、先生のある言動で 人間として生まれてはいけなかった・人間のクズ。 というレッテルを貼られた生徒です。 当時私は、問題のある生徒と先生は認識して、何もしてないのに、毎日、毎日、親は呼び出されその度に親に叱られ、心まで病んでしまいました。 今もトラウマで40年前の出来事がさっき起きたのではないかと、パニックになってしまいます。その先生は、女の先生でした。私だけでなく、成績の悪い生徒にはコケ扱いし、自分なりに努力しても褒めもせずテストが良いと、成績の悪い生徒にたいして「こんなはずがない!。アンタ!カンニングしたんだろう?」。 と生徒に対して酷いことを言ってたのを思い出します。 生徒と向き合わず、良いところも引き出せない 最低最悪な教師が40年前にもいた事を忘れないで下さい!!。 犠牲はもう私で十分です!!。
2013年08月19日(Mon) 16:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL