違法に中国人技能実習生を働かせたムロオの埼玉支店長代理が罰金30万円

広島県呉市に本社がある食品運送会社の支店長代理らが、中国人の技能実習生2人を違法に働かせていたとして逮捕された事件で、2月16日、支店長代理が出入国管理法違反の罪で略式起訴され、罰金30万円の略式命令を受けた。略式命令を受けたのは、呉市に本社がある食品運送会社「ムロオ」埼玉支店の、高橋英二支店長代理(47)。

高橋支店長代理は「外国人技能実習制度」で来日し、就労資格のない中国人の技能実習生2人を去年3月から6月にかけて「ムロオ」の埼玉支店で違法に働かせていた、出入国管理法違反の罪で16日略式起訴され、裁判所から罰金30万円の略式命令を受けた。

一方、実習生を仲介したとして、ともに逮捕された人材派遣仲介業の48歳の男性について、広島地方検察庁福山支部は「犯意が認められない」などとして不起訴にした。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL