「はだしのゲン」アラビア語版出版で第3次世界大戦勃発か

漫画「はだしのゲン」が、このたびアラビア語版が出版されたという。翻訳にあたったエジプト人の男性は、「テロが相次ぐ中、核兵器の恐ろしさを伝えたい」と話した。これまでに21の言語に翻訳され、世界中で読まれてきた「はだしのゲン」が、先月、エジプトの出版社からアラビア語版が2000部発行された。ところで、もしも、イスラム国の幹部や戦闘員が、この絵を見たら何と思うだろうか。


hadashinogen.jpg


日本がイスラム国へ侵攻する絵
ゲンが日本人で、後ろで燃え盛る炎の中で苦しむ人々がイスラム国。日本がイスラム国に侵攻して火の海にしたような格好だ。平和的に解決どころか、イスラム国に挑戦状を叩き付けたようにも見える。連中は、この本の内容など真剣に読むはずがない。もうすぐ第3次世界大戦が始まりそうだ。
関連記事

Comment

編集
悪いけど笑っちゃう。これでイスラムに宣戦布告というのは、ちょっと以上に無理があると思うよ。
2015年04月03日(Fri) 21:08
編集
ぅわぁ 世界人類から突き放された 寄生害獣Korean。
今度は 印象操作Korean漫画を流布www
きむちわりぃわ~。 叩かれないようにしておけば寄生繁殖ができるってか?w
無理だよもう。 きちんとすべきことをするのが人間。
とことん被害者面して何も貢献せず、取り締まられれば反逆するという キチガイ漫画として 誰もが忌避してるからなぁ。
2015年02月24日(Tue) 06:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL