不法就労の疑いで呉市の運送会社「ムロオ」を家宅捜索

就労資格のない中国人を不法に働かせていた疑いで、広島県警は呉市の運送会社を家宅捜索しているという。入管法違反の疑いで捜索を受けているのは、呉市中央の運送会社「ムロオ」。県警は、1月26日朝、就労資格がない技能実習生の中国人女性2人を、去年3月から4カ月の間雇っていた疑いで、ムロオ埼玉支店で働く40代の男を逮捕した。また、ムロオに技能実習生を派遣した埼玉県の男(40代)も逮捕したという。県警によると本来働くべき会社から失踪した中国人技能実習生の捜査をするなかで事件が発覚したという。県警は、ムロオの社員の男がこのほかにも資格のない中国人、数人を雇っていた可能性もあるとみて調べている。(HOME)

ムロオ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL