モンテローザの圧力で福山の居酒屋「笑・笑」が商標法違反の疑いで家宅捜査?

1月13日、国内外で展開する居酒屋チェーンとよく似た看板を掲げて営業していたとして、商標法違反の疑いで福山市昭和町にある居酒屋「笑・笑」が警察の家宅捜索を受けたという。警察は、「モンテローザ」側から、「商標権を侵害された」との刑事告訴を受けて、13日、昭和町の店を家宅捜索し、会計伝票などを押収したという。55歳の女性経営者は、15年前に開店した時には福山にチェーン店はなく、商標権の知識も乏しくて悪意はなかったと言う。

「笑笑」を経営するモンテローザによると、利用客から「笑笑」だと思って行ったのに、メニューがまったく違うという苦情が去年10月ごろから数件入っていたという。モンテローザは「笑笑」を商標登録していることなどから刑事告訴していた。

店の経営者は「楽しい感じだなということでつけたんですよわらわらと、商標登録されていること知らなかったから、知ってたらつけないでしょわざわざ」 「(点が)あるから全然別物かなとは思ってました。それでもダメと言われれば名前を変えるしかないですね」「(売上高が)何千億円とかの会社が相手にするのかなと不思議な感じです」と言う。女性経営者は、14日午後、看板を撤去し、店の名前も『まる福』として、スタートするという。(RCC・HOME・TSS)


商標法のことはよくわからないが、この女性経営者の言っていることが本当ならば、一般論で言うと、この女性経営者は「善意の過失」と思われる。むしろ、刑事告訴したモンテローザがやりすぎではないか?モンテローザに知っているヤツがいるから文句を言おう。こんなことで会計伝票を押収とは警察もやりすぎだ。それに福山の客のアホさ加減も露呈したようで、こんな事で、いちいちクレーム入れるなよ。店の中に入ればわかるだろうよ。この店は知らないが、酒や料理はどうだったんだ?それなりに満たされたはずだろ?心を広く持てよ。器が小さいぞ、福山市民よ。


違いが簡単にわかるだろ!?簡単に!全国チェーン店と個人店の違いが!!


福山市・笑・笑
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL