「花燃ゆ」「ゴーストライター」いずれも却下

しかし、大河ドラマの「花燃ゆ」にしろ、今日から始まった「ゴーストライター」にしろ、なんでこんなにテレビがつまらんのだろうか?初回の「花燃ゆ」は、お隣の県のことだから、騙されたと思って見てみたら、5分でチャンネルを切り替えてしまった。キャストを誰も知らないし、緊張感も迫力もない。NHKの若返り策なのか、まったくダメだ。

「ゴーストライター」は、佐村河内氏のインパクトが強いせいか、このドラマもどうしようもない。お遊戯そのものだ。この手の映像は、海外映画の方が完成度が高く面白い。どうしても比較してしまう。比較した瞬間、無意識のうちに5分でチャンネルを切り替えていた。

もう日本の映画やドラマに期待は出来ない時代なった。制作現場の連中は、いったいどうしたのか。思考能力ゼロか。創造力ゼロか。入社試験は見事に突破しても、こんなもんか。

花燃ゆ・ゴーストラーター
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL