平成26年中の広島県内の犯罪情勢

2014年中の全国の刑法犯認知件数は、1,212,240件で、12年連続で減少した。広島県内の刑法犯の認知件数は21,125件で、前年比1,467件の減少(▲6.5%)、検挙率は36.9%となった。また、刑法犯における検挙数のうち、少年犯罪も減少し、1,421件となり、前年比158件の減少となった。ただし、犯罪内容によっては増加したものもあるため、その項目と件数を表記しておきたい。

【少年犯罪】
刑法犯検挙件数のうち、少年犯罪で前年から増加した犯罪内容は、住居侵入89件(前年比23件増)、暴行72件 (前年比11件増)、詐欺22件(前年比14件増)、強制わいせつ18件(前年比2件増)、すり5件(前年比1件増)、居空き4件(前年比1件増)、偽造2件(前年比1件増)だった。


  平成26年中前年比増加数
万引き3,011119
詐欺987104
置き引き37210
色情ねらい22210
倉庫荒し14758
脅迫11718
自動販売機ねらい11529
公然わいせつ7911
ひったくり718
恐喝707
偽造705
払出盗413
病室ねらい265
学校荒し202
失火176
略奪誘拐・人身売買101
逮捕監禁97
給油所荒し52

広島県警の公表資料から作成
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL