佐村河内氏がJASRACと契約解除で一歩前進

佐村河内氏が息を吹き返しそうだ。本人は訴訟問題を抱えているが、この問題は結果的には軽微な賠償で終わる予感がする。理由は過去の新垣氏との取引内容がモノを言うだろう。そして、JASRACとの契約解除は、個々の楽曲の管理が煩雑になるが、著作権者が無駄銭を管理団体に支払わなくて済むことになる。あらゆるところから金をむしり取ってやろうとするJASRACの姿勢が問題になったこともある。この程度の管理は奥さんにやらせておけばいい。以下、NHKから引用。


交響曲HIROSHIMA

他人に作ってもらった曲を自分の作品として公表していた佐村河内守氏の楽曲を巡り、著作権を管理していた団体が、著作権が誰にあるのか疑義が解消されないとして、佐村河内氏名義のほぼすべての曲の管理契約を解除した。今後、これらの楽曲を利用する人は、使用料などを佐村河内氏と直接交渉する必要があり、専門家は「作品を利用しづらくなる可能性がある」と指摘する。

この問題は、聴覚障害を乗り越えて作曲活動をしているとしてきた佐村河内守氏が、実際には作曲家の新垣隆氏に曲作りを依頼し、自分の作品として公表していたもので、佐村河内氏は、著作権については新垣氏との合意で自分のものになっているとしている。

このため、楽曲の著作権を管理しているJASRAC(日本音楽著作権協会)は、佐村河内氏に対して著作権が誰にあるのかが分かる資料の提出を求めていたが、回答された資料では、いつ著作権が佐村河内氏のものになったのかなど、疑義が解消されなかったとして、12月31日付けで、佐村河内氏名義の100曲を超える、ほぼすべての著作権管理の契約を解除した。

この中には、クラシックとしては異例のヒットを記録した「交響曲第1番HIROSHIMA」や、ソチオリンピックでフィギュアスケートの高橋大輔選手のショートプログラムで使われた「ヴァイオリンのためのソナチネ」などが含まれている。契約が解除されたことにより、これらの楽曲をコンサートなどで利用する人は今後、使用料など佐村河内氏と直接交渉する必要があるという。また、問題が発覚したあと保留されていた著作権使用の分配金ついて、JASRACは今後、弁護士と協議して対応を決めたいとしている。

著作権に詳しい池村聡弁護士は、「今後、著作権者がJASRAC以外の著作権管理団体と契約しなければ使用料は著作権者が自由に決められる。利用者は楽曲を利用しづらくなる可能性がある」と指摘している。

佐村河内守氏の代理人を務める山縣敦彦弁護士は、「こちらとしては、著作権の帰属について疑義はないと考えているが今後の対応を協議していきたい」と話している。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL