「原爆が成功しない事を願っていた」と言いながら大成功したマンハッタン計画

米国が第2次世界大戦中に原爆開発を推進した「マンハッタン計画」に科学者として参加したイザベラ・カールさん(93)は1月4日までに、「(原爆が)成功しないことを願っていた」と証言したという。今年8月で広島、長崎への原爆投下から70年になるのを前に、米南部バージニア州フォールズチャーチの自宅で語った。甚大な被害をもたらした日本への原爆投下には「戦慄を覚えた。多くの人々を傷つけたことに胸が痛んだ」と述懐。一緒に研究していた人のほとんどは、成功しないことを願っていたという。(共同)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL