広島刑務所で受刑者が首つり自殺

11月11日、広島市中区の広島刑務所で、40代の男性受刑者が首をつっているのが見つかり、その後、死亡が確認された。広島刑務所によると、11日午前6時半ごろ、40代の男性受刑者が、6人が共同で生活していた部屋のトイレの配管にタオルを巻きつけて首をつっているのを、トイレに入ろうとした別の受刑者が見つけた。受刑者は病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。広島刑務所では30分以内に1回のペースで刑務官が巡回していて、この日、午前6時ごろに巡回した際には、布団で寝ていて特に変わった様子はなかったという。トイレはカギがかけられない仕組みで、発見した受刑者が扉を開けたところ、死亡した受刑者が支給されたタオルを使って首をつっていたということで、刑務所は自殺とみて、詳しいいきさつを調べている。広島刑務所では、平成11年と平成20年に、受刑者が自殺したケースがあったという。(NHK広島)

広島刑務所・首吊り自殺
関連記事

Comment

編集
京都刑務所で酷い事を
やられたので拡散しています。
刑務所内での不審死
保護房なんか自殺不可能です
これは大問題 過去の不審死と関連か!!
不祥事!死刑囚で無いのに殺されかけました。 http://p5344.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
2015年03月19日(Thu) 17:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL