原子爆弾を2発落とされても、永久にアメリカに対して謝罪し続ける日本 「非人道的扱いにおわび」岡田外相、元米兵捕虜に公式謝罪

岡田克也外相は13日昼、太平洋戦争中に日本軍の捕虜となった元米兵レスター・テニー氏ら6人と外務省で面会し、「皆さんが非人道的扱いを受けたことに対し、日本政府を代表して心からおわびする」と公式に謝罪した。テニー氏は「われわれの存在を認め、おわびしてほしいと求めてきた。このような機会を歓迎する」と語ったという。

テニー氏らはフィリピン戦線で捕虜となり、九州の炭鉱などで強制労働をさせられた。テニー氏は「われわれを働かせた日本企業は65年間沈黙を保ち、おわびの言葉もない。これは侮辱だ」と批判した。元捕虜とその家族は今回、政府による初の招待で来日。19日までの滞在中、交流行事への参加を予定している。(時事通信)

原爆投下による大量殺人に対するアメリカ政府の謝罪はないが、わずか6人のアメリカ人捕虜だった人間に謝罪しなければならない日本政府。アメリカによって牙を抜かれた日本だから反論出来ない。そして謝罪が好きな日本。

岡田外相謝罪
 
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL