「ルナハイツ」入居者8人全員死亡の怪

フジテレビ「とくダネ」に続いて「新報道2001」でも紹介された広島市安佐南区八木地区の旧名称「蛇落地悪谷」。先人の教訓に学ぶのもいいが、もはや風評被害レベルか。広島市で起きた大規模な土砂災害は30日で10日が経過したが、これまでに72人が死亡、2人が行方不明になっている。

気になるのが、建物ごと土石流に押し流された安佐南区八木3丁目のアパート「ルナハイツ」。2014年4月に建てられたばかりの新築アパートに、4世帯8人が暮らしていた。部屋割りは、101号、102号、201号、202号とあり、2LDKに2人ずつ入居していた。災害直後、1人、2人くらいは生き残っていると思ったが、4世帯8人は全員死亡が確認された。恐らく、逃げる余裕などまったく無かったと思われるが、建物の構造は鉄骨造となっているが問題はなかったのだろうか。

このアパートが、なぜかあの斜面にポツンと建てられ、入居者が集まり、運命の日を迎えることになった。新しい土地に暮らすとき、近隣住民などから、過去の災害情報などの知恵を知り得ることはできるものなのだろうか。

実務的には部屋を借りるときに、不動産会社から契約書に「土砂災害危険区域」などと記載される程度で、説明も簡単なものだ。特にアパートを借りるときには、急がないと部屋が無くなってしまうことがあるから、契約前に過去の地暦など調べる余裕もない。地元に長く住んでいる人でも、ここ何十年も災害が起きていなかったから、まさかここで土砂災害に遭うなど思わなかったという声が多い。しかし、一部の近隣住民は知っていた。

緑井上組町内会長の石橋さんの話では、大雨が降ったときに上流部の石垣から水が1メートルくらい飛ぶという住民からの通報があったため、砂防ダムの設置のために取り組んでいた。

八木の平野さん(77)の話では、今は八木3丁目であるが、昔の地名では「蛇落地悪谷」といい、字が悪かったから「八木上楽地芦谷」とし、今の「八木」にしてしまった。

130年の歴史をもつ浄楽寺の住職の話では、竜がおってその竜の首をはねてその首が飛んで落ちた所が「蛇落地」。竜というのが水の神様だから、そういう災害を収めたという。昔の地主さんは「山より川の方が怖い」といって川を非常に警戒していた。だから川を避けて開発した。

山本地区に住む村越さん(90)の話では、山本地区の住民は、1926年にも豪雨による山からの土石流で死者24人を出すなど、昭和初期までは土砂災害の頻発地帯だった。河川の改修工事などが進み、もう被害に遭うことはないと思っていた。

これらの話は、もはや言い伝えの域に属するものもあり、日常生活においては気にしていられないというのが本音だろう。一部の地域住民は認識していても、なかなか全員には伝わらない。当然、賃貸アパートには、自治会も関与しにくい面があるから入居者にも伝わるはずもない。


昔、台風による豪雨被害で川が氾濫して、川のすぐ横の道路が約30メートルに渡り崩れたことがある。修復工事はされたのだが、その数年後にまた川の氾濫で、同じように崩れた。気になるのが、その近くで住宅地が造成され始めたことだ。その崩れた現場からは数十メートル離れているが、河川からの距離は10メートルもない。護岸工事も完了しているから直接の影響はないと思うが、大雨で川が氾濫して崩れたとき、宅地はどうなるのだろうか。

この新居に越してくる人たちに、昔、近くで起きた災害事故の事を伝える行為は、妥当な行為なのか。自治会などの働き掛けがあればいいが、集会は頻繁に行われないし、それまでに災害が起きるかもしれない。不動産業者は、そんな過去の災害の事は知らないから、入居者に伝えるはずもない。

過去の災害を、新しく越してくる見ず知らずの家族に伝えることは難しい行為だ。今回の災害と同じく、近くの住民は、過去に起きた災害の危険性を少なからず認識していたとしても、新しく移り住んでくる人たちに、迅速に注意喚起はできない。

災害があったことを積極的に周知させることは、一歩間違えると、住民を追い出してしまうことになる。第三者は、それでも命が大事だというが、良かれと思って伝えたことで、もし引っ越されたりしたら「あいつが余計なことを言ったからあの家族は出ていったんだ」などと言う奴いて、近所の悪い噂になるだけだ。自治会による上手な協力が欠かせない。

ルナハイツ

八木・ルナハイツ位置


【広島県内の土砂災害の歴史】(死者・行方不明者が出た事案のみ)
1926年9月11日 山津波(広島市) 97人 
1945年9月17日 枕崎台風(県内全域) 2012人
1951年10月14日 ルース台風(県内全域) 166人 
1967年7月8日 豪雨災害(呉市) 159人   
1972年7月11日 豪雨災害(三次市) 39人     
1988年7月20日 豪雨災害(安芸太田町) 14人   
1991年9月27日 台風19号 6人        
1999年6月29日 6.29災害(広島市・呉市) 32人     
2001年3月24日 芸予地震(呉市) 1人        
2004年9月7日 台風第18号(県西部) 5人   
2006年9月 河川被害(県北西部) 2人 
2010年7月11日 豪雨(庄原市) 5人  
2013年6月 豪雨(廿日市市) 1人   
2014年8月20日 土砂災害(広島市北部) 74人              

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL