8月6日ヒロシマ反核平和の終焉

来たる8月6日は、田母神俊雄氏が広島市に乱入してから6回目になるようで、ついこの前の東京都知事選では60万票を獲得したという。概ね若い層に支持を得たそうだ。ところで公演のタイトルも毎度ユニークで、今回は「ヒロシマ反核平和の終焉」ときた。ちなみに初回は「ヒロシマの平和を疑う」だった。

8月6日、田母神氏が再び広島で講演、被爆者からの講演依頼

8月6日の平和記念式典が行われる日に合わせて公演を行うことには賛否両論あるが、同時刻に同じ場所で行って式典を妨害するわけでもないから、何の問題もない。この手の表現手法は、自虐史観・自虐ネタまっしぐらの広島市民ならびに広島県民には逆に受ける内容だ。その理由を一言で言うと、時代が変わり、さらに日本を取り巻く環境が変わったことだろう。


田母神 ヒロシマ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL