弁護士法違反で無職の男ら3人を逮捕

弁護士でもないのに、消費者金融業者に対する過払い金返還請求の法律事務を行ったとして、無職の男ら3人が逮捕された。逮捕された広島市中区広瀬北町の無職・高原信二容疑者ら3人は、弁護士でないのに、おととし10月から去年8月ころまでの間、呉市の無職の男性ら3人に、消費者金融業者に対する過払い金の返還請求をもちかけ、訴状を作成するなど法律事務を行った疑いが持たれている。調べに対し、2人は容疑を認め、1人は一部否認しているという。3人は、登記のない会社の名前で活動し、口座には、125人から合わせて5千万円弱の入金があったという。警察は共犯者がいるとみて、事件の全容解明を進めている。(RCC)
関連記事

Comment

編集
この高原信二という人、昔長束で何かの会社をやっていた人ですか??
ご存じの方いらっしゃいませんか??
わたしも勧誘されたことがあるんですが。。
確か奥さんと、お子さんも3人いたと思います。
2014年10月23日(Thu) 11:00
編集
この人知ってます!前から怪しげな商売ばかりしてて行政処分受けてて、周りもそんな人ばかりで危うくこちらも騙される所でした!

釈放されてもまた同じ事をして、必ず被害者が出るのは想像がつきます

この様な人達を野放しにする事で、まともに仕事してる人々が迷惑を被るので厳罰を願います

広島はもっと‘しっかりして’取り締まってもらいたいものです
2014年08月05日(Tue) 19:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL