広島県関係の議員の所得公開(2013年分)

国会議員の去年1年間の所得が6月30日に公開され、広島県関係の議員1人あたりの平均の所得は、2010万円となっている。所得公開の対象となるのは、去年1年間を通じて国会議員を務めた衆参両院の議員で、去年7月の参議院選挙で初当選した議員は含まれていない。

【衆議院議員】
広島1区選出、自民党、岸田文雄氏が2054万円
広島2区選出、自民党、平口洋氏が1500万円
広島3区選出、自民党、河井克行氏が1455万円
広島4区選出、自民党、中川俊直氏が1410万円
広島5区選出、自民党、寺田稔氏が2643万円
広島6区選出、無所属、亀井静香氏が4970万円
広島7区選出、自民党、小林史明氏が1931万円
比例代表中国ブロック選出、自民党、小島敏文氏が1589万円
日本維新の会、坂元大輔氏が1398万円
日本維新の会、中丸啓氏が1518万円
公明党、斉藤鉄夫氏が1541万円

【参議院議員】
自民党、溝手顕正氏が1949万円
自民党、宮沢洋一氏が2740万円
民主党、柳田稔氏が1440万円

湯崎知事、1852万円
松井市長、1878万円

(NHK広島)
関連記事

Comment

No title
編集
その溝手顕正議員が吉本新喜劇の島田一の介さんと似てると言われてるが本当だろうか?
2016年01月05日(Tue) 17:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL