北朝鮮の核兵器保有数は8発か

6月16日、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は、世界の核軍備に関する最新報告書を発表し、北朝鮮が2014年1月現在で推定6~8発の核兵器を保有しているとの分析結果を明らかにした。ただ、実戦配備はしていないとみられる。 報告書によれば、北朝鮮は13年にプルトニウム生産能力の向上で「大規模な取り組み」を進め、「これまでの初歩的な核爆発装置とは性質が異なる核兵器の生産に少数ながら成功した」。衛星画像によると、同国は再稼働させた寧辺の核施設原子炉の燃料棒の製造に着手したもようで、この原子炉では年間で核爆弾1個分に相当する量のプルトニウムの生産が可能という。一方、北朝鮮が軍事目的の高濃縮ウランを製造したかどうかは未確認と指摘。また弾道ミサイルに搭載可能な小型核弾頭、あるいは関連技術を開発したとする証拠は得られていないとしている。世界全体の核保有総数(14年1月現在)は、核拡散防止条約(NPT)体制下で核兵器保有を認められた米英仏中ロ5カ国が計1万6075発。ほかにインド、パキスタン、イスラエルがそれぞれ80~120発保有しているという。(時事)


国名最初の核実験直近の核実験総核実験数推定核弾頭数
米国1945年1992年1054回7650発
ロシア1949年1990年715回8420発
英国1952年1991年45回225発
フランス1960年1996年210回300発
中国1964年1996年45回240発
インド1974年1998年6回80~100発
パキスタン1998年1998年6回90~110発
北朝鮮2006年2013年3回10発未満
イスラエル未確認未確認未確認80発
イラン未確認未確認未確認0発

出典:米科学者連盟(FAS)、米中央情報局(CIA)ワールドファクトブック、核脅威イニシアチブ(NTI)、米国勢調査局
(2013年現在)
世界の核兵器保有国01
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL