広島平和記念公園折り鶴14万羽焼失事件(2003年)

2003年8月1日午前8時頃(平成15年)、広島市中区の平和記念公園で、「原爆の子の像」の周りに設置された折り鶴の保管施設から火が出ているのを通行人が見つけ、119番通報した。約10分後に消し止められたが、約14万羽の折り鶴が燃え、保管施設が焦げてガラスが割れるなどした事件。

この近くの監視カメラに不審な3人組の若い男が映っていたため、犯人特定は早かった。

午前7時51分頃、現場南側のレストハウスに市が設置した監視カメラに、3人の若い男が保管施設を出入する姿が映っており、その直後に炎が上がったという。

※原爆の子の像は、千羽鶴を折りながら原爆症と闘った故・佐々木貞子さんをモデルに58年、全国の児童らの募金で建てられた。2002年2月、像に供えられた約5万羽の折り鶴が焼かれる事件があり、これを受けて市は監視カメラを設置した。同年4月、折り鶴を風雨から守る保管施設ができた。

広島県警は8月1日午後、大阪府東大阪市吉田3丁目、関西学院大4年山本淳哉容疑者(22)を器物損壊の疑いで逮捕した。山本容疑者は「留年が決まり、就職もできずにむしゃくしゃしていた」と供述した。

山本容疑者は1日午前7時55分頃、保管施設にあった折り鶴の束にライターで火をつけた。県警は、園内の監視カメラの映像などから、観光客の可能性もあるとみて手配。午前11時10分頃、宮島に向かう広島県大野町のフェリー乗り場近くで、服装がビデオの映像によく似ていた山本容疑者を発見。広島中央署に任意同行を求めて事情を聴いたところ、容疑を認めたという。

山本容疑者は、同じ大学の2人と同日午前2時半頃に車で兵庫県内を出発。午前6時頃、広島市に到着して公園で平和記念資料館(原爆資料館)が開くまで時間をつぶしていたが、山本容疑者が「火をつけたらどうなるか」と言い出し、突然、火をつけたという。(朝日)

平和記念公園 折り鶴
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL