スマホで元交際相手を遠隔監視した広島の中学教師

スマートフォンの「盗難対策アプリ」を元交際相手のスマホに勝手にインストールした疑いで、公立中学校の教師が再逮捕された。東広島市立安芸津中学校の教師・中川省志容疑者(43)は、2013年7月、交際相手だった女性のスマートフォンに盗難対策のためのアプリを勝手にインストールし、位置情報などがわかる状態にした疑い。アプリはパソコンからスマホの現在地を調べたり、遠隔操作で撮影や録音して誰が持っているか確認できるもの。警察によると中川容疑者はこの機能を悪用し、女性の会話などを勝手に録音して聞いていたほか、カメラで写真撮影して見ていたとみられている。中川容疑者は容疑を認めていて県警は女性の行動を把握しようとしていたとみている。(HOME)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL