差別的ないじめが好きな広島で尾道の中学校男子生徒が不登校になる

尾道市にある中学校の男子生徒が、長期間にわたっていじめを受け不登校になったとして、保護者から申し出があったことを受け、尾道市教育委員会は、いじめ防止対策推進法に基づく調査委員会を設置し事実関係を調べるという。

保護者によると、市内の公立中学校の3年生の男子生徒は、1年生の時から差別的な言葉を同級生から言われるなどのいじめを受け続け、去年9月からは不登校になったという。去年施行されたいじめ防止対策推進法では、いじめに関する重大な事態が起きた場合に調査委員会を設けることが盛り込まれていて、市教育委員会では、保護者からの申し出を受け、3月中にも調査委員会を設置することを決めた。調査委員会は、弁護士や医師など第三者で構成され、調査結果は市長に報告されるという。男子生徒の保護者は、「公平に調査していじめがあったことを明らかにしてほしい」と話している。 市教育委員会は、「調査委員会には客観的に事実を明らかにしてもらい、学校側の改善すべきところを指摘してほしい」と話している。(NHK広島)


尾道といえば、あの人がいるし、あの団体もあるはずだが、最近はどうしているのか。
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年04月18日(Fri) 11:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL