【日の丸・君が代の呪縛再考シリーズ1】五輪フィギュアスケート羽生選手Vs君が代反対論者

今日は広島県立世羅高校の校長が、1999年2月28日に自殺してから15年目となり、このサイトで最初に書いた事件でもある。この広島教育事件をきっかけに「国旗・国歌法」が制定されるのだが、今もなお、相当数の人間がこれに反対している。

子供でもできる「君が代斉唱」が、大の大人である教育者などができない・・・限りなく情けなく、不可解である。「日の丸・君が代の呪縛再考シリーズ」では、この一点に絞り、できない人間を追及し非難することにする。

ところで、最近では、この「日の丸・君が代」について、どんな報道があったのか。

ソチ五輪のさなかの出来事だが、都立高校で行われた入学式や卒業式の国歌斉唱の際に起立しなかったとして、東京都教育委員会から戒告の処分を受けた教職員7人が、都の人事委員会に処分の取り消しを求める審査を請求した。7人は平成17年から平成18年にかけて都立高校で行われた入学式や卒業式の国歌斉唱の際、起立しなかったとして、東京都教育委員会から減給10分の1、1ヵ月の処分を受けたが、処分を不服として裁判で争っていた。そして、去年9月、「減給処分は重すぎる」とした判決が最高裁判所で確定したため、処分はいったん取り消されたが、都教育委員会は「学校の規律や秩序を保つためには処分が必要だ」として、去年12月、7人に減給よりも軽い戒告の処分を改めて行った。これに対して、7人は「再び処分を行ったのは不当だ」として、13日、都の人事委員会に処分の取り消しを求める審査を請求した。教職員らは記者会見で「8年から9年も前のことで改めて処分を出すことに怒りを感じる。そもそも思想、良心の問題を強制するのはおかしいので、これからも撤回を求めていきたい」と話し、今後、裁判で争うことも視野に入れているという。

君が代反対01

君が代反対04

君が代反対03


それに対して金メダルを授与された羽生選手は、君が代を歌った。

ソチ五輪で日本勢の金メダル第一号に輝いたフィギュアスケート男子の羽生結弦が15日夜(日本時間16日未明)、五輪公園でメダル授与式に出席し、「日本一幸せ」と喜びを表現した。フィギュアの日本男子初となる金メダルを首にかけてもらい、国旗掲揚とともに流れた「君が代」を歌った。メダルの感触を聞かれると「すごく重い。とにかくうれしい」と話し、「君が代が流れて日本代表として誇らしい気持ちになった。日本の人たちと一緒に喜びを分かち合いたい」と顔をほころばせた。

テレビで羽生選手のインタビューを見ていたのだが、金メダルが確定した直後のインタビューで、「国旗、国歌、・・そして仙台のために・・・」と言っていた。

おお・・、よくぞ言った、と感心して見ていた。

しかし、この事をマスコミ等の報道で伝えているものは、ほとんど無いようだ。


フィギュア

羽生選手



昨年12月、知る権利が問題となった「特定秘密保護法案」で、教育研究者の大田尭(95)という人が、朝日新聞で書いていた。(以下一部抜粋)

「戦前の治安維持法の時代を生きてきた。社会が戦争に徐々に引きずり込まれていき、情報がなくなり、ものを考えることを無意識に停止させられていった。いま、そんな時代に近づいているのではと恐れます。1950年代、教科書検定が厳しくなり、歴史学者の家永三郎さんが教科書に広島や本土空襲の写真を載せようとして『暗いからダメ』『無謀な戦争という評価は一方的』と不合格にされた。裁判を起こし、自身も原告側の証言者として30年余り戦ったが、検定はなくせませんでした。与党は『知る権利は守られる』と言うが、口約束はあてにならない。国旗・国歌法で政府は『強制しない』と答弁したが、教師が立って歌わなければ処分されてしまいます・・」


今年2月、高嶋伸欣・琉球大学名誉教授らは、実教出版の高校日本史教科書をめぐり、都教育員会が「使用は不適切」と、都立高校に通知したのは違法だとして、都を相手に損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。この教科書には、国旗掲揚と国歌斉唱をめぐり「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述されており、都教委は、昨年6月、「使用は適切ではない」と議決した。

この「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と書いたのは、加藤公明・東京学芸大特任教授(歴史教育学)である。

余談だが、広島では今年1月、民間登用された尾道市立高須小の元校長が、2003年3月に自殺したことを受け、転任処分となったのは不当として、男性教諭(57)が広島県に、県教委の転任処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審があり、男性の請求を退けた一審広島地裁判決を支持し、控訴を棄却した。


国旗掲揚・国歌斉唱が、思想・良心に反すると勝手に言うなら、「神聖な五輪と日本のメダリストを愚弄し、侮辱する日の丸・君が代反対論者」と、勝手に位置付けることにしよう。

この不可解な「日の丸・君が代」反対論者とは、いったい何者なのか・・・
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL