神経解剖学は複雑で膨大だから追試験で120人が不合格

このサイトあてに下記記事のメールが来たので紹介したい。「神経解剖学は複雑で膨大」、だから難しい、という事を言っているのだが、本当かどうか全国の医学部の学生に是非聞いてみたい。


広島大医学部の2年生120人が神経解剖学の追試験で全員不合格だったことが2月7日、分かったという。大学側はこの試験結果だけで落第するわけではないとしているが、「全員に補講を行い、学力の向上を図りたい」と頭を抱えている。

大学関係者によると、神経解剖学の試験は5科目あり、そのうちの一つを1月11日に実施。2年生126人が受けたが、合格したのは6人だけだった。その後20日間の猶予があったのに、31日の追試では残らず落ち、担当官は掲示板に反省を促す文面を添えて「不合格」を通知したという。

掲示後、落第を危ぶむ学生らから不安の声が相次ぎ、大学側は「他の科目との総合点で判断するので即留年ではない」とメールで連絡し、対応に追われた。医学部のある幹部は「神経解剖学は複雑で膨大。(今回の)テストは毎年、本試験と追試験で同じような問題が出ていたが、今年は違う問題が出たのではないか」と分析している。
(スポニチ)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL