「三江線」乗客増の努力実らずついに廃止

3月31日(土)をもって、広島県三次市と島根県江津市を結ぶJR三江線が運行を終了した。中国地方最大の川である江の川(ごうのかわ)沿いを走り、片道の運行距離は108.1キロメートルに及ぶ。廃線の原因は、沿線の人口減少や車での利用が増加し、利用者数が年々低迷したためだ。実に開業から88年で幕を閉じることになった。



三江線01-1



三江線は昭和5(1930)年に島根県の一部区間で開業し、50年に全線が開通した。中山間地域の生活路線として利用されていた。1キロ当たりの1日平均乗客数を示す「輸送密度」は、国鉄の分割民営化により、JR西日本に移行した初年度の62年度で458人。平成26年度には50人にまで落ち込み、28年9月にJR西日本が廃線を表明した。




三江腺02-1



「さよなら三江線 振り返る88年」(中国新聞)によると、利用者低迷がこのまま続くと、廃止されてしまうという危機感から、乗降客を呼び込むためのイベントを企画したという。


2010年、沿線6市町や自治組織が「三江線活性化協議会」を設立して、車内で神楽を楽しむ特別列車の運行や、フォトコンテストの開催など、観光客の呼び込みを図った。構成団体の一つ、三次市作木町の町自治連合会は12年、組織内に利用促進委員会を設け、住民にも乗車を呼び掛けた。しかし、高齢者にとって、自宅から駅まで歩くのは難しく、乗車までが一苦労という状況。継続的な利用増には結びつかなかった。



三江線03-1



2012年、島根県美郷町で県内6市町の議員が三江線の利用促進を訴える議員連盟を発足。そのとき、列車内には若者がいなかったという。そのため、若者を巻き込む仕掛けとして、コスプレ(仮装)列車を発案。SNSなどを使って発信した。車両を貸し切りにして、三次(広島県三次市)-浜原(島根県美郷町)間を往復するコスプレ列車は、13年3月から16年6月にかけて計4回運行。いずれも20人前後の参加があり、好評だったという。



三江線04-1



手を替え品を替え、利用を呼び掛けたが、イベントは打ち上げ花火で続かなかった。車社会のまっただ中で、三江線を使わなくなるのは必然だったという。


結局、廃止の日が決まり、テレビなどで報道され始めると、徐々に乗客や見物客が増えていった。皮肉にも、「廃止」することで、大勢の乗客を呼び込むことが出来たのだ。しかし、その傍らで、狭い道を数台の車で列車を追いかけるという危険な行為も目にした。


三江線はこれで終わったが、“廃止の騒動”を振り返ってみると、町や村にはやっと落ち着いた静けさが戻ったといえる。



三江線05-1


スポンサーリンク



「長時間労働すれば健康被害が生じることは予見できた」太陽家具百貨店に2800万円の支払い判決

勤務中に倒れて亡くなったのは長時間労働による過労が原因として呉市の男性(当時57)の遺族が、勤務先の太陽家具百貨店(宇部市)に計約5700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3月30日、広島地裁呉支部であり、伊藤隆裕裁判官は「長期間にわたる過重な業務によって発症するに至った」と認定、同社に計約2800万円の支払いを命じた。

判決によると、男性が死亡する直前半年間の時間外労働時間を月間82~56時間と認定。死亡直前の3カ月間はタイムカードでは100時間を超えていた点などを挙げ、「労働時間などが適性になるよう配慮する義務を怠った」と会社側の過失を認めた。

さらに「従業員が長時間労働していれば何らかの健康被害が生じることは当然予見が可能で、普段と変わらない様子だったなどということで予見可能性が否定される余地はない」とした。

男性は2012年5月から同社に雇用され、13年6月以降は呉店の店長代理として勤務。14年8月、勤務中に急性大動脈解離で倒れ、搬送された呉市内の病院で死亡が確認された。

遺族は労災申請も行い、呉労基署は15年に、死亡に業務起因性があったとして補償年金の給付決定をしている。(中国)

スポンサーリンク



リュックのひもがバスの手すりに引っ掛かって足指をひかれる

広島バス(広島市中区)の路線バスが3月3日、東区戸坂千束2丁目の県道のバス停で、下車した市内の40代女性のつま先をひき、足の指を骨折する重傷を負わせていたことが分かった。女性のリュックサックのひもが降車口の手すりに引っ掛かったまま、バスを発信させたためという。

同社によると、事故は同日午後8時45分ごろ発生。運転手男性は、リュックのひもが手すりの角に引っ掛かったことに気付かず、扉を閉めてバスを発車させた。女性はリュックを離さず、バスに約8メートル引きずられ、左足を後輪にひかれて指を5本とも骨折した。乗客が気付いて叫び声を上げ、バスを止めた。女性は現在も治療中という。

同社は事故後、運転手全員に対し、降車客が前扉から3メートル離れたのを声を出して確認してから発車するよう指導したという。(中国)

スポンサーリンク



府中中学校女子生徒転落事故は1億1000万円の賠償命令

9年前、府中町の中学校で女子生徒が校舎の4階の窓から転落し後遺症を負った事故で、広島地裁は学校側が転落を防止するための措置を怠っていたとして、1億1000万円あまりを支払うよう命じた。この事故は2009年8月、府中町立府中中学校で、校舎4階の廊下でクラブ活動をしていた当時2年生の女子生徒が、上下2段に分かれた窓の上の窓を開けようとして外側にバランスを崩し、およそ10メートル下の屋根に転落したもの。元女子生徒は右目を失明し、高次脳機能障害などの後遺症を負った。

元女子生徒と両親は学校が安全措置を怠ったとして損害賠償を求めていたが、広島地裁の龍見昇裁判長は、「窓枠に手すりなどの転落を防止するための器具は設置されておらず、教師から脚立の使用などの指導や指示もなかった」と指摘し、学校側の責任を認めた。その上で府中町に1億1200万円あまりを支払うよう命じる判決を言い渡した。(TSS)




府中中学校

スポンサーリンク



福山市下水道局で水道メーター200個が盗まれる

福山市の上下水道局の施設内から使用済みの鉄製の水道メーター200個が盗まれたことが分かった。3月27日午後、福山市山手町にある上下水道局の水道技術研修センターで、屋外に保管していた水道メーターを職員が数えたところ、200個が盗まれていることに気づき警察に通報した。

盗まれた水道メーターは耐用年数がきたため、家庭などから回収したもので、リサイクル業者に売却する予定だった。長さ20センチ・幅7センチ、重さはおよそ1キロの鉄製で、被害総額はおよそ10万円だという。福山市では3年前から公園などの水道メーターが盗まれる事件が相次ぎ、警察は転売目的とみて捜査している。(TSS)



福山市 水道メーター盗難

スポンサーリンク



広島市がセクハラ、パワハラ職員など3人を懲戒処分

広島市は3月29日、同僚の女性職員にセクハラをしたとして、中区役所の一般職員男性(41)を減給10分の1(3ヶ月)にするなど、3人を懲戒処分にした。

市によると、男性は17年7、8月、ほぼ毎日、女性職員へ一方的な好意などを書いたメールを送り続けた。他の女性職員2人にも、緊急連絡網に載っている携帯電話へ私的なメールを送るなどしていた。市の聞き取りに「不快な思いをさせ、申し訳ない」と説明している。

市は、大量に仕事を押し付けるなど部下4人にパワハラをした企画総務部の課長男性(48)と、自転車通勤中にバイクとぶつかり、運転していた男性に右足首骨折のケガを負わせた、こども未来局の一般職員女性(24)も戒告にした。(中国)

スポンサーリンク



広島中心部再開発を阻む電車通りの空きビルに注目

広島市中心部の電車通りに空きビルがある。もうかれこれ10年以上前から空きビルの状態だ。ここは多くの人が行き交う場所でもあるが、こんな状態でビルを放置しておくと、都市のイメージダウンになり、活性化にもつながらない。まさか、建物内で人身事故でもあったのだろうか。広島市は所有者に対し、ペナルティとしてビルの固定資産税を5倍、10倍に引き上げるなどして、早期に解体、処分をさせてイメージアップを図らなければならない。


広島市中心部にある紙屋町地区などの再開発のあり方について、行政や経済関係者らが話し合う協議会が、3月27日発足し、国の支援が得られる地域への早期の指定を目指して、必要となる再開発の方針のとりまとめを急ぐことを確認した。

広島市中心部の紙屋町・八丁堀地区は、空洞化を食い止めようと再開発が計画されていて、3月、国から税の軽減などの支援を得て再開発を進められる「都市再生緊急整備地域」の候補地の1つに選ばれた。

候補地から最終的に整備地域に指定されるには、具体的な再開発の方針を国に示す必要があることから、対応を検討するため、広島市や経済関係者、それに有識者など15人の委員による協議会が発足し、27日に初会合が開かれた。

この中では、国による整備地域の選定が今年夏にも行われることを念頭に、再開発の方針のとりまとめを急ぐことを確認した。協議会の座長を務める福山市立大学の渡邉一成教授は会合のあと記者団に対し、「広島らしさを盛り込むべきだという声や、スピードを重視すべきだという意見などが出されたので、それらもふまえて、できるだけ速やかに方針を決めていきたい」と述べた。(NHK広島)



広島市電車通りの空きビル

スポンサーリンク



「あいらの杜広島戸坂」で職員が入所者を殴る蹴る

広島市にある老人ホームの職員が、入所者に顔を殴ったり腹を蹴ったりする虐待をしていたとして、広島市は運営する岡山市の会社に対しこの施設での新たな利用者の受け入れを6カ月間停止するなどの処分を行った。入所者への虐待が明らかになったのは広島市東区の介護付き有料老人ホーム「あいらの杜広島戸坂」。

広島市によると、17年9月、職員が、入所者のケアを行った際、両腕を強く押さえつけたほか、顔を殴ったり腹を蹴ったりして軽いけがをさせたという。また施設側は、およそ2カ月後に運営会社が事態を把握するまで入所者の家族に対し「けがは事故によるものだ」とうその説明をしていたという。

市は、職員による虐待に加え、法令で定められている速やかな通報も怠ったとして、3月29日付けで運営する岡山市の「はれコーポレーション」に対しこの施設での利用者の新たな受け入れを6カ月間停止するとともにこの期間は、市に請求する介護報酬の上限を2割カットする処分を行った。

今回の処分について「はれコーポレーション」は、「入所者や家族に大変申し訳ない。処分を真摯に受け止め、組織全体で再発防止に取り組みたい」とコメントしている。(NHK広島)




あいらの杜広島戸坂

スポンサーリンク



JR可部線で人身事故

広島市安佐南区緑井にあるJR可部線の堂ケ内踏切で、近くに住む60代の男性が広島駅に向かっていた列車にはねられた。男性は救急車で病院に運ばれたが、心肺停止の状態だったという。乗客にケガはなかった。JRによると、列車の運転士が線路内に入る人影を確認し非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。現場は警報器も遮断機もある踏切で、事故当時、遮断機はおりていたということで、警察は男性が遮断機をくぐって線路に入ってきたものとみて詳しい事故の原因を調べている。この事故の影響で、JR可部線の広島駅から「あき亀山駅」までの上下線が一時運転見合わせとなった。(TSS)




JR可部腺 堂ヶ内踏切

スポンサーリンク



てんかん持ち男を危険運転致死罪で在宅起訴

てんかんの発作による意識障害を起こした状態で車を運転し、歩道にいた男性をはね死亡させたとして、広島地検は熊野町の52歳の男を危険運転致死の罪で在宅起訴した。起訴されたのは、熊野町の会社員・米澤巧二被告(52)。

起訴状などによると、米澤被告は去年12月、熊野町の県道で車を運転中、てんかんの発作による意識障害を起こしてセンターラインをはみ出し、対向車と衝突する事故を起こした。その後、対向車の車から降りて歩道に立っていた牛田豊美さんを時速およそ45キロでバックさせた車ではね、死亡させた罪に問われている。

当初、米澤被告は過失運転致死の疑いで送検されていたが、地検が身柄を釈放し、任意で調べた結果、3月20日付けでより罪の重い危険運転致死罪での起訴に踏み切った。(TSS)

スポンサーリンク