月・日別2018年03月 1/8

「三江線」乗客増の努力実らずついに廃止

3月31日(土)をもって、広島県三次市と島根県江津市を結ぶJR三江線が運行を終了した。中国地方最大の川である江の川(ごうのかわ)沿いを走り、片道の運行距離は108.1キロメートルに及ぶ。廃線の原因は、沿線の人口減少や車での利用が増加し、利用者数が年々低迷したためだ。実に開業から88年で幕を閉じることになった。三江線は昭和5(1930)年に島根県の一部区間で開業し、50年に全線が開通した。中山間地域の生活路線として利...

  •  0
  •  0

「長時間労働すれば健康被害が生じることは予見できた」太陽家具百貨店に2800万円の支払い判決

勤務中に倒れて亡くなったのは長時間労働による過労が原因として呉市の男性(当時57)の遺族が、勤務先の太陽家具百貨店(宇部市)に計約5700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3月30日、広島地裁呉支部であり、伊藤隆裕裁判官は「長期間にわたる過重な業務によって発症するに至った」と認定、同社に計約2800万円の支払いを命じた。判決によると、男性が死亡する直前半年間の時間外労働時間を月間82~56時間と認定。死亡直前の3カ...

  •  0
  •  0

リュックのひもがバスの手すりに引っ掛かって足指をひかれる

広島バス(広島市中区)の路線バスが3月3日、東区戸坂千束2丁目の県道のバス停で、下車した市内の40代女性のつま先をひき、足の指を骨折する重傷を負わせていたことが分かった。女性のリュックサックのひもが降車口の手すりに引っ掛かったまま、バスを発信させたためという。同社によると、事故は同日午後8時45分ごろ発生。運転手男性は、リュックのひもが手すりの角に引っ掛かったことに気付かず、扉を閉めてバスを発車させた。女...

  •  0
  •  0

府中中学校女子生徒転落事故は1億1000万円の賠償命令

9年前、府中町の中学校で女子生徒が校舎の4階の窓から転落し後遺症を負った事故で、広島地裁は学校側が転落を防止するための措置を怠っていたとして、1億1000万円あまりを支払うよう命じた。この事故は2009年8月、府中町立府中中学校で、校舎4階の廊下でクラブ活動をしていた当時2年生の女子生徒が、上下2段に分かれた窓の上の窓を開けようとして外側にバランスを崩し、およそ10メートル下の屋根に転落したもの。元女子生徒は右...

  •  0
  •  0

福山市下水道局で水道メーター200個が盗まれる

福山市の上下水道局の施設内から使用済みの鉄製の水道メーター200個が盗まれたことが分かった。3月27日午後、福山市山手町にある上下水道局の水道技術研修センターで、屋外に保管していた水道メーターを職員が数えたところ、200個が盗まれていることに気づき警察に通報した。 盗まれた水道メーターは耐用年数がきたため、家庭などから回収したもので、リサイクル業者に売却する予定だった。長さ20センチ・幅7センチ、重さはおよそ1...

  •  0
  •  0

広島市がセクハラ、パワハラ職員など3人を懲戒処分

広島市は3月29日、同僚の女性職員にセクハラをしたとして、中区役所の一般職員男性(41)を減給10分の1(3ヶ月)にするなど、3人を懲戒処分にした。市によると、男性は17年7、8月、ほぼ毎日、女性職員へ一方的な好意などを書いたメールを送り続けた。他の女性職員2人にも、緊急連絡網に載っている携帯電話へ私的なメールを送るなどしていた。市の聞き取りに「不快な思いをさせ、申し訳ない」と説明している。市は、大量に仕事を押...

  •  0
  •  0

広島中心部再開発を阻む電車通りの空きビルに注目

広島市中心部の電車通りに空きビルがある。もうかれこれ10年以上前から空きビルの状態だ。ここは多くの人が行き交う場所でもあるが、こんな状態でビルを放置しておくと、都市のイメージダウンになり、活性化にもつながらない。まさか、建物内で人身事故でもあったのだろうか。広島市は所有者に対し、ペナルティとしてビルの固定資産税を5倍、10倍に引き上げるなどして、早期に解体、処分をさせてイメージアップを図らなければなら...

  •  0
  •  0

「あいらの杜広島戸坂」で職員が入所者を殴る蹴る

広島市にある老人ホームの職員が、入所者に顔を殴ったり腹を蹴ったりする虐待をしていたとして、広島市は運営する岡山市の会社に対しこの施設での新たな利用者の受け入れを6カ月間停止するなどの処分を行った。入所者への虐待が明らかになったのは広島市東区の介護付き有料老人ホーム「あいらの杜広島戸坂」。広島市によると、17年9月、職員が、入所者のケアを行った際、両腕を強く押さえつけたほか、顔を殴ったり腹を蹴ったりして...

  •  0
  •  0

JR可部線で人身事故

広島市安佐南区緑井にあるJR可部線の堂ケ内踏切で、近くに住む60代の男性が広島駅に向かっていた列車にはねられた。男性は救急車で病院に運ばれたが、心肺停止の状態だったという。乗客にケガはなかった。JRによると、列車の運転士が線路内に入る人影を確認し非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。現場は警報器も遮断機もある踏切で、事故当時、遮断機はおりていたということで、警察は男性が遮断機をくぐって線路...

  •  0
  •  0

てんかん持ち男を危険運転致死罪で在宅起訴

てんかんの発作による意識障害を起こした状態で車を運転し、歩道にいた男性をはね死亡させたとして、広島地検は熊野町の52歳の男を危険運転致死の罪で在宅起訴した。起訴されたのは、熊野町の会社員・米澤巧二被告(52)。起訴状などによると、米澤被告は去年12月、熊野町の県道で車を運転中、てんかんの発作による意識障害を起こしてセンターラインをはみ出し、対向車と衝突する事故を起こした。その後、対向車の車から降りて歩道...

  •  0
  •  0