広島風俗店の客引き・九州や関西から出稼ぎ

風俗店などに勤務する違法な客引き行為が横行する中四国最大の歓楽街、広島市中区の流川・薬研堀地区で、九州や関西から出稼ぎに来るケースが目立つという。現地では取り締まりが厳しいためだという。

他県から流れ来る状況は広島県警も把握。「街のイメージダウンにつながる」と住民から退去を求める声も上がり、2月26日夜には住民と警戒に当たるなど取り締まりを強めている。

「キャバクラどうですか」。

流川通りにいた20代の男性は、昨年末ごろまで福岡市中洲地区で客引きをしていたという。福岡県警による暴力団の締め付けが強まり、取り締まりも厳しくなったことから、知人のつてを頼って広島に来たと説明。

広島では3、4人のグループに所属し、キャバクラなど約10店の中から案内。1人連れて行くたびに1、2千円の報酬があるという。

男は「広島に来てからの稼ぎは約40万円。他の仕事よりもうかる。取り締まりが比較的緩やかなので大阪や福岡から来ている客引きは多い」と話す。

5年ほど前に大阪から来たという別の男は以前に摘発された経験もあるが、続けているという。「罰金は軽いからね」。悪びれる様子もなく語った。

風俗店などへの客引き行為は2006年の県迷惑防止条例改正で全面的に禁止された。ある無料案内所の関係者は「改正直後は激減したが、今は100人以上はいる」。

地元住民によると、通行人を4、5人で囲んだり、断られてもつきまとったりする悪質なケースもあるという。

流川・薬研堀地区にあるビルのオーナーは「客引きが多いと街のイメージが悪くなる。取り締まりを厳しくしてほしい」と訴える。

管轄する広島中央署には既に住民から対処を求める声が複数寄せられ、県警は2月に入り私服警察官を増員。ほぼ連日、同地区で取り締まりに当たっている。

2月26日夜には、薬研堀町内会など地元の3町内会のメンバーや署員約10人が、薬研堀通りや仏壇通りをパトロールし、違法な客引きがないかを警戒。無料風俗案内所の立ち入り調査もした。

県警は、同日までに大学生や無職の男ら6人を条例違反(客引き)容疑で現行犯逮捕。昨年1年間の8人に迫る。県警は「安心して楽しめる歓楽街に向け、違法な客引き行為を一掃したい」としている。(中国)

東広島の老人が女児を家に誘って鍵を掛けてわいせつ行為

東広島署は2月27日、東広島市西条町、無職清野富美雄容疑者(69)を、わいせつ誘拐、監禁と強制わいせつ未遂の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2月2日午後4時35分ごろ、市内の路上で小学生女児に「買い物に行こう」などと話し掛けて自宅に招き入れて玄関に鍵を掛けて監禁し、自分の下半身を触らせようとした疑い。

女児は鍵を開けて逃げ、母親が同署に通報した。「家に誘い鍵を掛けたことは間違いないが、わいせつなことはしていない「などと供述しているという。(中国)

火炎びんを知人の会社事務所に投げて全焼させた男に懲役4年の判決

17年9月、安佐北区の知人の会社事務所を全焼させた罪などに問われている男に広島地裁は懲役4年の実刑判決を言い渡した。安佐南区の無職芦浦一夫被告(84)は17年9月、安佐北区安佐町でガソリンの入った火炎びんを知人の会社事務所に投げ入れて全焼させた罪などに問われている。

判決公判で広島地裁の丹羽芳徳裁判長は「犯行の態度は、人の財産を著しく害する危険が高い悪質なものである」と指摘。一方で、反省の態度を示しているなどとして懲役6年の求刑に対し、懲役4年の実刑判決を言い渡した。(HOME)




安佐北区安佐町 事務所に火炎びん

安芸高田市「土師ダム」でダイバーが流され死亡

広島県安芸高田市の「土師ダム」で水中にもぐって作業をしたいたダイバーがダムを放流するための管に流され死亡した。警察は何らかの原因で放流を止めずに作業が行われていたとみて事故原因を捜査している。2月27日午前9時すぎ、安芸高田市八千代町の「土師ダム」で水深17メートルにある「放流管」に水を止めるゲートを設置する作業をしていた潜水士・松岡信宏さんが直径1.2メートルの放流管に吸い込まれた。松岡さんは、一緒に作業していたダイバーに引き揚げられたが搬送先の病院で死亡した。

調べによると、水中で潜水作業が行われる際は放水が行われないよう排水側のゲートを閉めることになっていたものの閉まっておらず、警察は業務上過失致死の疑いで捜査している。(TSS)

広島空港の上海ー成都便が搭乗者数低迷で運休

中国東方航空は、広島空港(三原市)の中国・上海経由の成都線(1日1往復)で上海ー成都間の往復を3月25日から運休する。同社のダイヤ改正で接続が困難になったことや、搭乗者数の低迷が原因だという。現在は上海で乗り換えているが、25日以降は広島ー上海間の1日1往復となる。

成都線は2011年7月に就航し、上海ー成都間の運休は初めて。運行再開のめどは立っていないという。県によると、広島ー成都間の搭乗者数は本年度、1便当たり平均3人程度と低迷していた。(中国)

駐禁身代わり出頭でシモハナ物流浦和営業所の幹部3人が逮捕される

広島県坂町の運送会社「シモハナ物流」の浦和営業所(さいたま市緑区)で、業務中に駐車違反をした運転手の代わりに別の社員を警察に出頭させたとして、埼玉県警は2月26日、犯人隠避の疑いで同営業所統括井窪智康容疑者(40)=同市大宮区北袋町、副所長代理香取健吾容疑者(39)=同県狭山市水野=ら幹部3人を逮捕した。

同県は車両の使用制限を免れるため、組織的に身代わりに出頭させていたとみて、同営業所を家宅捜索するなど調べていた。シモハナ物流は「捜査に協力し再発防止を徹底する。身代わり出頭について本社からの指示はない」としている。

逮捕容疑は2016年2月に同県所沢市の路上で駐車違反をした男性運転手の身代わりに、同年3月、大宮東署に香取容疑者を出頭させた疑い。

運送会社の身代わり出頭を巡っては、警視庁が17年3月までに、犯人隠避などの疑いで、佐川急便の東京都内にある営業所の社員ら計106人を逮捕、書類送検している。(中国)

呉の「合同タクシー」社長が無免許運転で逮捕される

交通違反で免許が取り消されていたにも関わらず、広島県呉市内で会社名義の車を運転したとして、タクシー会社の社長が無免許運転の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、呉市のタクシー会社「合同タクシー」の社長・大星修也容疑者。警察の調べによると、大星容疑者は17年8月に交通違反が重なり、運転免許が取り消されていたにも関わらず、17年10月から18年2月までの間、8回に渡って、呉市内で会社名義の車を運転した疑いが持たれている。

大星容疑者は2月1日、呉市宝町の市道で、交通違反の取り締まりの際、職務質問で無免許が発覚した。運転していた車は営業用ではなく、客も乗せていなかった。調べに対し、大星容疑者は容疑を認めていて、警察は動機などを詳しく捜査している。(TSS)



呉市 合同タクシー

広島市内の火災報知設備が誤作動多発・原因不明

広島市消防局管内で、マンションなどの建物の自動火災報知設備が、火災以外の原因で誤作動し消防車が出動するケースが後を絶たないという。2017年は409件で、前年より59件増えた。作動するたびに現場で火災の有無を確認せざるを得ず、平均で約47分間かかる。

市消防局によると、409件の誤作動のうち、雨漏りで感知器に水が入るなどの漏水の影響が26件、水蒸気などに反応9件、発信機を押した8件、感知器への接触5件、故障3件、残る358件は原因不明。(中国)


サンモニ洗脳朝日新聞の高橋純子「商業主義化した五輪」について「憲法改正ガー!?」

2月25日のサンデーモーニングは、常連コメンテーターの造園屋のおやじと、いつもおばん臭い服装で独自の手話を交えながら話す写メール女は休みだった。しかし、それに代わって出演していたのは、朝日新聞の社員を肩書きに持つ何とも奇妙な亡霊のような女が出演していた。名前は高橋純子という。

この女のコメントの中で、一番違和感を覚えたのは、商業主義化した五輪の今後について関口氏から聞かれると、脳みその思考回路がヒスを誘発したのか、何故か2020年の憲法改正についてしゃべり出した。

どう考えても、オリンピックと憲法改正は関係がないが、朝日新聞社からすれば、100点満点の回答なんだろう。ではなぜ朝日新聞の亡霊女がこんな変な事を言うのか、ちょっと真面目に考えてみたい。


社員は会社の方針に従わなければならない

更年期障害の兆候、或いは痴呆症の初期症状の疑いも有り得るが、ここは少し実務経験を元にして、社員が社内でどのように変わっていくのかを考えてみたい。

朝日新聞社の体質については特に書かないが、そもそも入社してから社員が会社で出世してくには、まず上司から良い評価を得なければならない。それはもちろん、会社の方向性にも合致する言動をすることは当然だ。

例えば上司からの指示で、言いたくないような事を言わされることもある。また、違法スレスレの事を指示されることもある。そんな体質の会社に長く在籍していると、世の中の標準的な思考が分からなくなってしまう。つまり、「ズレ」た考え方を持ってしまうのだ。

よく、中堅企業や大手企業などでは「自分の会社が世の中のルールだ」と思い込んでしまいがちだ。


例えば、こんな事があった。

ある商品の購入をお客さんが迷っていたとき、普通は商品の優れた点や劣る点を丁寧に説明して納得して買ってもらう。ところがこんなとき、上司から指示が出た言葉は「『そんな事じゃあいつまで経っても買えませんよ』と言え!」と。

これを言われたお客さんは、たぶん気分を悪くすると思うが、社内では、このように「強弁」する社員を評価していたのだ。つまり、自社の商品を売るために、お客さんとぎりぎりの交渉をして頑張ったと。

上司は、商品が売れなくても「そこまで言ったのなら仕方がない、よく頑張った」となる。

ブラック企業のはしくれのようだが、これには後日談がある。


その会社の親会社の社員が、たまたまお客として来ていたのだ。さらにその親が親会社の役員だった。それを知らずに「そんな事じゃあ買えませんよ」と社員が言ったのだ。

そして、気分を害した親会社の社員が父親である役員に伝える。「あの会社の社員からこんな事を言われた」と。

そして数日後、親会社から「強弁のトーク禁止」の指示が出た。

笑い話だが、実話だ。多くの社員が辞めていった会社だが、この会社は今でもある。


つまり、社員は会社の方針に従うことで評価される。言い換えれば「洗脳」されるのだ。その会社に在籍している限り、洗脳に縛られる。そして、その呪縛から解放されたいなら、なるべく早く脱出する必要があるが、社員は生活がかかっているから、その道をとことん進むことにもなる。

人生生活の大半を会社勤めで過ごさなければならないから、企業風土は人生に大きく影響するのだ。


ちなみに、サンモニの高橋純子が今、朝日新聞社の入社試験を受けたらどうなるのか、想像してみたい。


朝日新聞社入社試験・質問1 「現在の総理大臣を答えよ」 

高橋回答「安倍は気持ち悪い」  朝日人事担当、正解!  


朝日新聞入社試験・質問2  「日本のGDPを答えよ

高橋回答「アベノミクスは失敗した」  朝日人事担当、正解! 


朝日新聞入社試験・質問3  「憲法9条を記述せよ

高橋回答「安保法制は間違い」 朝日人事担当、正解!





高橋純子

ノルディック渡部選手、空気抵抗を避けてばかり滑るのはフェアじゃない?負け惜しみか

2月25日夜、NHKで平昌オリンピックを振り返る番組をやっていたが、その中で、ノルディックスキー複合でエリック・フレンツェル選手(ドイツ)に敗れた渡部暁斗選手のコメントが妙に引っ掛かった。

渡部選手は 「フェアにレースしたい」という思いから、風の抵抗を避けるためにフレンツェル選手の後方を滑ったり、逆にフレンツェル選手が風の抵抗を受けないように前に出たり、つまりお互いが「痛み分け」のようなレースをしてフェアにレースをしたいと言っていた。

しかし、この発言は、例えばマススケートで金メダルを取った高木菜那選手に失礼ではないか。高木選手は前を滑る選手の後方に辛抱強く位置を取って空気抵抗を最小限にして、仕掛けるタイミングを見計らっていた。そして、最後のコーナーでインコースから抜け出して金メダルを獲得した。

つまり、渡部選手の考え方で言うと、このような戦術で金メダルを取るのは「フェアじゃあない」とも取れる。

渡部選手の発言は、どうも金メダルを取れなかった負け惜しみとも取れる。さらに、大事なオリンピック開催前に肋骨を骨折していたという。大会中、このケガについて本人が語らなかったことについて美化した報道がなされているが、競技人のプロとして、本番前に骨折するという甘さが、今回のオリンピックにも如実に現れた事については否めない。

渡部選手は自分を美化したいのだろうが、とにかく他にも選手がいるのだから、あまり誤解の生むような発言をしないでもらいたい。




金メダリストの高木選手はフェアじゃない!?


マススケート決勝 平昌オリンピック