生き人形作家が詐欺で逮捕、造形力高い&廃墟の人形

「生き人形作家」として知られる岡山出身の2人組が、人形制作などの名目で、男性から現金800万円あまりをだまし取ったとして岡山地検に逮捕された。この被害者は広島にもいた。詐欺の疑いで岡山地検に8月29日までに逮捕されたのは、岡山県浅口市出身で東京都に住む人形制作販売業・堀佳子容疑者(54)と岡山県に住む無職・渡辺志保容疑者(54)。

2人は2013年、共謀して岡山県に住む当時55歳の男性から人形制作や事業資金という虚偽の名目で現金あわせて815万円をだまし取った疑いが持たれている。

「私は小説でもなく、絵でもなく、人形っていう形を通して、心の部分を表現できたらいいなって」(堀佳子容疑者、2002年)

作品は「生き人形」と呼ばれ人気を集めていたが、貸した金を返してもらえないとして、知人らがあわせて8700万円の被害を訴え、刑事告訴していた。(TBS)

広島の女性が岡山の人形作家に150万円騙される


制作代名目などで1360万円詐取容疑 人形作家の女ら再逮捕

人形の制作代金などの名目で現金計1360万円をだまし取ったとして、岡山地検は9月6日、詐欺の疑いで、人形作家の堀佳子容疑者(54)=東京都=と、無職の渡辺志保容疑者(54)=岡山県=を再逮捕した。地検によると、事件当時、堀容疑者は岡山県浅口市で人形の製造販売会社を営み、渡辺容疑者は同社の従業員だった。

再逮捕容疑は平成25年5~7月、岡山県在住の男性に人形を制作すると嘘を言い、代金名目で500万円を詐取したとしている。また26年2~3月、広島県福山市で、同県在住の女性から事業資金の借り入れ名目で860万円を詐取したとしている。岡山地検は6日、同様に人形制作費名目などで計815万円を詐取したとして詐欺罪で堀容疑者を起訴した。(産経)





岡山県 人形制作販売



造形力の高い容疑者の作品の一部

岡山生き人形 HP


岡山 生き人形


岡山 生き人形2


生き人形4


生き人形6


生き人形3




ついでに見てほしい廃墟の人形

とある中国山地の谷合いに、ポツンと廃墟があった。家の壁は壊されて腐っていた。そーっと近づいて家の中を覗いてみたら、人形が横たわっていた。いつの状態のものなのか全く不明。


廃墟の人形1


廃虚の人形2

君が代起立斉唱を拒否した中身のない意地っ張り大阪人の元大阪府立高教諭が2審も敗訴

大阪府立高の卒業式で国歌斉唱時に起立しなかったとして、減給処分を受けた元教諭の女性(64)が、起立斉唱を求める府の「君が代起立条例」は思想、良心の自由を侵害し違憲だとして、府に処分の取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は8月31日、1審の大阪地裁に続き原告側の請求を退けた。

田中敦裁判長は判決理由で、条例について「思想、良心の自由を間接的に制約する面はあるが、式典の円滑な進行などのために許容できる程度の合理性がある」と違憲性を否定。「式場外の職務を放棄して入場するなど意図的に不起立行為に及んだ」として処分の内容も妥当と判断した。

条例は橋下徹氏が知事在職中の平成23年6月に成立。学校行事での国歌は「起立により斉唱する」と規定している。判決によると、元教諭の女性は24年4月の入学式で起立斉唱せずに戒告処分を受け、25年3月の卒業式でも繰り返したとして減給処分となった。(産経)

業者への未払い金200万円、神石高原町職員を怠慢で停職1カ月の懲戒処分

神石高原町で町営住宅の修繕などをした業者に対し、1年半の間で合わせて200万円あまりが支払われていなかったことが分かり、町は事務処理を放置していた40代の男性職員を停職1カ月の懲戒処分などとした。懲戒処分を受けたのは、神石高原町油木支所の町民課で主査を務めていた40代の男性職員。

町によると、この職員は平成27年3月から翌28年9月までの1年半にわたって、町が発注した町営住宅の修繕や害虫を駆除する費用について、業者に支払うための事務処理を行わず、放置していた。未払いは24件、合わせて203万円に上り、町が今年5月、業者に確認した時に未払いが発覚した。

この職員は、業者への発注から支払いまですべて1人で担当していたが、必要な書類を作成しておらず、発覚が遅くなった。また、町の調査に対しては「会計年度を超えてしまい、上司への報告ができなかった」と話しているという。

町は公務員への信頼を傷つけたとして、この主査を9月1日から停職1カ月の懲戒処分にするとともに、主査から主任に降格する分限処分とした。また、管理監督責任を怠ったとして、当時、油木支所の支所長を務めていた2人の男性職員を戒告の処分などとした。神石高原町は「あってはならないことで大変遺憾です。今後こうしたことが起きないよう文書による事務処理を徹底します」としている。(NHK広島)

広島在住の韓国籍の男が柏で女性の顔面に体液を塗りつける

女性の顔に体液を塗りつけるなどしたとして、千葉県警柏署は暴行の疑いで、韓国籍で広島市西区の自称会社員、ビョン・チャンウ容疑者(26)を逮捕した。「欲求不満から犯行に及んだ」と容疑を認めているという。逮捕容疑は、平成26年10月21日午後10時25分ごろ、千葉県柏市の路上を歩いていた県内居住の女性=当時(30)=の顔を手で押さえ、事前に用意していた自分の体液を顔面に塗りつけるなどの暴行を加えたとしている。女性にけがはなかった。同署によると、ビョン容疑者と女性に面識はなかった。女性が事件から約2時間後に同署に通報。鑑識活動などからビョン容疑者の関与が浮上したという。同署は余罪などについて捜査を進めている。(産経)

伊豆女性死体遺棄事件で広島の男が首つり自殺

8月28日、警視庁捜査1課は東京都大田区北嶺町の会社員、加藤菜緒さん(26)が8月中旬から行方不明になり、8月27日に静岡県伊豆市内の山林で遺体で発見されたと発表した。同課は24日に加藤さんの元交際相手で同僚の男(44)から事情を聴いていたが、25日に広島市佐伯区の実家で首をつっているのが見つかり、死亡が確認された。自殺とみられる。同課は男が加藤さんを殺害後、遺体を遺棄した疑いがあるとみて捜査している。

同課によると、加藤さんと男は同じ会社に勤務し、一緒に暮らしていた。男は8月中旬ごろ、加藤さんに何らかの暴行を加えて殺害し、伊豆市湯ケ島の山林内に遺体を遺棄した疑いが持たれている。容疑の裏付けが取れ次第、死体遺棄と殺人容疑で書類送検する。

加藤さんは男と交際していたが、2月に別れを切り出した。男が6月になって「別れるなら自殺する」と話したため、加藤さんは8月10日、田園調布署に相談した。同署は男に警告し、加藤さんを母親の家に避難させる対応を取ったという。

8月14日、加藤さんがその後に交際した男性から同署に「加藤さんと連絡が取れない」と相談があり、捜査員が男の自宅に行ったところ、加藤さんと男がいるのを確認。加藤さんが「今後はこの人と付き合う」と話し、同じ内容の上申書を提出したため、同署は対応をやめていたという。

その後、加藤さんが行方不明になり、8月22日に母親が行方不明届を提出した。同庁が防犯カメラや男のレンタカーの移動記録などを調べた結果、加藤さんの遺体が見つかったという。(毎日)



伊豆 死体遺棄 広島男性自殺 位置

伊豆仁科峠 死体遺棄1

教育実習生にセクハラエロ行為 中学教師に懲戒処分

8月29日、広島市教委は教育実習生の女性にセクハラをしたとして、 私立中学の教諭男性(30)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。市教委によると、男性教諭は6月下旬、市内の飲食店であった同校の教育実習生3人の慰労会に同僚2人と参加。1人の女性実習生の肩や背中を複数回触り、同僚から注意された後も退店時に実習生と2人きりになった際に抱きしめたりキスするなどした。(中国)

広島・山口から北海道に登山に向った3人が川に流され死亡

8月29日日午前、北海道平取町の幌尻岳を下山しようとしていた広島や山口の8人のグループのうち、60代と70代の男性3人が増水した川を渡る途中、足を滑らせるなどして溺れて死亡した。29日午前11時前、北海道平取町の幌尻岳で「下山していた3人が川に流された」と山荘の管理人から消防に通報があった。

警察によると、男性3人は相次いで救助され、病院に運ばれたが、いずれも死亡が確認された。警察が身元を確認した結果、広島市安芸区の金行卓郎さん(64)と東広島市の日高孝司さん(64)、それに山口県周南市の荒本正之さん(73)と分かった。3人はほかの5人の仲間とともに広島や山口から訪れ、28日から1泊2日の日程で幌尻岳の山頂をめぐる計画だった。

同行していた仲間の話で、一行は沢を下るコースの途中で命綱を付けて川を渡ろうしたが、1人が足を滑らせて溺れ、助けようとした2人も相次いで溺れたという。現場付近では28日から降り続いた雨で、当時、川の水位は大人の胸の高さまで増水していたという。

幌尻岳は北海道の平取町と新冠町にまたがる標高2052メートルの山。日高山脈の最高峰で日本百名山の1つにも数えられ、夏場には多くの登山客が訪れるという。札幌管区気象台によると、幌尻岳に近い平取町旭の観測地点では、29日未明から雨が降り始め、午前10時までの10時間に31ミリの雨が降ったという。

登山メンバーが所属していた日本山岳会広島支部によると、今回、北海道に向かっていたのは、広島と山口に住む62歳から73歳までの男女あわせて8人だった。そして、亡くなった3人の登山経験は浅くはないという。(NHK広島)




北海道 沢登り


北海道平取町

呉の老人ホームで集団食中毒

呉市の有料老人ホームで、入所しているお年寄りと職員のあわせて12人が下痢やおう吐などの症状を訴え、保健所はこの施設で出された食事が原因の集団食中毒と断定し、調理を請け負った呉市内の業者を29日から当分の間、営業禁止の処分とした。呉市の有料老人ホームで8月21日の夜から、入所している70代から90代のお年寄り11人と50代の職員のあわせて12人が下痢やおう吐などの症状を訴えた。全員軽症で入院した人はおらず、翌朝には症状が治まったという。

呉市保健所によると、症状を訴えた人や夕食の残りなどから、食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌が検出された。呉市保健所は施設で出された夕食が原因の集団食中毒と断定し、調理を請け負っていた呉市築地町で給食や弁当などの調理を行う「千成」を29日から当分の間、営業禁止の処分とした。千成の名越信三会長は「ご迷惑をおかけし、大変申し訳ない。二度とこのようなことがないよう、改めて消毒や検査などを徹底したい」と話している。(NHK広島)

ポプラ五日市中央店に強盗、13万円奪って逃走

8月29日朝早く、広島市佐伯区のコンビニエンスストアに包丁のようなものを持った男が押し入り、現金およそ13万円を奪って逃げた。29日朝4時すぎ、広島市佐伯区五日市中央にあるコンビニエンスストア「ポプラ五日市中央店」に包丁のようなものを持った男が押し入り、20代の男性店員に「金を出せ。この袋に入れろ」などと脅し、持っていた袋にレジにあった現金およそ13万円を入れさせ、北の方向に逃げたという。店員にけがはなく、当時、店内に客もいなかった。

警察によると、男は年齢が40歳から50歳ぐらい、身長が1メートル70センチから1メートル75センチぐらい、長袖の紺色のTシャツに黒のベストとズボンを身につけ、顔を黒い布で覆っていたという。

現場はJR山陽線の五日市駅から北西におよそ1.3キロの住宅街。警察は強盗事件として、店の防犯カメラの映像を確認するなど男の行方を捜査している。(NHK広島)

軽自動車のドアを空けたまま全裸で下半身露出した福山の会社員

福山東署は8月27日午前1時45分ごろ、福山市山手町5丁目、自称会社員、森松貴文容疑者(43)を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、福山市西町3丁目の歩道に駐車中の軽乗用車内で、運転席のドアを開けたまま全裸になり、下半身を露出した疑い。同署によると、森松容疑者は当時酒に酔っていたという。(中国)

スポンサーリンク

広告