月・日別2016年02月 1/8

女装姿で女に抱きついた広島41歳男

帰宅中の女性に抱きつくなどした疑いで、41歳の男が逮捕された。男は犯行時、女装姿だった。会社員の上村隆宏容疑者(41)は2月10日午前2時すぎ、呉市和庄登町で帰宅中の女性(28)の身体に抱きつき、腹部を触った強制わいせつの疑いがもたれている。警察によると上村容疑者は「大丈夫ですか?」などと介抱を装って女性に近づき口を手で塞ぐなどして犯行に及んでいたという。警察の調べに「声をかける女性の警戒心を解くためだった...

  •  0
  •  0

呉の私立清水ヶ丘高校の教員が飲酒運転で逮捕、30メートルにわたって標識に激突

2月29日早く、呉市の高校の教員が酒を飲んで乗用車を運転していたとして、酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕された。教員はおよそ30メートルにわたって道路標識などに接触したり電柱に衝突したりする事故を起こしていた。逮捕されたのは呉市の私立清水ヶ丘高校の教員管野哲也容疑者(39)。警察の調べによると、管野教員は29日午前4時20分ごろ、呉市宮原の市道で酒を飲んだ状態で乗用車を運転していたとして、酒気帯び運転の疑いが持...

  •  0
  •  0

リベンジポルノ広島県内で初摘発

2月28日、尾道署はサイトで知り合った広島県内の20代の会社員女性に裸の写真をネットに投稿すると脅迫し、実際に投稿したとして、愛知県愛西市勝幡町弁才天、会社員坂西健一容疑者(42)を、脅迫と私事性的画像記録の提供被害防止法違反の疑いで逮捕した。リベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)事件の摘発は広島県内で初めて。尾道署によると、昨年9月22日午前11時半ごろと午後1時半ごろの2回にわたり、携帯電話から女性に「今から...

  •  0
  •  0

みすぼらしい広島県庁舎は建て替えか耐震化か

オフィスビルや大型商業施設が立ち並ぶ広島市中区の中心部だが、中四国の中枢都市にある広島県の拠点にしては古くみすぼらしいという。大きな地震がくれば即崩壊しそうな庁舎というのは、地方都市だけでなく東京23区にも存在する。震災時には街を守る司令塔として庁舎は機能を発揮しなければならないが、県庁はその都市の顔でもあるから、市の発展を考えるなら建て替えをすべきだ。税収の確保については、「しがらみのヒロシマ思想...

  •  0
  •  0

セブンイレブン福山東町店で強盗、所持金18円の男を逮捕

2月28日未明、福山市のコンビニエンスストアで、刃物を持った男がタバコなどを奪って逃げる強盗事件があった。事件があったのは、福山市東町3丁目の「セブンイレブン福山東町店」。警察によると、28日午前1時50分ころ、客を装った男がタバコやライターなどを買うふりをして、レジにいた女性店員に刃物を見せて脅し、そのまま商品を奪って逃げた。男は年齢が20代くらいで、身長が155センチから160センチくらいの小太り、灰色のパー...

  •  0
  •  0

JR呉線の川尻町で快速列車が線路内に入ってきた男性をはねる

2月27日う午前、呉市川尻町でJR呉線の快速列車に男性がはねられ、死亡する事故があった。この影響で呉線の一部が運休した。JR西日本広島支社や警察によると、27日午前11時20分頃、JR呉線で安芸川尻駅に向け走っていた上りの快速列車「マリンビュー」が線路内に入ってきた男性に気付き非常ブレーキをかけたが間に合わず衝突した。はねられたのは近くに住む無職・脊戸真治さん(82)で、病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された...

  •  0
  •  0

福山駅南口再開発計画がとん挫

福山駅南口の「伏見町市街地再開発準備組合」が解散の方針を固めたという。背景には、JR福山駅前の集客力低下があるという。大規模な商業施設の誘致に行き詰まり、区域を一体的に開発する手法にも限界が見え始めていた。組合設立から30年。地権者や地元住民は残念がる一方、従来の手法とは違った新たなまちづくりへの期待も出ているという。組合は約2.5ヘクタールの再開発区域に商業施設やマンション、ホテルなどを整備する構想を...

  •  0
  •  0

2年間盗撮を繰り返した28歳の広島市職員を懲戒免職

広島市の28歳の男性職員が、市内の店舗で女性のスカートの中を盗撮したなどとして、市はこの職員を2月26日付けで懲戒免職にした。懲戒免職になったのは広島市中区役所生活課主事の小林弘樹主事(28)。広島市によると小林主事は1月9日、広島市中区の雑貨店で盗撮しようと女性のスカートの中にデジタルカメラを入れたとして、県の迷惑防止条例違反の疑いで警察に逮捕されたほか、この日、別の店でも女性のスカートの中を盗撮したと...

  •  0
  •  0

福山の飲食店店長が「ふぐ」の肝臓を客に出して書類送検

去年6月、福山市の飲食店で、禁止されている「ふぐ」の肝臓を提供して客が食中毒になったとして警察は2月26日、61歳の当時の店長を食品衛生法違反の疑いで書類送検した。書類送検されたのは福山市南町の飲食店の元店長(61歳)。警察によると、元店長は去年6月、福山市の飲食店で禁止されている「ふぐ」の肝臓を客に提供したとして食品衛生法違反の疑いが持たれている。客は食中毒になって病院に搬送され、一時意識不明の重体とな...

  •  0
  •  0

東広島トレーラー鉄板落下死亡事故で賠償命じる判決

4年前、東広島市の国道でトレーラーの荷台から落下した鉄板に当たって2人が死亡し、遺族が運転手と勤務先の会社と社長に賠償を求めていた裁判で、広島地方裁判所は訴えの一部を認め、あわせて4700万円あまりを支払うよう命じた。当時、東広島市の国道で走行中の大型トレーラーの荷台から落下した鉄板に当たり、対向車に乗っていた2人が死亡した。このうち1人の遺族がトレーラーの運転手が落下防止の措置を怠った過失による事故だ...

  •  0
  •  0