慰安婦合意で韓国野党は「政権執ったら無かったことにする!」

朝鮮日報によると、韓国の野党が日韓両国の慰安婦合意に対し、本格的に反対する動きを見せ始めているという。韓国最大野党の「共に民主党」(旧名称:新政治民主連合)は12月30日、慰安婦合意の無効を宣言し、政府に再交渉を要求した。もし合意が無効になると、日本政府が慰安婦に対して軍の関与を認めたことだけが一人歩きしてしまう。日本は謝罪だけさせられて、慰安婦像はそのままで10億円は拠出なしとなり、韓国に逃げられてしまう。やっぱり韓国と和解できるのは1000年必要なんだろうか。


同党の文在寅(ムン・ジェイン)代表はこの日の党最高委員会議で、「今回の合意は、国民の権利を放棄する条約や協定に該当するため、国会の同意を得なければならない」「我々はこの合意に反対する。国会の同意がなかったため、無効であることを宣言する」と述べた。

同代表はまた、「日本は(拠出するとした)10億円は賠償でないとクギを刺した。政府はそのカネを受け取ってはならない」「元慰安婦の女性たちのための財団を設立するなら、全額韓国の資金で設立せよ」とも言った。さらに、少女像問題については、「日本が撤去を要求したのは厚かましい行為だ。そのような不当な要求に引っ張り回される政府も恥ずかしいのは同じだ」と語った。田炳憲(チョン・ビョンホン)最高委員も「10億円を手にしたが、これは我々にとって侮辱的で恥ずべきカネだ」と言った。

同党の李鐘杰(イ・ジョンゴル)院内代表はこの日、韓国プレスセンターで国内外メディアの記者と会見し、「合意を受け入れることはできない。原点から再交渉しなければならない」「わが党は今回の交渉について、現在はもちろん、今後、政権を執ることになったら、なかったことにする」と言った。同党は合意に対する糾弾決議案と尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部(省に相当)長官の解任建議を提出することにした。

慰安婦日韓合意、海外の反応は「日本政府は性奴隷を認めた!?」

日韓の関係改善に向けて慰安婦問題を年内に妥結させようと、安倍首相と岸田外相が謝罪を表明し、さらに10億円の血税を拠出する考えだ。10億円の拠出については、韓国の日本大使館前に設置してある慰安婦像の撤去を条件としているため、今回の会談は日本側が有利だとする考えもある。しかし、事はそう簡単ではなさそうだ。


独立総合件空所の青山繁晴氏によると、米国などでは「日本政府は日本軍が韓国の女性を性奴隷として使っていたことを認めた」と報道されているという。詳しい内容を以下、引用してみた。


「まず冒頭から申し上げますと、この合意は間違いです。間違った決断を、安倍総理はなさったということです。この日韓合意というのは、珍しくアメリカでもニュースになっています。日本で起きたことは、実はほとんどニュースにならないのですが、これは結構ニュースになっています」。

「どう報道されているかというと、『日本政府は、日本軍が韓国の女性をsex slaves(性奴隷)として使っていたことを認めた。それで謝罪し、10億円という大金を補償した』と報道されているんですね」。

「これは、安倍総理や外務省が言っている中味と違いますよね。これはまったくの嘘なんですけれども、アメリカで報道されていることは、要は日本軍が20万人におよぶ女性を性奴隷として使っていた。そして、その大半は韓国の女性であると。これもアメリカ国内でたった今、報道していることなんです。この20万人という数字は、工場に(女子挺身隊として)動員された人たちを全部含めてしまっためちゃくちゃな数字です。しかも、実際、戦争中に「慰安婦」と呼ばれる方々はいらっしゃったんですけど、大半は日本の女性なんですよね」。

「事実に反することがアメリカで報道されているだけではなく、例えばイギリスの公共放送であるBBCでも、ほとんど同じ報道がされています」。


今回の日韓合意を、外務省は英語でどう発表したか

「これは皆さん、日本の外務省のホームページにアクセスしていただいて、そこに今回の日韓合意について、英文ではどう言っているかということを、ワンクリックで簡単に見ることができます。それをぜひ見ていただきたいんですけれども、その冒頭には」、

The issue of comfort women, with an involvement of the Japanese military authorities

「と書いてあります」。

※ 外務省HP(英語) http://www.mofa.go.jp/a_o/na/kr/page4e_000365.html

「もう、これで“アウト”です」。

「なぜかというと、“an involvement of the Japanese military authorities”というのは、岸田外務大臣は「日本軍の関与の下、こういうことがありました。すみません」ということを言われましたよね。この“an involvement ”というのは、involve(含める)の名詞形で、言い方はやわらげているけれども、今まで韓国などが言ってきたことを全部まとめて、日本軍がやりましたと言っているという意味にしかなりません」。

「なおかつ、今言いました“comfort women”という英語ですが、こういう英語がもともとアメリカやイギリスにあったと思いますか? まったくありません。これは奇妙な英語なんですけれども、「慰安婦」をそのまま外務省の官僚が訳したものです。要するに、もともと売春行為は戦争中も戦争でない時にもたくさんあったわけで、現在も世界中であります。特に戦時中は高価な支払いがあったわけです」。

「それを普通に言えばいいのに、それを“comfort women”という奇妙な英語にしたために、「特別なものがあったのだ」という誤解がもともとあったんですけれども、今回の日韓合意の英訳によって、もう一度言います。外務省が公式に訳した英語によって、日本軍が性奴隷にしていたのだということを、全部認めたということに、もうすでになっています」。

「したがって僕は冒頭、これは間違いだと言いましたが、これは僕の考え方やイデオロギーによって言っているのではなく、まさかこれを外務省や安倍総理が待っていたのではないでしょうということを、客観的に申し上げただけなんですね」。


ある94歳の韓国人女性の証言「慰安婦は募集だったんだよ」

「この騒ぎの中で、僕のブログにこのようなメッセージが届きました。韓国人男性と結婚し、韓国に嫁いで15年になるという日本人女性からのメッセージです」。

「私の夫の母、韓国人の義理の母なのですが、今年で94歳。日帝時代をリアルタイムで生きてきた方です」。

「この義理のお母様の前で、この日本人の奥さんが慰安婦の件で『日本は悪いことをしたと、たくさんニュースで報道していますね』と、思わず口に出したところ、この韓国人の義理のお母様がこうお答えになったそうです」。

「あれは募集だったんだ。あの当時、日本に行った人たち(韓国人)は、もらうものはちゃんともらって帰って来ていたんだよ。戦争が終わって韓国にいた日本人がみんな日本に帰ろうとする時、韓国人は日本人の家もお金も物も、みんな奪ったりしたんだ」。

「韓国に来た日本人は、するべきことをみんなしてくれた。日本人がみんな作ってくれたから、韓国はここまで発展してこれたという人もいるんだよ。韓国が作ったものなんて、何一つないよ。それなのに韓国人は、日本人をイルボンノム(日本人を侮辱した言い方)と言って、悪口を言うんだよ。どうしてなんだろうね」。

「この突然の義理の母の言葉に、私は涙が出ました。私はこの言葉を一生忘れられません。もう迷う必要はありませんよ。だって、慰安婦は募集だったのですから、とこの日本人の女性はお書きになっているんですね」。


http://japan-plus.net/1045/

SEALDs奥田愛基がTwitterアカウントを削除→再開?

心配していたSEALDsの奥田愛基が、メンバーである"ほなみ"という子とTwitter上で口論になり、最終的に奥田愛基がTwitterのアカウントを消してしまった。原因はよくわからないが、ある芸人について好きだの嫌いだのと、子供や未成年者がLINEでけんかしているような内容だった。今年の秋ごろには"小紅"というメンバーもアカウントを削除してしまった。

そこで考えるのが、「打倒、安倍政権」という大きな目標を掲げ、マスコミにも取り上げられてヨイショされていたのだが、下らない内輪モメでアカウントを消して逃げてしまった。今まで築き上げてきたものが崩れてしまったのではないか。せっかくここまで来たのだから、堂々と発信していればいいと思うが、所詮はそんなものだったのか。

一番はずかしいのは、こんな下らないことで奥田愛基が逃げてしまったというレッテルを貼られたことである。さらに真剣に政治デモを画策する上で、子供のような感覚の人間を仲間にすることへのリスクも考慮する必要があることが分かった。レッテルを貼ったり貼られたりの2015年だった。

奥田愛基アカウント
https://twitter.com/aki21st?lang=ja

ほなみアカウント
https://twitter.com/rock_west_?ref_src=twsrc%5Etfw

1月4日、心配の奥田愛基がいつのまにかTwitterを再開していた。理由については特に書いていないようだ。とにかく、よくわからない集団だ。

必ず東京の真ん中に慰安婦像を建てる~韓国元慰安婦

日韓両政府による慰安婦問題の最終解決の合意を受け、韓国政府高官は12月29日、元慰安婦の女性らと面会し、合意内容への理解を求めた。韓国外務省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官は、ソウル市内の元慰安婦支援団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)を訪問。元慰安婦の女性は林氏に対し「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。日韓合意で、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去問題が盛り込まれたことにも抗議したという。

林氏は「日本政府が責任を痛感し、安倍首相が『心からおわびと反省の気持ち』を表明し、韓国政府が設立する支援財団に日本の政府予算約10億円が拠出されることで合意した」などと説明し、元慰安婦らの生存中の問題解決に最善を尽くしたと理解を求めた。面会後、元慰安婦らは韓国メディアに対し、慰安婦像を「米国各地に設置した後、必ず東京の真ん中にも建てる」と語ったという。

一方、同省の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官は同日、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」を訪れ、安倍首相のおわび表明など日本政府の対応を説明。「これ以上の名誉回復は難しい」と伝えたという。日本大使館前の慰安婦像の周囲には、外相会談が行われた12月28日の夜に、立ち入り禁止のロープが張られた。しかし、12月29日には像の前で少数の市民活動家が散発的に抗議デモを行った。(産経)


挺対協01


挺対協02

【韓国】慰安婦ユネスコ登録申請見送り報道は事実無根!1日で破綻!

聯合ニュースによると、日韓外相が12月28日の会談で、韓国政府が慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録申請を見送ることで合意したとする日本の報道について、韓国外交部は12月29日、「事実無根」だと明らかにした。同部当局者は「事実と異なる報道。そんな合意をしたこともなく、そうすると言ったこともない」と述べた。

韓国では女性家族部傘下の財団法人、韓国女性人権振興院が中国など被害当事国と連携し、旧日本軍の慰安婦に関する記録の世界記憶遺産への共同登録を推進している。

岸田文雄外相は尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官との会談で、この問題を取り上げたとされ、会談後、日本の記者団に対して慰安婦関連資料の登録問題についてのやりとりを問われ、登録申請に韓国が加わることはないとの認識を示した。

記憶遺産申請については「韓国内の民間団体が主導して進めている」と説明しているが、この団体は政府から委託され活動している。岸田文雄外相は12月28日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との共同記者発表後、記者団に記憶遺産申請について「今回の合意の趣旨に鑑み、韓国が加わることはないと認識している」と説明していた。



さらに台湾、中国からも謝罪と賠償を求める声が上がる

台湾も日本に要請

日韓の慰安婦問題の合意を受け、台湾の馬英九総統は12月29日、報道陣の取材に対し「(台湾)政府の立場は一貫して日本政府に慰安婦への謝罪と賠償を求め、女性たちの尊厳を取り戻すことにある」と述べた。日韓の合意後、馬総統がこの問題について公の場で言及するのは初めて。

また、林永楽・外交部長(外相)は同日、記者会見し「台湾とも協議に入るよう日本側に強く申し入れた」と発表した。日台の窓口機関を通して日本側に要請したとしている。林部長は「日韓が合意によって行う細かい部分は我々の要求と完全には一致しないが、被害を受けた台湾の女性にも同様に、同等の権利保障が行われるべきだ」と強調した。

会見には、台湾の元慰安婦を支援する女性人権団体「婦女救援社会福利事業基金会」の康淑華執行長が同席。康氏は毎日新聞などの取材に対し「(台湾で生存している)元慰安婦の女性4人に日韓の合意を伝えたら喜んでいた。賠償や謝罪だけでなく、女性たちの名誉回復が重要だ」と指摘した。(毎日)


中国紙は批判的「中国の被害者にも謝れ」「終止符打たれてない」

12月29日、中国各紙は日韓両政府による慰安婦問題の決着合意について、一定の評価をしながらも「中国の被害者も強く謝罪を求める」(共産党機関紙、人民日報系の環球時報英語版)などと批判的に報じた。一方で、人民日報は合意を淡々と伝えただけで、日本側の今後の出方を見極めようとする姿勢をうかがわせた。

京華時報は「今後の日韓関係発展に重要な影響をもたらすだろう」と指摘しながら、日本が10億円の拠出を賠償でないとしていることなどに韓国で不満が出ているとして「日韓の歴史問題に終止符は打たれていない」との評論を掲載。

環球時報の中国語版は合意を評価しながらも、日本が歴史問題に対する態度を変えない限り、中国は「大国の責任」として歴史問題の追及を続けるとの社説を掲載した。環球時報によると、山西省の元慰安婦女性は「韓国の被害者に謝罪するのであれば、中国の被害者にも謝るべきだ」と非難した。(共同)

広島県内の防火拠点の耐震率が全国最下位

広島県内の学校や公民館など、災害時に拠点となる公共施設のうち、耐震性が確保されている施設の割合は73%余りで全国で最も低いことが消防庁のまとめで分かったという。総務省消防庁は、学校の体育館や公民館、警察署や消防署など、災害時に、避難所や災害対策の拠点となる公共施設について、昨年度末時点の耐震化の状況を都道府県別にまとめた。

それによると、震度6強程度の地震でも倒壊しない耐震性が確保されている割合、耐震率は広島県は73.4%で、全国平均の88.3%を大きく下回り全国で最も低くなった。また、ほかの中国地方各県の耐震率も、鳥取県が84%で全国で38番目、岡山県が82.4%で40番目、島根県が81.2%で41番目、山口県が79.7%で44番目となっていて、いずれも全国平均を下回った。

総務省消防庁は「子どもが使う学校などとあわせて、災害時の救助を担う消防署なども耐震化を急いでほしい」としている。(NHK広島)

慰安婦問題で岸田文雄外相の対応にTwitter大炎上!

12月28日、岸田文雄外相と韓国の尹(ユン)炳世(ビョンセ)外相がソウルで、慰安婦問題について会談し、「最終的かつ不可逆的に解決される」との認識で合意し、元慰安婦を支援する事業のため韓国政府が財団を設立し、日本政府が予算10億円程度を一括拠出することになった。この結果ついて、Twitterでは批判の嵐となり大炎上となった。























































































































































































慰安婦問題で政府の関与認める!広島の閣僚がまたしても謝罪させられる!

忌まわしい謝罪外交が、またしても広島の閣僚によってなされた。1992年には日韓首脳会談で広島選出の宮澤首相によって8回も謝罪したことは有名だ。そしてまたしても岸田外相と安倍首相コンビによって謝罪した。どうやら被爆地広島なら平和のためには何でもするという認識を与えているようだ。「恨の文化」を持つといわれる相手国に何度謝罪していくのだろうか。


非難を浴びる朝日新聞の慰安婦報道と宮澤政権下の河野談話


12月28日、日韓両国間の大きな懸案となっていた、いわゆる従軍慰安婦問題について両政府の協議が合意したという。日韓外相の共同記者発表によると、日本政府は同問題への旧日本軍の関与を認め、「責任を痛感」するとともに、安倍晋三首相が「心からおわびと反省の気持ち」を表明。元慰安婦支援のため、韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で10億円程度の資金を一括拠出する。

岸田外相(広島1区)と尹炳世韓国外相がソウルの韓国外務省で会談し合意に達した。会談後の共同記者発表で、岸田氏は慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。今後、国連など国際社会で、本問題について互いに非難、批判することを控える」と表明。尹氏も合意事項の履行を前提に、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と述べた。

また、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像について、尹氏は元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」を念頭に、「可能な対応方法に対し、関連団体との協議などを通じて適切に解決されるよう努力する」と述べた。

合意を受けて岸田氏は「これをもって日韓関係が新時代に入ることを確信している」と強調。尹氏も「韓日両国が新しい心でもって新しい韓日関係を切り開いていけることを期待する」と語った。

元慰安婦の請求権を含む法的問題について、日本政府は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」との立場。岸田氏はこうした日本政府の立場について「従来と変わらない」と記者団に語った。 (時事)



慰安婦問題 岸田外相


岸田外相 パククネ



日韓首脳が電話会談 おわび表明「筆舌に尽くしがたい苦しみ」

安倍首相が電話会談で言った「筆舌に尽くしがたい苦しみ」という表現は1992年に訪韓した宮澤元首相も使った言葉だ。今となっては軽い言葉に聞こえるが、年末ということもあり、適当に言葉を探してきたのだろう。

12月28日夕方、安倍総理大臣は日韓外相会談を受けて、韓国のパク・クネ大統領と、およそ15分間、電話で会談した。この中で、安倍総理大臣は「元慰安婦の方々の筆舌に尽くしがたい苦しみを思うと心が痛む。日本国の内閣総理大臣として、改めて、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒やし難い傷を負われたすべての方々に、心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べた。

そのうえで、安倍総理大臣は「慰安婦問題を含め、日韓間の財産・請求権の問題は、1965年の日韓請求権協定で最終的かつ完全に解決済みであるとの、わが国の立場に変わりはないが、今回の合意により、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを歓迎したい」と述べた。

これに対し、パク大統領は「両国の最終合意がなされてよかった。日韓50周年の今年中に合意ができたことには大きな意味がある。慰安婦被害者たちの名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす機会にしていかなければならない」と述べた。そのうえで、パク大統領は「すでに合意したように、慰安婦被害者の名誉と尊厳と心の傷を癒やす事業が実施されれば、この問題が再び議論されることはない。この合意が日韓関係を安定的に発展させるための歴史的契機にしたい。来年からは、より未来志向の関係としたい」と述べ、今回の合意を歴史的契機として日韓関係の改善を確かなものとしていくことを確認した。(NHK)


韓国の元慰安婦、日韓外相会談の結果に強い不満「われわれの訴えはすべて無視された」

12月28日、韓国・聯合ニュースによると、岸田文雄外相と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が同日ソウルで会談し、旧日本軍の従軍慰安婦問題の決着で合意したことについて、元慰安婦の李栄洙さんは「(われわれの訴えは)すべて無視された」と強い不満を示した。環球時報が伝えた。

李さんは元慰安婦女性の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」事務所で記者会見し、「会談の結果は被害者を考慮していない」と強調。「日本政府は補償金ではなく、法律に準じた賠償をすべきだ」と繰り返し述べた。

SEALDsが刻んだ言葉って何だ?

12月27日、BS-TBSの週刊報道で「SEALDsが刻んだ言葉」が放送された。「民主主義って何だ?」と国会前で訴えるSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)の前身はSASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)として活動していた。

SEALDsを初めて知ったのが7月21日の報道ステーションだったが、その後もマスコミ各社がこの学生団体を取り上げた。9月には心配な奥田愛基への殺害予告もあり、ネットでは心配過剰なサイトも現れていった。

http://lite-ra.com/2015/09/post-1537.html

しかし、3カ月経っても何も起こらなかった。そればかりか奥田愛基は流行語大賞へ出席した。それでも何も起こらなかった。


SEALDs 奥田愛基





SEALDsの奥田がデモのやり方を教わったのが作家で明治学院大学教授の高橋源一郎氏(広島県尾道市出身)で、同大学でゼミ生だった。「奥田君が教員室に来てデモをやるから後で話してくれないかと言われた」と高橋氏が言った。

高橋氏は「1969年11月に400人を前に挨拶したが、全員逮捕された。結局、僕たちはうまくできませんでした。それをもっと別な正確な言葉にする技術がなかった。あの時は個人の言葉がなかった」と言った。

番組で松原キャスターは「2日前にSEALDsのメンバーと会ってきた。最初、デモのやり方が分からなったからネットで『デモ』と検索すると、『在特会』が出てきて、デモとはヘイトスピーチをすることなのか」と言っていた。

SASPLはラップ調のリズムに合わせてスピーチの練習を行いデモ活動を繰り広げたが、2014年12月10日、特定秘密保護法施行されると間もなく解散した。

2015年5月3日、SASPLを解散させたメンバーはSEALDsを立ち上げ、国会前で安保法案の反対を訴えたが、9月19日、安全保障関連法が成立した。彼らの訴えは「選挙に行こうよ」という声に変わった。

番組では、SEALDsは暴力によらない新しいスタイルで好感があり、多くの人が賛同した等とと解説していたが、彼らの生活実態や資金源、政党との関わりや暴言については一切、触れなかった。

SEALDsが刻んだ言葉について考えたとき、一般労働社会ではほとんど意味をなさない。特定秘密保護法については、国家機密情報を安易に公開すべきでないのは当然なことで、これに反対するのはマスコミやジャーナリストだけだ。安保法制についても、日本の防衛のための法律は穴だらけだったから、切れ目ない法整備は必至だった。結局、SEALDsの言動については賛同する人々もいたが、批判的な人々も多く現れた。彼らのやり方は駄目とは言わないが、正しくなかった。



SASPL.jpg


奥田愛基 オークダーキTwitter
https://twitter.com/aki21st

いせとうりTwitter
https://twitter.com/bbbyx8nh

あいねTwitter
https://twitter.com/szk_320

小紅Twitter(アカウント凍結中)
https://twitter.com/HoneyB_Lips

李信恵Twitter
https://twitter.com/rinda0818

松田オーナー「情けない」と激を飛ばす

松田元(はじめ)オーナー(64)が球団の仕事納めとなった12月26日、広島カープが4位に終わった今季を振り返り、来季の25年ぶり優勝を厳命したという。

広島の街が、かつてないほどの熱気に包まれた1年だった。黒田がメジャーから8年ぶりに“男気復帰”。エース・前田健や打線の柱・菊池、丸の存在。新井の古巣復帰など充実した戦力で開幕前は優勝候補に挙げられた。注目度に期待感も手伝い、主催試合の観客動員は球団史上最高の211万266人を記録した。しかしチーム成績は最終戦で3年連続CS進出を逃しての4位に終わった。

 「たくさんのお客さんに来てもらいながら、それだけの人を失望させてしまい、情けない思いがある」

来季、優勝を逃せば、25年間優勝から遠ざかることとなり、1950年の球団創設から、初優勝した75年までの“最長ブランク”に並ぶ。「いつひっくり返されるか分からないという、相手に怖さを与えるチームになってほしい。ぶっちぎりで優勝してほしい」と厳命した。

地域への最大の貢献は優勝に他ならない。今年はバレーボール・Vプレミアリーグ男子でJTサンダーズが初優勝を成し遂げ、サッカーのJリーグではサンフレッチェ広島が年間王者に。全国高校駅伝競走大会では世羅が男女同時優勝を果たした。「広島は輝かしい成績を残しているのに取り残されている。今度はウチが広島を引っ張って、皆さんに楽しい思いを提供したい」と25年ぶりVへの意気込みを示した。(スポニチ)


松田オーナー