月・日別2015年11月 1/4

カープ黒田投手 来季は難しい?→ やる!

11月30日、広島の黒田博樹投手(40)が、都内で開かれた日本プロ野球選手会事務局長で、松原徹氏を「偲ぶ会」に出席。来季去就に関して「難しいですね」と、心中を吐露したという。「今年に入る前に、野球人生最高のモチベーションで(広島に)帰ってきた。最後のつもりで、今まで以上の覚悟でやってきた。なかなか、それを超えるモチベーションを探すのが難しい」と語った。(デイリースポーツ)人生最高のモチベーションで広島カ...

  •  0
  •  0

大音量で音楽などを聞きながら車・バイク・自転車を運転すると違反・罰金

12月1日から、道路交通法の一部改正により、ヘッドホンなどで大音量の音楽を聞きながら、自転車を含む車両を運転することが禁止になるという。理由は大音量で鳴らしていると、緊急車両のサイレンや通行車両のクラクション、警察官の指示などが聞こえず、さらに車などが接近したことにも気付かず、事故になりやすいからだという。確かに車内で大音量で音楽を鳴らしながら走っている光景を見かけるが、バイクでも大音量で音楽を鳴ら...

  •  0
  •  0

中国経済減速の影響がある広島の企業が3割

中国経済の減速が国内の景気に与える影響が懸念されているという。広島県内の企業のおよそ3割がマイナスの影響があると考えていることが、民間の調査機関「ひろぎん経済研究所」の調査で分かった。調査内容は10月、広島県内の企業3000社の経営者を対象にアンケート調査を行い、637社から回答を得たというもの。このなかで、中国経済の減速によるマイナスの影響があるか尋ねたところ、「特に影響はない」が72.3%だった一方で、「大...

  •  1
  •  0

原爆体験記をウェブ発信する広島市はアクセスはあるのか

一般的に原爆による被爆体験記をつづった本を読む人など、この日本でもほとんどいないだろう。なぜなら体験記を読んでも、実生活において何の役にも立たないからだ。ましてや日本の労働者は、今日、明日の仕事に追われているから被爆体験記なんか、どうでもよくなる。それに地元新聞では毎日のように被爆者ネタで紙面を飾る。さらに被爆体験につかり過ぎるとセンチメントが心を支配し、その結果、闘争心が無くなり競争社会に負けて...

  •  0
  •  0

核のごみ最終処分地21道府県拒否、選ばれることは不幸なことか

原発から排出された核のゴミの最終処分地が決まらない。本来は原発を計画する段階から決めておくのが普通だと思うが、そんな状況の中で原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定をめぐり、13道府県が候補地に選ばれても、一切受け入れる考えがなく、8道県も受け入れに否定的で、全体の半数に近い21道府県が事実上拒否の姿勢を示したことが11月28日分かったという。「検討する段階にない」など方針を...

  •  0
  •  0

義理と人情がなくなった今の広島暴力団

地方の暴力団も格差社会待っただ中のようだ。共政会会長の守屋受刑者が2017年に刑期を終えて出所するが、トップが戻った組織がどう変わるのか。跡目争いも懸念されるが、広島の暴力団組織である共政会はこれからどうなるのか。広島県警が共政会会長の守屋輯受刑者(72)を、解体業者に対する恐喝容疑で逮捕したのは2004年6月のこと。この事件摘発で解体業者からの上納システムがあぶり出された。03年に始まり、不当介入を受けた建...

  •  1
  •  0

イラク外相「原爆投下はドラマや読み物の出来事ではなかった」

11月26日、イラクのイブラヒム・ジャファリ外相(68)が、中区の平和記念公園を訪れ、原爆資料館で被爆遺品などを見学したという。ジャファリ外相は「原爆投下はドラマや読み物のできごとではなく、真実なのだと実感できた。世界の多くの国民が広島を訪れるべきだ」と語ったという。広島市によると、外務省の招きで来日したジャファリ外相は「平和について学びたい」と要望し、広島訪問が実現した。イラク外相の来広は2009年以来2...

  •  0
  •  0

広島県内の政治資金は自民・公明・民主が増、共産・社民・生活山本が減

広島県内の政党支部や政治団体が2014年の1年間に集めた政治資金の総額は、およそ25億4000万円で、一昨年より9000万円あまり減った。広島県選挙管理委員会のまとめによると、県内の政党支部や政治団体のうち、10月末までに「政治資金収支報告書」を提出した1055の団体が2014年の1年間に集めた政治資金の総額は25億3947万円だった。これは一昨年よりも9485万円、率にして3.6%減った。政党別では、自民党が9億8304万円と最も多く、...

  •  0
  •  0

SEALDsKANSAIと社民党が松江で安保関連法反対集会

大阪といえば「あほやねん」「ばかやねん」「何いうてんねん」などという言葉が日常的に交わされ、大阪の何処を歩いていても、すれ違いざまに聞こえてくる会話だ、と思うかも知れないが、実際はそんなことはない。ごく一部の空間で交わされているだけだ。そしてエスカレーターでは人は右側に並び、急ぐ人は左側を歩くのだ。そんな大阪で、久々にあの反原発・反安倍集団のSEALDsKANSAIの宣伝が新聞に出ていた。県内の大学教員らの2...

  •  0
  •  0

無免許で救急車を運転していた東広島市消防士

東広島市消防局の消防士が、違反で運転免許を取り消されていたにもかかわらず、職場に報告しないまま、およそ3カ月にわたり無免許で救急車を運転していたという。無免許で救急車を運転していたのは、東広島市消防局東広島消防署に勤務する22歳の男性消防士。男性消防士は非番だった11月22日、福山市西町で車を運転中に一方通行を逆走したところ、警察官に職務質問された。その際、無免許で車を運転していたことが発覚した。...

  •  0
  •  0