月・日別2015年09月 1/5

「総合福祉サービススマイル」が介護報酬不正請求で指定取り消し

広島市で訪問介護などを行う事業者が、実際にはサービスを行っていないにも関わらず、1800件あまりの介護報酬を不正に請求していたという。広島市はこの事業者におよそ650万円の返還を求めるとともに、介護の事業者としての指定を取り消した。指定取り消しの処分を受けたのは広島市西区にある、「有限会社スマイル」が運営する「総合福祉サービススマイル」。広島市によると、この事業者は去年10月までの2年あまりの間に、実際には...

  •  4
  •  0

広島土石流「警戒区域」の85%以上が「特別警戒区域」になる模様

2014年8月の広島市の土砂災害を受けて、広島県が基準を見直して土石流の警戒が必要な区域について再検討を行ったところ、従来の基準で指定した「警戒区域」の85パーセント以上で、より危険性が高い「特別警戒区域」に該当するおそれがあるという。土石流の警戒が必要な区域については、都道府県が「警戒区域」や危険性が著しく高い「特別警戒区域」に指定しており、去年8月の広島市の土砂災害では、「特別警戒区域」だけでなく、広...

  •  0
  •  0

元日歯連副理事長が2013年参院選で石井みどり氏陣営を手伝う職員に250万円渡す

政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)をめぐる政治資金規正法違反事件に絡み、2013年7月の参院選前後に自民党の石井みどり参院議員陣営の出納責任者だった元日歯連副理事長が、選挙運動を手伝った日歯連職員1人に少なくとも250万円を渡していたという。公選法は、選挙運動員への報酬の支払いを原則として禁じている。東京地検特捜部もこうした支出を確認しており、公選法違反(買収)の疑いもあるとして捜査しているとみられる...

  •  0
  •  0

広島弁護士会館で落選運動を画策

9月26日、安全保障関連法について廃止を求める市民団体が中区の広島弁護士会館で集会を開いた。約100人が参加し、廃止に向けて意見を出し合ったという。集会は市民団体「ストップ!戦争法 ヒロシマ実行委員会」が主催。実行委はこれまでデモなどを実施してきたが、同法の成立を受けて今後の活動内容を考えるため集会を開いた。集会では参加者たちが次々とマイクを握り、法案に賛成した議員に対する「落選運動」や、デモ行進のあり...

  •  0
  •  0

NHK受信料を全世帯から徴収義務化を自民党が提言

自民党がまた、つまらない悪法を作ろうとしている。それはテレビを所有していなくても、受信料を強制的に徴収しようとするもので、マイナンバー制度と絡めて税金を吸い上げようというのだ。自民党情報通信戦略調査会放送法の改正に関する小委員会(委員長=佐藤勉・衆院国対委員長)は9月24日、NHKや総務省に対し、NHKの受信契約の有無に関わらず受信料を徴収する「支払い義務化」を求める提言をまとめた。委員会は、不払い...

  •  0
  •  0

「朝まで生テレビ」SEALDsが来年の参院選で解散

9月26日、SEALDsのメンバー2人が「朝まで生テレビ」に出演していたが、印象としてはいい子を演じていたようだった。そして来年(2016年)の参院選で解散すると、SEALDs創設メンバーの奥田愛基と諏訪原健が語った。番組内では、民主主義や安保関連法制について相変わらず入り乱れて議論していたが、面白い発言もあった。一つは、ケントギルバート氏が「憲法で日本は平和と安全を守り保持する、と言いながら、憲法9条で戦力を保持し...

  •  0
  •  0

川島なお美さんが許せなかった広島ドッグパーク問題

9月24日、胆管がんを公表して治療を続けていた女優の川島なお美さんが東京都内の病院で亡くなり、54歳の生涯を閉じた。川島さんはペット愛好家だったようで、広島ドッグパークが2005年に閉園したが、翌年の2006年に3度、ボランティアとして広島ドッグパークを訪れていた。そしてそこには、あの大阪のアークエンジェルズの林代表もいた。川島さんの当時のブログの中で、「前の悪徳業者が、ここに餓死していった犬たちを埋めました」...

  •  0
  •  0

整備不良の車を貸し出して男性が死亡

広島市東区の自動車整備などを行う会社から貸し出された代車に乗っていた、当時30歳の男性が2014年9月に一酸化炭素中毒により死亡したのは、代車が整備不良の状態にあることを知りながら貸し出したことが原因だとして、警察は会社の専務や販売部長らを業務上過失致死の疑いで書類送検した。2014年9月24日、広島市安佐北区の中国自動車道のサービスエリアで、当時30歳の男性が軽乗用車の車内で休憩中、一酸化炭素中毒により死亡した...

  •  0
  •  0

安保関連法成立後のマスコミ各社の世論調査の疑問

安全保障関連法が9月19日未明に成立したことを受けて、新聞各社やテレビ局が早速、19日から20日にかけて世論調査を行った。マスコミ各社の質問の仕方には微妙な違いがあるが、その数値を下記の表にまとめてみた。質問内容については、各社とも似たような数値になっているが、質問の仕方で数値が大きく変わっている。安全保障関連法で理解度が極端に低い理由について、「十分説明してきましたか」とか、「十分理解できましたか」と...

  •  0
  •  0

広島で就活していた山口組系元組員

広島県警や暴力追放県民会議などでつくる県暴力団離脱者社会復帰対策協議会には、離脱や就職を望む組員を保護し、企業を紹介する制度がある。県対策協が企業紹介を強化する背景には、近年、組員の離脱者が目立っていることや、離脱後に職に就けず、犯罪に走りがちな実情もあるという。広島市内の住宅解体現場で、かつて指定暴力団山口組系の組織に属していた男性(33)がヘルメット姿で作業に汗を流す。週4~6日の勤務を始めて約1...

  •  0
  •  0