「かき船」の移転先にイコモスがクレーム

広島市中心部の川で、かき料理を提供する「かき船」を、原爆ドームの近くに移転することについて、世界遺産の保護に携わるNGOの「日本イコモス国内委員会」は広島市に対し、「鎮魂と平和への祈念のエリアとして認識されるべきだ」と懸念を表明した。広島市中区の元安川でかき料理を提供する「かなわ」は、川を管理する国から、台風などの際の治水上の問題を指摘されて移転を求められたため、原爆ドームから南におよそ200メートルの地点に移転することにしている。

これについて世界遺産の保護に携わるNGO・「イコモス」の国内組織、「日本イコモス国内委員会」は、移転の手続きを進めた広島市から1月13日に聞き取りを行ったうえで、広島市に対し移転への懸念を表明する文書を提出した。この中で、イコモスは、原爆ドーム周辺のエリアについて「鎮魂と平和への祈念のエリアとして認識されるべきだ」としたうえで、移転については「もっと多くの市民や被爆者を交えての徹底的な議論が必要だ」としている。

「日本イコモス国内委員会」が懸念を表明したことについて、広島市経済観光局の谷本睦志局長は、「移転については有識者や市民団体などでつくる協議会の承認を得るという手続きを経て、国からの許可が出ている。今後、文化庁とよく相談しながら、イコモスや地元団体などに理解を得られるよう説明を尽くしていきたい」というコメントした。(NHK広島)


「かき船」移転予定先
広島市06


「かき船」がダメならこれもダメだろ?
広島市01


動く乗物はいいのか?
広島市02


鎮魂の場所で船のモーター音も変だと言うことか?
広島市08


これは違うな
広島市03


あった、これだ。
広島市07


ついでに広島市のミズクラゲ
広島市・ミズクラゲ

広島市立庚午小学校で教室の天井の一部が落下

1月26日、広島市の小学校で掃除の時間に、教室の天井の一部が落下していたことが分かった。児童にけがはなかったが、広島市教育委員会では、児童や生徒の安全を確保するため、各校に天井の点検を行うよう指示した。教室の天井の一部が落下したのは、広島市西区の市立庚午小学校。広島市教育委員会によると、この小学校の4階にある6年生の教室で、1月26日午後、天井から45センチ四方のパネルが落下したという。パネルの重さは800グラムあり、教室では当時、掃除が行われていて数人の児童がいたが、けがはなかったという。市教育委員会によると、天井のパネルの留め具が緩んでいたということで、留め具の緩みが落下につながったとしている。(NHK広島)

教室・落下物

マルナカによる朝鮮総連転売問題は企業の信用問題

朝鮮総連中央本部の土地建物を強制競売で落札した「マルナカホールディングス」が、山形県酒田市の不動産会社(資本金300万円)と約44億円で転売する契約を結んだという。契約日は1月28日付で、すでに代金も支払われたという。法務局への所有権移転登記の手続きも進められているという。そして、酒田市の不動産会社は中央本部を取得後、総連側に賃貸するとみられ、総連側の立ち退きは回避されるという。

この「マルナカ」(山陽マルナカだったかも知れない)については、広島市内でスーパーを出店させるために、開発担当者と会ったことがあるから、朝鮮総連の売却の成り行きについては気になっていた。当時の担当者は年配だったが、仕事の進み具合が芳しくないと、「早くしろよ~!」と、すぐに命令口調になる男だった。この男とは、数回会って挨拶した程度だったのだが、これがマルナカの企業体質の表れだと思っていた。

仲介業者は、マルナカ前社長と親しい山内俊夫元参院議員(香川県出身)が経営する会社が行い、転売先の不動産会社は山形県酒田市の小さな不動産会社「グリーンフォーリスト」だという。この酒田市の会社は朝鮮総連を日本で活動させるための第一歩として、ダミー会社として使われたことには間違いないだろうが、問題は、44億円という大金を、どこからどのようにして資金調達したのかであるが、不透明感がぬぐいきれない。予想だが、いずれグリーンフォーレストから、またどこかに転売されるだろう。もしかしたら、その先は朝鮮総連かもしれない。

山内氏の会社だけが仲介したとすると、仲介手数料は2億6400万円にもなる。この件で、マルナカホールディングスは、企業の評判と信用を落とすことになる。今の時代は、少しでも悪い情報は一気に日本全国を駆け巡る。

全国初、暴力団事務所使用差し止め住民代表訴訟和解成立

暴力団の追放を目指す団体が、住民に代わって暴力団事務所の使用差し止めを求めていた裁判で、今後、暴力団が事務所を使用しないことで和解が成立した。広島市中区にあるマンションは、9年前から指定暴力団共政会・有木組が使用するようになったため、地元の町内会が過去2回にわたって使用差し止めを求めていた。しかし、有木組は、そのたびに退去と再使用を繰り返してきた。このため、「暴力追放広島県民会議」は、一昨年導入された、住民に代わって使用差し止めを求めることができる「代理訴訟制度」を利用して、去年2月に全国で初めて提訴していた。その後、有木組が退去したことが確認され、今後、この建物を事務所として使用しないという約束を和解条項に盛り込み、広島地裁で、和解が成立した。広島県民会議は和解について「同じ問題を抱えている地域の先例になってほしい」と話している。(TSS)

広島平和公園の花壇の葉ボタン65株が抜かれる

1月27日朝、平和公園の南側にある花壇の葉ボタン65株が抜かれているのが見つかった。27日午前6時ごろ、別の通報で平和公園周辺に駆けつけた警察官が、噴水近くの花壇が荒らされているのを発見した。広島市によると、抜かれていたのは去年11月に植えられていた花壇の葉ボタン65株で、数字の「15」と読み取れる形で散乱していたという。花壇を管理している業者は「なんで・・わからんこんなことをするんか。」と落胆していたという。警備員が27日午前4時ごろ巡回した時には異常がなかったという。警察は器物損壊の疑いで捜査している。(HOME)


平和公園花壇

平和公園街灯


平和公園荒らした中学生5人を逮捕 「15」は誕生祝い
3月4日、広島市の平和公園で、花壇に植えてあった葉ボタンが引き抜かれ、数字の「15」の形に並べられていた事件で、警察は中学生の少年らを逮捕した。少年らは「仲間の15歳の誕生日を祝って並べた」と話しているという。逮捕されたのは、広島市などに住む中学生で、14歳から15歳の男女5人。警察によると、少年らは1月27日・未明に、広島市中区にある原爆資料館・南側の花壇で、およそ65株の葉ボタンを引き抜き、数字の「15」の形に並べた。その後、少年らのうち2人が近くの歩道に設置されていた街灯3基にコンクリート片を投げて壊した疑い。警察は、周辺の防犯カメラ映像などから少年らを特定。調べに対し、少年らは容疑を認めていて、「仲間のひとりが、15歳の誕生日だったので祝って並べた」と話した。(TSS)

塩村都議が「TVタックル」出演・ストレスハゲ改善か?

「ビートたけしのTVタックル」に、塩村都議が出演していた。隣には東国原元宮崎県知事がいた。内容は東京都内にゴミ箱が少ないとか、愛犬家のマナーが悪いとか犬ハラスメントが多いとか、そんな内容をゲストが答えていたようだ。「TVタックル」もいよいよつまらない番組になってしまったのか、以前のような迫力ある面白さがなくなった。放送倫理基準が厳しくなったのかもしれない。

塩村都議は、いずれ国政に出る道と、ダメだった場合は、またTV業界に転職という道を模索しているのだろうか。都議がテレビのバラエティ番組に出演するという話は、あまり聞かない。広島なら、広島県議や広島市議が、バラエティ番組に出るようなものか。

ところで、塩村都議は、昨年末に「有吉ジャポン」に出演し、ストレスハゲの兆候があるように思えたのだが、今回は、少し髪型を変えて、目立たなくしている。もしかしたら、改善したのかもしれない。ストレスによる薄毛は嫌なものだ。とにかく、睡眠時間の確保と栄養を摂取し、この格差社会でも楽天的に生きたいものだ。


東国原・塩村

塩村文夏都議

広島県民は悩みやストレスが多く、困っている人を手助けする?「びっくり都道府県ランキング」

週刊現代で、「オモシロ都道府県データ集」が特集で組まれていた。記事の監修は、ディグラム・ラボ代表の木原氏。この会社は、膨大な心理学調査をもとに県民性を分析するのだそうだ。この会社の調査力や信憑性については、さておいて、特集では、トータルで33項目のカテゴリーがあり、それぞれ1位から5位までと、43位から47位まで、ベスト5とワースト5という内容でランキングが掲載されている。その中で広島県の調査結果が一部出ていた。

広島県は、33項目のなかで31項目については、ベスト5にもワースト5にも入っていないので、残り2項目について見てみると、なんと信じられないような、驚愕するようなことが出ていたのだ。


【悩みやストレスのある人が少ない】
1位:沖縄県 37.2%
2位:茨城県 37.8%
2位:鹿児島県 37.8%
4位:長崎県 38.0%
5位:福井県 38.1%

42位:東京都・山口県 42.8%
44位:香川県 43.0%
45位:兵庫県 43.1%
46位:大阪府 43.2%
47位:広島県 43.2%
(厚労省調査、2007年)


【困っている人を手助けする人が多い】
1位:宮城県 52.6%
2位:広島県 49.8%
3位:島根県 49.1%
4位:沖縄県 48.9%
5位:長崎県 48.3%

43位:愛知県 41.3%
44位:佐賀県 41.3%
45位:高知県 40.9%
46位:山形県 36.6%
47位:富山県 35.2%
(ディグラム・ラボ調べ)

不法就労の疑いで呉市の運送会社「ムロオ」を家宅捜索

就労資格のない中国人を不法に働かせていた疑いで、広島県警は呉市の運送会社を家宅捜索しているという。入管法違反の疑いで捜索を受けているのは、呉市中央の運送会社「ムロオ」。県警は、1月26日朝、就労資格がない技能実習生の中国人女性2人を、去年3月から4カ月の間雇っていた疑いで、ムロオ埼玉支店で働く40代の男を逮捕した。また、ムロオに技能実習生を派遣した埼玉県の男(40代)も逮捕したという。県警によると本来働くべき会社から失踪した中国人技能実習生の捜査をするなかで事件が発覚したという。県警は、ムロオの社員の男がこのほかにも資格のない中国人、数人を雇っていた可能性もあるとみて調べている。(HOME)

ムロオ

広島県産を山本圭壱にPRさせると売れるか?

極楽とんぼ・山本圭壱が、にわかに芸能界からお呼びがかかっている。「ダウンタウン」の松本人志は「ワイドナショー」で山本圭壱を擁護していた。批判も多いのだが、思うに、広島県が今年、PRすべき人物は、山本圭壱だろう。「ひろしま」のPR戦略といえば、「おしい広島」や「泣ける広島」、湯崎知事の「イクメン」や「イクボス」など、B級自虐ネタ街道まっしぐらで好評だ。

山本圭壱は、先日ライブを行って集客できたくらいだから、テレビに出演できなくても、どこかのライブハウスで漫才をやれば、物珍しさで人は集まるものだ。そして協力してくれる仲間もいる。

山本圭壱にとっては今が旬だということも考えると、東京・銀座にある広島県のアンテナショップ「TAU」でB級漫才ディナーショーでもやれば、野次馬や報道陣も来るから、入場料が1人3万円でも即完売だろう。かつて「B&B」の島田洋氏七が漫才のネタで「もみじ饅頭」を披露していたが、同じように山本圭壱にネタがないなら、広島県産のものをネタに扱ったらいいだろう。この効果は回り回って地方創生にも寄与することができる。但し、うまくやらないと客が引いてしまい、売れなくなってしまうから要注意だ。ネタが尽きて漫才が出来なくなるようだったら、広島県と組んでPR戦略がうってつけだ。

広島県はどう考えるだろうか。確かに被爆立地というナイーブなカテゴリーを持つ行政の立場からすると難しいが、今の湯崎知事なら出来るかもしれない。過去の淫行事件については、わいせつと犯罪都市に寛容な広島県民性が「もうせやーないで」と後押ししてくれるだろう。店で売れなくてくすぶっている広島県産の商品がバカ売れ間違いなしだ。

山本圭壱 おしい

広島県内のデパートの売り上げが1.6%減少

去年1年間の広島県内のデパートの売り上げは、4月の消費税率引き上げ以降、個人消費の落ち込みが続いたことから、前の年に比べて1.6%減少した。中国四国百貨店協会のまとめによると、広島県内のデパート8店舗の2014年の1年間の売り上げは1338億4342万円で、前の年に比べて22億円余り(1.6%)減少した。商品別では、全体の売り上げの3割を占める「衣料品」が2%の減少、全体の3割近くを占める「食料品」が2.5%の減少などと主力の分野で落ち込みが目立っている。 また、去年12月の1ヵ月間の売り上げは158億6990万円と、大雪や衆議院議員選挙の影響で前の年の同じ月に比べて1.9%の減少となっていて、去年4月の消費税率引き上げ以降、9ヵ月連続で前の年を下回った。中国四国百貨店協会は、「消費増税後、消費の落ち込みが続き、苦戦している。ただ、化粧品など一部の商品では売り上げが前の年を上回ったものもあり、引き続き、販売回復に努めていきたい」と話している。 (NHK広島)