韓国朴槿恵大統領の危険な末路~1度あることは2度ある

11月28日、韓国大統領府の秘書官ら8人が、朴槿恵大統領の元側近の男性による国政への介入を報じた韓国紙、世界日報の記者ら6人を名誉毀損の疑いで捜査当局に告訴したという。朴政権では政府関係者らによるメディアの民事提訴や刑事告訴などが相次いでいるようだ。

広島と韓国の関係については、「広島平和記念資料館」のホームページに分かりやすく書かれていたから、そこから要約してみたい。

「明治維新以後、朝鮮支配を進めた日本は、1910年(明治43)年の日韓併合により朝鮮を植民地としたため、生活基盤を失った多くの人々は職を求め、日本に渡らざるを得なかった。また、戦時中の労働力不足を補うため、強制連行や徴用によって多くの朝鮮人が日本で働かされ、敗戦時、日本には約300万人の朝鮮人がいたといわれており、当時の広島市内での原爆による犠牲者は、数万人の朝鮮人がいて被爆したといわれている」 とある。

広島県内の在韓・北朝鮮人口は約1万人(2010年総務省)となっており、日本全国では、人口1万人当たりで計算すると37人で全国11位である。1位は大阪となっている。韓国とは(韓国に限らず)、平和行政を主体とした文化交流は盛んで、海の向こうの本土とは様相がかなり違うのもうなずける。

気になるのが、朴槿恵大統領と側近たちによる強権的なマスコミへの排除姿勢だ。それは2006年5月20日、遊説中だった最大野党ハンナラ党の朴槿恵代表が、50歳くらいの男2人に襲われ、カッターで顔を切りつけられ、重傷を負った事件だ。

朴槿恵政権が、言論弾圧をやればやるほど、韓国内の不満分子が爆発し、日本では起こり得ないことがまた起きることになる。韓国人の素行や歴代の韓国大統領の末路をみれば一目瞭然だ。


パククネ

産経ソウル支局長の車に生たまご投げつけたサルまね韓国、広島市は韓国人を立ち入り禁止にせよ

たまごを投げつけるという悪ガキそのものの文化を持つ韓国。日本人は今回の問題を忘れないようにしたい。韓国は近くて遠い国と言われるが、日本は景気・雇用問題はあるものの、韓国の手をさほど借りなくても依然として平穏無事だ。但し、産経新聞のソウル支局長が未だ韓国に監禁されている。

韓国の朴槿恵大統領の私生活に関するうわさを報じたコラムで情報通信網法の名誉毀損きそん罪に問われた産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(48)の公判が11月27日午前、ソウル中央地裁で始まり、電子版の記事掲載から約4カ月間、出国を禁止されている。

加藤氏は法廷で「誹謗ひぼうする意図はなかった」と起訴事実を全面的に否認し、争う姿勢を鮮明にした。

傍聴席約30席の小さな法廷は立ち見を含めて約70人で埋まり、保守団体のメンバーとみられる韓国人男性が「韓国国民に謝れ」などと大声で叫び、退廷させられる場面もあった。地裁周辺では、保守団体のメンバーが集まり、閉廷後、加藤氏が乗った車に生卵を投げつけた。

この問題で思い出すのが、2010年、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突し、中国漁船の船長を日本の検察が拘束したとき、中国は後に日本の民間人であるフジタの社員を拘束した。これが利いたのか、日本側は中国人船長を釈放し、中国側も社員を解放した。

今回の産経新聞ソウル支局長問題も同様に日本国内で韓国人を拘束したらどうか。日中韓首脳会談など2100年ごろに考えても遅くはない。あるいは、「広島平和記念公園・韓国人立ち入り禁止」なんていうのはどうだ。「平和を望まない韓国人はお断り」でもいい。広島市として発言・実行するとインパクトがありそうだ。

しかし、こんなサルまね韓国と広島は姉妹友好都市として提携しているのだ。広島の役割とは核廃絶仲間を増やすだけなのか。

【福山市】 浦項市(韓国・慶尚北道)1979年1月19日
【広島市】 大邱広域市(韓国)1997年5月2日
【呉市】 昌原市(韓国・慶尚南道)1999年10月12日
【三次市】 泗川市(韓国・慶尚南道)2001年5月24日

産経ソウル支局長

小4なりすまし問題で「最も卑劣な行為」安倍総理発言から見えてくる弱者のなりすまし

批判されにくい子供、弱者、被爆者、被災者によるなりすましが横行している現代社会。そんな中で支持率低迷状態の安倍総理が久々にヒットした。

11月25日、安倍晋三首相は、小学4年生になりすましたNPO法人代表理事(すでに辞任)の慶応大学学生が今回の衆院解散を疑問視するウェブサイトを開設した問題について「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為だと思います」とのコメントを、自身の交流サイト「フェイスブック」に書き込んだ、というもの。

この大学生については取るに足らない程度のことで、なぜ安倍総理が噛みついたのか分らないが、注目したいのが、この「批判されにくい子供になりすました」という言葉。これはまさに目からウロコだ。忘れかけていた真実を思い出させてくれたようだ。

批判されにくい抗議活動としてどんなものがあるのか。広島市では被爆者になりすました団体による抗議活動、福島県では被災者になりすました抗議団体、生活弱者になりすました西日本ではびこる某同盟。近代日本は「総なりすまし時代」に突入しているのか。

ここで、福島の人間について書いてみたい。本来は東日本大震災の3.11以前に書こうと思ったが、その機会がなかった。3.11以降、被災地として認識されている福島県の事を批判をする人間はいないだろうが、ここであえて批判しよう。

過去、3人の福島県出身の人間と仕事をしたことがある。いずれも50代だったが、総じてコミュニケーション能力は平均以下だった。男2人は相馬あたりの出身だと聞いたが、もう一人の女性経営者は内陸部出身だと言った。特に問題なのがこの経営者だが、最初はいい事ばかり言って格好付けて言うが、期日に金を払えないと分かると、言い訳ばかりして開き直るのだ。腹黒いその性格は醜いとしか言いようがない。会社のホームページでは、震災直後、被災地に出向き、被災者たちに寄り添う姿が出ているが、偽善ぶっているようで違和感があるのだが。

ところでセクハラ問題で話題となった某都議は、ペットをネタに殺処分問題に懸命に取り組んでいるようだ。ペットも弱者のカテゴリに含まれ、これを題材にすることは、何をしていいのかわからない議員にとっては、取り組みやすいビギナーズネタと言える。

群馬の「下仁田ネギ」議員は、子育てという弱者カテゴリを利用して税金を好き勝手に使いまくった。

電車などでは、身に覚えのない痴漢容疑をかけられたことによって、仕事を失い、家庭までも破壊してしまう社会の弱者?といわれる女たち。

福島原発の被災者たちと、同県出身者の3人。広島の高齢被爆者たちと身勝手で短絡的な広島のあの連中どもが脳裏で重なり合う。奇怪な世の中だ。

しつもんです

サンプロモーションが佐村河内氏を提訴

「全聾(ぜんろう)の作曲家」として活動していた佐村河内守氏が楽曲を別人に作らせていたことが発覚し、公演が中止に追い込まれたとして、大阪市の企画会社「サモンプロモーション」が佐村河内氏に約6千万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。11月25日に第1回口頭弁論があり、佐村河内氏側は請求棄却を求めた。佐村河内氏の代理人弁護士は「詳しい主張は今後の弁論でしていく」としている。

サンプロモーション側の代理人弁護士によると、佐村河内氏の代作問題をめぐる訴訟が起こされたのは初めて。訴状によると、サ社は昨年6月~今年2月に初めて佐村河内氏の全国ツアーを企画。その後も公演を予定していたが、2月2日、佐村河内氏から「償いきれないほどの裏切りをした」とするメールが届いた。数日後、週刊誌に代作疑惑の記事が載り、佐村河内氏の代理人弁護士も公表。サ社は5月10日までに東京や北海道、福岡などで開くことにしていた「HIROSHIMA」「ピアノ・ソナタ」の計14公演を取りやめ、販売済みチケットを払い戻したという。サ社側は訴状で「佐村河内氏が自ら作曲したと信じていた」と主張。公演中止で失った利益や広告費などの支払いを求めている。(朝日)

佐村河内守

広島市議の政務調査費の閲覧がやっと自由になる

11月19日、広島市議会の議会改革推進会議(代表・山田春男市議)は、市議や会派の政務活動費の使途を記した収支報告書の公開について、現在の運用を改め、市民が自由に閲覧できるようにすることで合意した。インターネット上での公開の可否については、次回以降に持ち越した。政務活動費をめぐっては、兵庫県議の架空の出張旅費が発覚するなど注目が高まっている。広島市議会では、市民が政務活動費を閲覧するには情報公開請求が必要と定めている。全国20の政令指定市の公開状況をまとめた議会事務局の資料によると、市民が収支報告書も領収書も自由に閲覧できないのは、広島市と浜松市だけだった。(朝日)

末期がん患者に処方の2倍のモルヒネ投与ミスで翌日死亡

11月18日、広島市立安佐市民病院(広島市安佐北区)は、末期がんの男性患者(75)に、処方の2倍量のモルヒネを約6時間にわたり投与するミスがあった、と発表した。男性は翌日に死亡した。病院側は遺族に謝罪したが、「致死量ではなく、ミスと死亡との因果関係はない」としている。病院によると、男性にはモルヒネ1日80ミリ・グラムと鎮静剤が処方され、11月5日から点滴で投与されていた。9日に鎮静剤の点滴が終わった際、看護師がモルヒネが切れたと勘違いし、鎮静剤ではなくモルヒネを投与。このため、約6時間後に別の看護師が気付くまで、投与量は2倍になっていたという。男性は10日午前に死亡。多幾山(たきやま)渉院長は「あってはならないことで、問題を検証して再発防止に努めたい」とのコメントを出した。(読売)

東広島市の鉄板落下事故は6400万円の損害賠償判決

一昨年、東広島市の国道で、トレーラーの荷台から落下した鉄板に当たって2人が死亡し、このうち1人の遺族が運転手と勤務先の会社に損害賠償を求めていた裁判で、広島地方裁判所は訴えの一部を認め、あわせて6400万円あまりを支払うよう命じた。一昨年、東広島市の国道で走行中の大型トレーラーの荷台から落下した鉄板に当たり、対向車の2人が死亡した。 このうちの1人の遺族3人は、トレーラーの運転手が落下防止の措置を怠った過失による事故だとして、運転手と勤務先の運送会社に対しあわせて1億円あまりの損害賠償を求めていた。11月18日の判決で広島地方裁判所の吉岡茂之裁判官は、「運転手は少なくとも2ヶ所以上をワイヤーロープで固定するなどの落下防止措置を怠り、鉄板が落下することはないと安易に考えていた」と指摘した。その上で「未然に事故を防ぐための注意義務を怠った一方的な過失により事故は引き起こされた」と指摘して訴えの一部を認め、運転手と会社にあわせて6400万円あまりを支払うよう命じた。この事故では運転手が禁錮3年6ヵ月、運送会社の社長が禁錮2年、執行猶予3年の判決が確定している。(NHK広島)

東広島市鉄板落下事故


東広島市の国道でトレーラーから落ちた鉄板で2人が死亡

お行儀の悪い粘着半島気質サンフレッチェ広島サポーター6人を処分

サッカー・J1のサンフレッチェ広島は、11月8日、Jリーグ・ナビスコカップの決勝が行われた埼玉スタジアムで、サポーターがスタジアム内の浦和レッズのレリーフに粘着テープを貼り付けるなど不適切な行為を行ったとして、サポーターあわせて6人を入場禁止の処分にした。サンフレッチェ広島によると、今月8日にガンバ大阪と対戦したJリーグ・ナビスコカップの決勝の試合会場の埼玉スタジアムで、試合前にサンフレッチェのサポーター2人が、スタジアムが建設された際に寄付をした人の名前などが刻まれているレリーフに、粘着テープを貼り付けたという。また、別のサポーター4人は、決起集会と称して入場ゲートによじ登り、試合会場の運営を妨げたという。このため、サンフレッチェは14日、試合会場でこうした不適切な行為を行ったサポーターあわせて6人に対し、今月22日の試合から3試合、スタジアムに入場禁止の処分とした。サンフレッチェでは「スタジアムの関係者をはじめ浦和レッズの皆様にお詫び申し上げます。再びこうしたことが発生しないように一層の取り組みを行います」とコメントした。(NHK広島)

広島刑務所で受刑者が首つり自殺

11月11日、広島市中区の広島刑務所で、40代の男性受刑者が首をつっているのが見つかり、その後、死亡が確認された。広島刑務所によると、11日午前6時半ごろ、40代の男性受刑者が、6人が共同で生活していた部屋のトイレの配管にタオルを巻きつけて首をつっているのを、トイレに入ろうとした別の受刑者が見つけた。受刑者は病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。広島刑務所では30分以内に1回のペースで刑務官が巡回していて、この日、午前6時ごろに巡回した際には、布団で寝ていて特に変わった様子はなかったという。トイレはカギがかけられない仕組みで、発見した受刑者が扉を開けたところ、死亡した受刑者が支給されたタオルを使って首をつっていたということで、刑務所は自殺とみて、詳しいいきさつを調べている。広島刑務所では、平成11年と平成20年に、受刑者が自殺したケースがあったという。(NHK広島)

広島刑務所・首吊り自殺

カープに新井貴浩選手復帰で広島県民大喜び

プロ野球・阪神を退団することが決まった新井貴浩選手が、来シーズン8年ぶりにカープに復帰することが決まったという。近く正式に発表され、入団の記者会見が開かれる見通し。新井選手は広島県出身の37歳。広島工業から駒沢大に進み、平成10年のドラフト6位で広島に入団し、平成17年にはホームラン43本を打って初のタイトルとなるホームラン王を獲得した。平成19年のオフに、FA(=フリーエージェント)の権利を行使して阪神に移籍し、3年前には打点王のタイトルもとった。また、第1回のWBCや北京オリンピックでは日本代表にも選ばれた。しかし今シーズンは、主に代打での起用となり、シーズン終了後の契約交渉で推定2億円から野球協約の制限を超える、40パーセント以上の減額提示に同意せず、退団が決まっていた。これを受けカープは、新井選手の獲得に前向きな姿勢を示していたが、球団幹部によると、10月10日夜、広島市内で交渉し、入団に合意したということで、来シーズン8年ぶりにカープに復帰することが決まった。今シーズンまでの16年間の通算成績は、1854安打、ホームラン280本、1073打点で、その実績とともに若手選手の多いカープの中でのリーダーシップも期待されるという。(NHK広島)

カープ新井選手