「広島女学院維持会」で1億円の使途不明金が発覚

広島市の学校法人「広島女学院」の関係団体の元事務担当者が、会員から振り込まれた寄付金の一部を不適切に支出し、多額の使途不明金があるという。使途不明金は、平成4年から今年までに総額で1億円を超える可能性があるという。これは、学校法人「広島女学院」が10月30日午前11時半から広島市内のホテルで記者会見して明らかにしたもの。

それによると、「広島女学院」の関係団体で寄付金などを扱う「広島女学院維持会」の元事務担当者が、会員から振り込まれた寄付金の一部を不適切に支出し、多額の使途不明金があることが分かった。使途不明金は、平成4年5月から今年3月までに総額で1億円を超える可能性があるという。「広島女学院」の調査に対して、元事務担当者は「私的流用はしていない」と話しているという。学校法人「広島女学院」の黒瀬真一郎理事長は記者会見で「関係者の信頼を損ねる事態となり、誠に申し訳ありません。今後は弁護士とも相談して、刑事と民事の両面で対応していきたい」と述べた。(NHK広島)

広島女学院「使途不明金は2億2千万円」と国に報告
10月31日、 広島女学院の関連団体での使途不明金問題で下村文部科学大臣は、学校側から約2億2千万円が使途不明と報告を受けていることを明らかにした。下村博文文部科学大臣は会見で「資産のうち約2億2千万円の使途不明になっていると報告を受けています」と話した。広島女学院は関連団体の広島女学院維持会で元理事長補佐の男性(80)が正式な手続きなしで寄付金を事務経費として使い、1億円以上が使途不明金になったと発表していた。金額が異なることについて広島女学院は、「現時点で確証を持って言えるのが1億円を超える額」と説明している。下村大臣は、寄付金を学校法人が直接処理しないことは文科省の通知に違反している可能性があるとして、指導していく方針を示した。(HOME)

広島県警が誤った交通取締り262人

広島市安佐南区の交差点で、5年間で262人が誤った交通違反の取締りを受けていたという。警察によると、ほかにも県内37の交差点で、同様の誤りや道路標示などのミスが見つかったということで、警察は調査を急ぐことにしている。広島県警察本部によると、広島市安佐南区大塚西の広域公園南口交差点の市道は、平成6年に県の公安委員会が車線の数を3と決定したが、実際には4車線になっていたため、記録が残っている過去5年間で、延べ262人が誤って進路変更禁止などの取締りを受け、このうち13人が免許取り消しや免許停止の処分を受けたという。

交通量の多さなどから4車線とすることが決定された際、警察署の担当者が公安委員会への上申を怠ったことが原因で、誤って支払われた反則金は140万円余りに上るという。警察は、処分の取り消しや反則金の返還を進めるとともに、ドライバーに謝罪することにしている。また、警察が緊急に点検したところ、ほかにも県内37の交差点で同様の誤りや道路標示などのミスが見つかったということで、警察は誤った取締りがあったとみて調査を急ぐことにしている。広島県警察本部の高橋和成交通規制課長は謝罪するとともに、「現場確認を怠ったことが原因の1つで今後は現場の確認を徹底するなどして再発防止に努めたい」とコメントしている。(NHK広島)

SMバーで地元福山市民「政治のセイの字が違うんじゃない?」と落胆

宮沢洋一経済産業大臣が、政治とカネの問題で辞任した小渕氏の後任として21日就任したが、本人の資金管理団体が広島市内のSMバーに政治活動費を支出していた。宮沢大臣の資金管理団体である「宮沢会」の2010年の政治資金収支報告書によると、9月6日に「交際費」として広島市の繁華街にあるバーに1万8230円を支出していた。当の本人はこう弁明している。

(宮沢経産相)「大変面目ない。私自身も政治資金収支報告書はさらっと見ておりましたが、正直言って店の名前からではよく分らなかったという事で。支出をしてあったのは事実です。一方で、私自身はまったく行っていません」

どのような店なのか。店長に話を聞くことができたという。

「ショータイムあるんですが、写真撮影OKで、それだけに顔見られたら困る方こない。一般の方ばっかり。大体4〜5人ぐらいできて、ばっと騒いで帰る」(SMバーの店長)

自らは行っていないと語った宮沢大臣は、「事務所の関係者が誤って政治資金として支出してしまったようだ。本人に弁済させて収支報告書を変更する」と説明した。

「ちゃんと県民とかに説明をできるようにして欲しい」「自分が行った行ってないではなく、何に使ったかなので、そこの区分はしっかりして欲しいですね」「政治のセイの字が違うんじゃない」(福山市民)

就任会見で「おじの故宮沢喜一元総理らに、政治とカネの問題はしっかり気をつけるよう教えられた」と強調した宮沢大臣。思わぬ形で注目されることになった。(RCC)

マザン
SMバーマザン
宮沢経産相

広島市議会で問題となった政務調査費

全国で政務調査費や資金管理団体からの資金の使途について問題になっているが、過去に広島市議会でも問題になったことがある。以下は2010年9月に産経が報じたものである。

広島市監査委員は、昨年度(09年)の市議会の政務調査費について、個人的な経費や飲食代など、計約26万円の不適切な支出があったことを明らかにした。指摘のあった支出は、すでに該当する議員らから、自主的に市に返還されている。監査報告書によると、不適切と判断されたのは、昨年度(09年)に申請された政調費のうちの47件。内訳は、飲食が主目的の会合費計17万7千円、後援会活動費計5万3875円、個人的な経費計3万2010円-など計26万3125円となっている。また、監査報告書では、あて名や日付がないなど領収書の不備も多く、議会事務局に審査基準の適正化を促しているほか、既存の政調費の支出マニュアルについても、個人事務所の経費の全額支出を認めている点などについて、改善を求めている。

宮沢大臣の資金管理団体「宮沢会」が広島市内のSMショークラブに支出

宮沢経済産業大臣の資金管理団体が、広島市内のSMショーなどを行っているクラブに、政治活動費を支出していたことが明らかになったという。宮沢大臣の資金管理団体「宮沢会」の2010年分の政治資金収支報告書によると、政治活動費の交際費の名目で、広島市内のクラブに1万8230円を支出したことが分かった。この店では、SMショーなども開催しているという。宮沢大臣の事務所によると、「詳細は調査中」としているが、「大臣本人がその店に行っていないことは確認している」としている。(ANN)

この店は、下着姿の女性をロープで縛り、客も参加する形のショーを開催しており、政治資金の支出先として良識が問われそうだ。宮沢会の10年分の政治資金収支報告書によると、同年9月6日に「交際費」の目的で広島市の繁華街にあるSMバーに1万8230円を支出していた。宮沢氏は広島県選出の参院議員。観劇会開催の収支をめぐる政治資金問題で小渕優子衆院議員が経産相を辞任したのを受け、今月21日に後任に就いた。(共同)

中区銀山町SMバー

半年間で広島県警警察官など26人処分

今年4月から9月までの半年間で、うその捜査報告書を作成したなどとして警察官と警察職員26人が処分を受けていたことが、情報公開請求で広島県警察本部が開示した文書で分ったという。開示された文書によると、今年4月から9月までの半年間で処分を受けた警察官と警察職員は26人で、警察官6人が懲戒処分、警察職員を含む20人が訓戒などの処分を受けた。このうち、福山市での交通取り締まりの際、捜査の手間を省くため無免許の少年がミニバイクを運転したところを見たとするうその捜査報告書を作成したとして、7月、警部補と巡査部長、巡査長の3人が戒告の懲戒処分を受けた。また、広島市安佐北区で警察署の巡査部長が警察手帳を紛失したなどとして同じ7月に警察官と警察職員20人が訓戒や注意の処分を受けた。(NHK広島)

人ごとではない安倍コベ総理の小渕優子経済産業相登用の大失敗

小渕興行が破たんした。安倍首相が気合を込めて経済産業相に登用した小渕優子議員が、政治資金をめぐって辞任した。9月の内閣改造からわずか1カ月半だった。しかし、皮肉にも、そのおかげで知名度を増したのが「下仁田ネギ」だった。


兵庫県の地方議員が政務調査費で温泉に通っていたことから、その温泉が有名になり、お客さんが増えたわけだから、下仁田ネギの売上も伸びるに違いない。ある意味、地域振興、地方創生に寄与した格好だ。広島では以前から自虐ネタで地域振興、地方創生に意欲的だが、それなりに手間と時間がかかる。一気に全国レベルにするには、社会問題とミックスして、インパクトのある宣伝方法しかないのかも知れない。

そんなことより、小渕優子議員については、仲間の野田聖子議員(広島顔)と同じく、何をやっているのかさっぱり分からない岡山顔と書いてきた。つまり、まったく使えない2世議員だろうと思ってきたのだが、何故か一部の議員とマスコミが将来の総理大臣候補だと持ち上げていた。ところが、週刊新潮のスクープ(大手新聞やテレビ局ではない)で、政治資金のデタラメさが暴露された。それは、誤報でもねつ造でもなかった。

考えてみると、この2世議員というものは取り巻きが勝手にかついでくれるから、本当においしい仕事であり、うらやましいのだが、当人に能力があるとは限らない。この能力のない2世議員の問題は広島でも考えなければならない。特に取り巻きである有権者も責任を持たなければならない。

小渕優子議員の政治資金問題の本質は、父親の時代から継承されたもので、本人が関われないほどの悪しき後援会の長老たちの影響力が大きかったと思われる。しばらくは、亡き父親が毎晩墓から飛び出して、寝付けない優子議員の枕元に表れ、うなされることだろう。

広島と群馬の関連性はほとんど見当たらないが、個人的には昔、仕事で下新田町に行ったことがある。とにかく広い盆地だった。また、群馬県出身の社長を知っているが、よく福田赳夫元首相や中曽根康弘元首相の自慢話をしていた。その社長の性格は、くだらないウンチクが得意だった。ほかには、高校野球で広島代表が群馬代表(桐生第一)に負けたくらいか。

ところで、安倍総理が進める女性登用の推進については、広島の会社も人ごとではない。今回、女性登用の失敗例を自ら率先して示した自虐嗜好の安倍晋三総理はマゾかもしれない。そんなアベコベ総理キモいりの女性の社会参加を後押しする「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案」が成立するというのだ。

この法案は、特定秘密保護法案に比べると比較にならないほど立ちの悪い法案だ。経験があると思うが、仕事が出来ない人間が上司になることへの苦痛は計り知れない。そしてその苦痛は、仕事への意欲を削がれ、組織内に不協和音を呼ぶ。

今回の問題は、安倍総理が会社の社長なら、役員から見て好感のもてるであろう小渕社員を課長に抜擢してみたら、何も出来なかったという構図だ。その部下たちは、まさに悲劇となる。

※女性登用先進国ノルウェーが払った代償 業績悪化&上場廃止企業続出、モラル低下横行
http://biz-journal.jp/2014/09/post_5954.html

経験談だが、女性中間管理職というのは、感情の起伏が激しく、頭のパイが狭いせいか、周囲に勝手気ままに文句をまき散らすものだ。仕事で文句を言うとパニック症候群になり周囲に同情を求めてはしゃいだり、また、周りの男性社員も女性だからと言って気を使い、時には女性だけの内輪グループをつくる。さらに離婚した中年管理職の元で仕事をするともなると、覚悟を決めなければならない。女性仲間に対しては、えこひいきするが、男には敵対心を持つ。非常に仕事がやりにくいものだ。

女性の昇進については、仕事が出来る人がなればいい。出来ない人を昇進させても周囲が納得しない。無理に昇進させられても、自滅してうつ病になるだけで、本人のためにならない。日本社会は何でも海外に歩調を合わせる必要はない。せっかく民主党の体たらく政治から抜け出し、今度こそまともな政治になると期待したのに、安倍コベだ。

そして、不思議なことに広島県出身の女性政治家がいないことだ。理由を考えてみると、男尊女卑という県民性もあると思うが、それ以前に広島で根付いている逆ギレ精神だ。女がこれをやっている以上、当然に周囲は離れていく。そして、その女性をかつごうなどと思わなくなる。

岸田外相が削除させた外務省HP慰安婦文章に朝日が反発

今日の朝日新聞の社説に、慰安婦問題「貴重な女性基金の精神」というタイトルで、外務省のHPから元慰安婦のためのアジア女性基金の文書を岸田外相(広島1区)が削除させたことについて、朝日新聞が反発していた。

余談だが、広島では慰安婦問題よりも強制連行のほうが認知度が高く、訴訟にもなった。調べてみると昭和の時代に中国新聞が「中国人強制連行シリーズ」を連載していた。

社説の終わりで、「私たちが過去とどう向き合うのか」とあるが、確かに言わんとすることは理解できる。ところが近年、中国や韓国による度を越した内政干渉とパククネ大統領による言いがかりともとれるような卑しい集中攻撃にまで、戦時中の当事者でない現代の日本人が、非難を浴びる理由はない。もはや日常生活に支障をきたすレベルだ。

中国・韓国が、この慰安婦問題について必要以上に出てくるなら、日本政府はもう知らん顔しとけと言いたい。

ところで、社説の内容は以下の通りだ。


戦争の時代、日本軍の関与の下で作られた慰安所で性行為を強いられた元慰安婦らに対し、戦後50年を機に国民的な償いを試みたのが「女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)」だった。

その基金への参加を呼びかけた文書を、外務省がホームページ(HP)から突然削除した。呼びかけ文には「10代の少女までも含む多くの女性を強制的に『慰安婦』として軍に従わせた」とあった。衆院予算委員会で、この記述が強制連行をほのめかすようだと批判されたための措置とみられる。

基金は、93年の河野洋平官房長官談話を受けてできた。慰安婦問題は法的に解決済みとの立場を保ってきた日本政府にとって、基金の活動は和解への後押しができる実践的な取り組みだった。

事業の柱は、元慰安婦に首相の「おわびの手紙」のほか、募金からの償い金を渡すこと、さらに政府資金から医療支援することだった。基金は7年前に解散したが、その後も外務省が呼びかけ文を掲載し続けてきたのは、これらの努力に意義を見いだしてのことだろう。

削除について岸田外相は、HPに政府が作った文章とそうでない文章が混在していたので構成を整理した、と説明する。だが、基金の関連文書の内容は政府も認めてきた。しかも大本の河野談話について、安倍首相自ら、見直す考えはないと明言している。

なのになぜ、呼びかけ文を削除しなければならないのか。国際社会からは日本政府が歴史認識をさらに後退させたと受け取られかねない。まして河野談話についても首相周辺からは、来年の戦後70年談話で「骨抜き」にすればいいとの発言さえ出ており、なおのことだ。もとより海外での評価だけが問題なのではない。私たちが過去とどう向き合うのかが問われているのである。

基金解散後、元総理らがウェブ上で「デジタル記念館『慰安婦問題とアジア女性基金』」(http://awf.or.jp)を立ち上げ、本にもまとめられた。基金に集まったのは約6億円。「入院のため振込が遅くなりました」「貧者の一灯です」。

デジタル記念館には寄金した人のメッセージのほか、「おわびの手紙」に号泣した元慰安婦の話も紹介されている。そんな心の交わりの起点となったのが、基金の呼びかけ文だった。外務省が問題意識に変わりはないというのなら、今からでもHPを元に戻すべきだ。(朝日社説)

福山の25歳の会社員がエアガンで家族を撃つ

福山市で2歳の長男と妻にエアガンを発射し、けがをさせたとして25歳の会社員が傷害の疑いで逮捕された。長男は全身に数十ヶ所の傷があるが命に別状はないという。逮捕されたのは福山市大門町の会社員、中島敬済容疑者(25)。警察によると中島容疑者は10月14日午後6時半ころ、自宅アパートの居間で同居する2歳の長男と、長男をかばおうとした29歳の妻にエアガンを発射し、けがをさせたとして傷害の疑いが持たれている。

エアガンは一度に20発ほど連射できるマシンガンタイプで殺傷能力はないが、中島容疑者は至近距離から長男に連射し、長男は頭から足まで数十ヶ所にプラスチック製の弾が当たった傷があったという。事件のあと3人は病院に行き、診察した医師が警察に通報したということで、長男は全治1ヵ月、妻も手や太ももなどに数ヶ所けがをしているが、いずれも命に別状はないという。調べに対し容疑を認め、動機について「長男がテレビのチャンネルをかえたことに腹が立った」などと供述しているという。

現場のアパート近くに住む女性は、「数年前に中島容疑者が引っ越してきてから怒鳴り声や大きな物音がずっと部屋から聞こえていた。子どもは部屋からあまり出ないようで姿を見たことはほとんどない」と話している。警察は日常的に虐待を繰り返していなかったか捜査している。(NHK広島)

エアガン1


2歳長男にエアガン、実刑判決
長男(2)と当時の妻(29)にエアガンを乱射し全身にけがを負わせたなどとして、傷害罪に問われた広島県福山市、元運送会社員、中島 敬済被告(25)に対し、広島地裁福山支部は2月20日、懲役1年2月(求刑・懲役2年6月)の実刑判決を言い渡した。

佐藤洋幸裁判官は「1分間も 執拗 しつよう に弾を浴びせており、相当悪質で一定期間の服役が避けられない」と述べた。判決によると、中島被告は昨年10月14日夜、自宅で長男がテレビのリモコンに触ってチャンネルが変わったことなどに腹を立て、至近距離からマシンガンタイプのエアガンを乱射。長男は頭から足にかけてプラスチック弾233発があたり、4週間のけがを負った。かばおうとした元妻も手などに9発があたり、1週間のけがをした。(読売)

広島カープCSで阪神にあっけなく撃沈・冷めた試合(2014年)

今季の広島カープは、セリーグ1位の巨人に7.5ゲーム差をつけられて3位となった。そんな順位でもクライマックスシリーズに参加ということになったが、阪神に対してあっけなく撃沈された。夏以降、申し合わせたように悪夢の失速パターンを歩んだ広島カープ。しかし何かひとつでも不協和音が走ると、ズルズルガタガタと崩れていく、この結束力の弱さは何なのか。対阪神に2試合ともまったく点の入らない冷めた試合を見ていて、つくづく思う。

先日、野村監督が今季限りで退任すると発表されたが、週刊文春によると地元放送関係者の間では、すでに噂として流れていたようで、来季監督は緒方野手総合・ベンチ担当コーチ(45)で、ほぼ確実だという。

野村監督は2010年に監督就任したが、3年連続Bクラスで、2013年限りでの退任がほぼ決まっていた。ところが、打撃不振で二軍降格していたエルドレッド内野手(34)を、コーチ陣の反対を押し切って一軍に昇格させると、これが大当たりした。

これで昨年はファイナルステージへ駒を進めた。その結果、野村監督の去就も白紙に戻り、松田オーナー兼球団社長(63)の鶴の一声で残留となった。

今季も序盤から優勝争いに加わる好成績を繰り広げてきたが、球団内では野村監督の手腕についてはそれほど高くないという。また地元OBとの関係も最悪と言われ、広島カープは戦力的には優勝できるのに監督の采配で負けたため、解任を求める声が噴出したという。

さらに昨年の退任理由の一つだった体調面の不安も続き、今季も点滴を受けながらグラウンドに立つなど、本人も続投に弱気になっていたようだ。

そんな状況の中で勝てと言うのも酷な話かもしれない。