広島県の海運会社のタンカーが姫路港の沖合いで爆発

5月29日午前9時20分ごろ、兵庫県姫路市の飾磨港沖約6キロの播磨灘で、広島大崎上島港(広島県)所属のタンカー「聖幸丸」(998トン、全長81メートル)が爆発、炎上した。姫路海上保安部によると、乗組員8人は全員が日本人で、安藤政一船長(64)=宮城県石巻市=が行方不明、男性船員(61)が全身にやけどを負うなど4人が重傷を負った。

聖幸丸は広島県大崎上島町の聖朋海運(小村朋孝社長)が所有。同社や海保によると、聖幸丸は原油の運搬タンカーで、兵庫県の相生港で積み荷の原油を降ろした後、和歌山県の下津港に向かう予定で、沖で待機していた。船員が船体に付着したペンキを機械(グラインダー)を使ってはがしていた際、火花がタンクに残ったガスに引火した可能性があるという。(毎日)

タンカー爆発3

タンカー爆発炎上

タンカー沈没2

タンカーから船長の遺体
5月31日午前、沈没したタンカーの船内から男性の遺体が見つかり、行方不明となっていた64歳の船長と確認された。5月29日、兵庫県の姫路港の沖合で、広島県の会社が所有するタンカー「聖幸丸」が爆発・炎上した事故では、1人が意識不明の重体となっているほか、3人が大けがをし、船長の宮城県石巻市の安藤政一さんが(64)行方不明になっていた。第5管区海上保安本部が、現場の海域で捜索したところ、31日午前11時20分ごろ、沈没したタンカーの船内で1人の遺体が見つかり、安藤船長と確認された。この事故で海上保安本部は、爆発は原油から揮発してタンク内に残っていたガスに、乗組員が行っていた作業で出た火花が引火して起きた可能性が高いとみて、業務上過失傷害の疑いで調べを進めている。(NHK広島)

実は2007年から教え子から携帯盗んで遠隔操作アプリDLした東広島市の中学教師

元交際相手のスマートフォンに、遠隔操作アプリを勝手にダウンロードするなどした罪に問われている中学校教師の男が、勤務先だった中学校の女子生徒などから、携帯電話を盗んでいた疑いで、再逮捕された。再逮捕されたのは、東広島市立安芸津中学校の教師・中川省志容疑者。中川容疑者は、2007年から去年にかけて、当時勤務していた中学校の女子生徒など3人から携帯電話3台を盗んだ疑いがもたれている。中川容疑者は、元交際相手が利用していた旅行情報サイトに不正にアクセスした罪や、元交際相手のスマートフォンに遠隔操作ができるアプリを勝手にダウンロードした罪で逮捕・起訴され、現在公判中。調べに対し中川容疑者は「今は言いたくありません」と容疑を否認しているという。中川容疑者は、教え子などから盗んだ携帯電話3台のうちの1台を使って、元交際相手が利用するサイトに不正にアクセスを繰り返していたという。(TSS)

スマホで元交際相手を遠隔監視した広島の中学教師

無免許で逃走してパトカーに激突し女性を死亡させた広島男が懲役7年の判決

2012年、広島市の県道で無免許で車を運転し、女性を死亡させたなどとして、1審で懲役9年の判決を受けた被告の2審の裁判で、広島高等裁判所は5月27日、「量刑は現時点では重すぎる」などとして懲役7年を言い渡した。

元会社員の野村幹也被告(24)は、おととし、広島市西区の県道の交差点で無免許で乗用車を運転中、追跡されたパトカーから逃れようとして別のパトカーと衝突し、近くにいた女性を死亡させたなどとして、危険運転致死傷などの罪に問われた。1審の広島地方裁判所は去年、危険運転致死傷の罪ではなく、自動車運転過失致死傷の罪にとどまると判断して、懲役9年を言い渡し、刑を軽くするよう求める被告側が控訴していた。27日の2審の判決で、広島高等裁判所の木口信之裁判長は「1審の判決後に、被害者の遺族に損害賠償の方法が具体的に提示された事情などを考慮すると、1審の量刑は現時点では重すぎる」と判断し、懲役7年を言い渡した。(NHK広島)


広島 パトカー症衝突事故

パトカーの追跡から逃れた男が通行人をはねて死亡させても懲役9年

AKB48への脅迫は止まらない

5月25日、岩手県でアイドルグループAKB48のメンバーらが切りつけられた事件を受け、広島県福山市で予定されていた別のメンバーによるイベントが延期されることになった。延期となるのは5月28日、福山市の商業施設で行われる予定だったAKB48のメンバー岩佐美咲さんによるライブイベント。ファンとの握手会も予定されていたという。岩佐さんは福山市の鞆の浦を舞台にした演歌を歌っていて、たびたび福山市を訪れていた。(RCC)

人気者へのやっかみは、今も昔も変わりなく続いている。AKB48への事件は2010年にも起こった。以下がそのときの報道内容。

AKB48のメンバーに剃刀(カミソリ)を送り脅迫した男(2010年6月)
人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーを脅迫する手紙を送り付けたとして、警視庁東京湾岸署は6月11日までに、職業不詳、西本好伸容疑者(27歳・広島県呉市在住)を逮捕した。逮捕容疑は、4月下旬、AKB48のメンバー数人の実名を挙げ、危害を加える内容の脅迫文と、カミソリの刃を入れた封筒を東京都江東区にあるAKB48のマネジメント会社「AKS」に送った疑い。 東京湾岸署によると、脅迫文は手書きのA4判1枚で、末尾に「N・Yより」と書かれており、封書には同容疑者の氏名と住所が書かれていたという。事務所が同署に被害届を出して発覚した。調べに対し、西本容疑者は容疑を認めているという。

【その他の芸能人】
1957年、故美空ひばりさん(当時19)が都内の舞台出演中に、ファンの少女に酸性の液体をかけられ、 顔などにやけどした。
1983年、松田聖子さん(当時21)が沖縄で公演中、 舞台に上がってきたファンの少年に頭を殴られた。

広島官民投資ファンド社長交代・投資に失敗はつきもの

広島県が中心となって設立した投資ファンドの新しい社長に、5月26日付けで自動車メーカー、マツダの元副社長の尾崎清氏が就任し、尾崎新社長は、ファンドが投資した企業が去年の決算で赤字だったことについて、「事業には不確実なことはつきもので状況に応じた企業支援を進めたい」と述べたという。県と民間の金融機関などが出資した投資ファンドを運用する「ひろしまイノベーション推進機構」は、将来性のある県内の企業に投資して成長を促し、地域産業を活性化させようと、3年前に設立された。機構の設立当初から社長を務めてきた山下尊弘氏が家庭の事情を理由に退任することになり、26日付けで社長に就任したマツダの元副社長の尾崎清氏が、記者会見を行った。このなかで尾崎新社長は、「地元の企業に信頼してもらえるよう活動していきたい」と抱負を述べた。ファンドをめぐっては、投資した2つの企業がいずれも去年の決算で赤字だったことや、県議会の一部からは投資のペースが遅いといった指摘が出ている。尾崎新社長は「投資を加速させることと、成功事例を作っていくことが現時点で課題だと思っている。事業には不確実なことはつきもので、マツダ時代の経験を生かして状況に応じた企業支援を進めたい」と述べた。(NHK広島)

広島県の投資ファンド失敗

天皇批判まんがに見える「美味しんぼ」と「はだしのゲン」

漫画週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」の「美味しんぼ」に描かれている放射能被曝による鼻血問題で、福島県が風評被害に困っているという。この数日間、ニュースではこの漫画の内容について福島県民にインタビューする姿が映しだされた。住民の意見は肯定派と批判派に分かれていた。

5月19日のニュースでは、肯定派の意見で主婦や会社員は、「風評より風化が怖い」「大事な意見のひとつだ」など。

否定派の意見で、地元の医師は、「放射線で鼻血が出るなど聴いたことがない」。農家の人は「福島県民は鼻血が出るのか?と笑われながら言われた」など。

この、農家の人の言葉が妙に引っ掛かった。これで思い出したのが、広島に対するいわばヒバクシャ偏見思想だ。ずいぶん前の事だが、あれは確か東京の墨田区か葛飾区の人間だった。「おまえ、ヒバクシャかぁ?」と、ニヤニヤしながら言っていた。被爆者ではないし、少し腹も立ったが、しかしなぜいとも簡単に何の抵抗もなくこんな事を言うのか、ふと冷静に考えたことがある。

広島以外の日本国民は、広島の人間であれば、みんな被爆者だと思っているのだろうか。広島から離れれば離れるほど、原爆や被爆者のことなどは、この程度の認識なのか、この程度の教育しか受けていないのか、これが現実か、と悩んだ。

広島市や被爆団体が、原爆ドームなど数々の被爆建物を残し、いつまでも反核運動を発信し続けるから、まったく関係のない者までヒバクシャ扱いされる事に、嫌気がさしたものだ。

被害を発信すればするほど、利益を得る者と、不利益を被る者がいる。さらに差別や偏見も生まれる。

「はだしのゲン」は「美味しんぼ」と類似する点がある。この2作品は、原爆と原発に対してどちらも被害者として描かれているが、「はだしのゲン」は一部ではあるが天皇という固有名詞を出して批判する描写をしており、対する「美味しんぼ」の作者・雁屋氏は、週刊文春によると、学生時代から思い込みが激しく、天皇制反対を唱えていたという。「週刊金曜日」(2000年)では「近代天皇制の毒は強烈だ」とある。また、「天皇制がある限り、上下関係の締め付けと組織による抑圧は解消しない」など。

「はだしのゲン」では、天皇を批判するのも表現の自由として、作者は率直な気持ちを描いているのだろうし、「美味しいんぼ」では、直接天皇批判をしている訳ではないが、両作者の経歴を見ると、単なる「プロパガンダ」にも見えてしまうことだ。つまり、日本国内の特定の思想や世論を誘導するための宣伝効果を狙った演出のようだ。

天皇批判の記述についは注意が必要だろう。戦時中の世相と今は、まったく違う。天皇に対する考え方として、戦時中に生きてきた人の思いと現代に生きる人では、違って当然。今、テレビで映し出されている天皇皇后両陛下が、戦時中に何かしたのだろうか?天皇も代替わりしていくが、書物に漠然と記述すると、永久に残り、永久に天皇批判をしていることになる。それを戦後、非難し続ける人は、被災地に赴いた天皇皇后両陛下を非難したことと同じだ。

そもそも漫画というものは、ストーリーを面白させ、良くも悪くも世の中の注目を集めることを目的とし、売上を伸ばすことだ。これは作者とすれば、ごく自然な創作行為だ。中世の絵画からの歴史に学べば、「絵」というものは、誇張して表現するもの。

漫画「はだしのゲン」のストーリーが全て本当の話ではないし、創作物のひとつにしかすぎない。これが漫画でありコミックというものだ。

「美味しんぼ」の作者が、この福島の問題をマンガに託したということは、多数の読者に対してアピールし易いからだろうが、その時点で所詮「まんが」という創作物と認識すべきものだ。鼻血の内容は表現媒体において、信憑性に乏しく、内容が懐疑的に見られてもおかしくない。

作者が、福島で本当に鼻血が出るというなら、まんがで表現するのではなく、厳格な調査を経て、一冊の報告書なる書物を出して始めてスタートラインに立つ。

また、岡山大学の疫学・環境医学の津田教授が「チェルノブイリでも福島でも鼻血の訴えは多いことが知られている。『低線量放射線と鼻血に因果関係はない』と言って批判される方には『因果関係がない』という証明を出せと求めればいい」と言っていた。

岡山大学にもこんな無神経な大学教授がいることに驚愕した。これは、自分の発言に自身がないことの表れだ。存在しない事象を証明する必要もないし、そんな無駄な労力をする教授・学者・研究者は意味がないし税金の無駄だ。事象が存在することを証明して初めて評価されるものだし、それが研究者・科学者というもの。

ヒバクシャと反核運動の歴史にみるように、広島県民の評価は必ずしも一つではない。これから数十年間は、福島県民は知りたくもない広島県民の悩みと蟠りを実感することになる。長く薄暗いトンネルを、ゆっくりと歩いて行かなければならない。

安芸高田市の保育園の運動場に釘が1000本散乱

5月17日、安芸高田市にある保育園が運動会を予定していた運動場で、およそ1000本のくぎが散乱しているのが見つかったという。保育園の職員がくぎを回収し、安全を確認したうえで運動会は行われたが、警察は何者かがくぎをまいたとみて、威力業務妨害の疑いで調べている。17日午前7時すぎ、安芸高田市八千代町にある八千代南保育園に隣接する運動場で、くぎが散乱しているのを保育園の職員が見つけ、警察に通報した。警察によると、くぎは長さおよそ3センチから4センチの新品で、およそ1000本にのぼるという。保育園によると、運動場ではこの日、0歳から5歳までの園児およそ50人と保護者が参加する運動会が開かれる予定で、職員がくぎを回収し、安全を確認したうえで運動会を行ったという。16日の午後8時ごろ運動場を確認した際には、異常はなかったという。(NHK広島)

親子2人をはねた元大学生が精神鑑定の結果不起訴?広島バカか?

去年、広島市で親子2人が乗用車にはねられ1人が死亡、1人が意識不明の重体となった事故で、精神鑑定などの結果、「刑事責任は問えない」としていったん不起訴になった元大学生について、検察は再び捜査した結果、5月16日改めて不起訴にしたという。

2013年10月、広島市佐伯区の市道で親子2人が乗用車にはねられ母親が死亡、次女が意識不明の重体となった事故で、ひき逃げなどの疑いで逮捕された24歳の元大学生について広島地方検察庁は2014年2月、精神鑑定の結果などから「刑事責任は問えない」として不起訴にした。 その後遺族の申し立てを受け広島第1検察審査会が5月、「不起訴は不当」とする議決をしたことから検察は再び捜査していた。その結果検察は「犯行時の責任能力については心身喪失と判断せざるを得ない」として16日改めて不起訴にした。広島地方検察庁は不起訴の理由について「検察審査会の議決内容を十分踏まえて検討したが、これまでの捜査記録や医療観察法に基づく精神鑑定の内容、それに裁判所の決定内容などを総合的に考慮した」としている。(NHK広島)

車で親子を死傷させた24歳の男に対して遺族が不服申し立て

相変わらず、上っ面だけの腐った人権ヒロシマ。心身喪失状態なら親はいったい何をやっていたのか。24歳のバカ息子に車のハンドルを握らせたのは、親の責任でもある。もしその親も心身喪失状態なら、こんな危険なバカモノをほったらかしにした広島市にも責任がある。もし、この母親が自分の母親なら、このバカ息子とその両親を必ず探し出し、人生を掛けて地獄の底に突き落とすことだろう。

広島平和記念公園折り鶴14万羽焼失事件(2003年)

2003年8月1日午前8時頃(平成15年)、広島市中区の平和記念公園で、「原爆の子の像」の周りに設置された折り鶴の保管施設から火が出ているのを通行人が見つけ、119番通報した。約10分後に消し止められたが、約14万羽の折り鶴が燃え、保管施設が焦げてガラスが割れるなどした事件。

この近くの監視カメラに不審な3人組の若い男が映っていたため、犯人特定は早かった。

午前7時51分頃、現場南側のレストハウスに市が設置した監視カメラに、3人の若い男が保管施設を出入する姿が映っており、その直後に炎が上がったという。

※原爆の子の像は、千羽鶴を折りながら原爆症と闘った故・佐々木貞子さんをモデルに58年、全国の児童らの募金で建てられた。2002年2月、像に供えられた約5万羽の折り鶴が焼かれる事件があり、これを受けて市は監視カメラを設置した。同年4月、折り鶴を風雨から守る保管施設ができた。

広島県警は8月1日午後、大阪府東大阪市吉田3丁目、関西学院大4年山本淳哉容疑者(22)を器物損壊の疑いで逮捕した。山本容疑者は「留年が決まり、就職もできずにむしゃくしゃしていた」と供述した。

山本容疑者は1日午前7時55分頃、保管施設にあった折り鶴の束にライターで火をつけた。県警は、園内の監視カメラの映像などから、観光客の可能性もあるとみて手配。午前11時10分頃、宮島に向かう広島県大野町のフェリー乗り場近くで、服装がビデオの映像によく似ていた山本容疑者を発見。広島中央署に任意同行を求めて事情を聴いたところ、容疑を認めたという。

山本容疑者は、同じ大学の2人と同日午前2時半頃に車で兵庫県内を出発。午前6時頃、広島市に到着して公園で平和記念資料館(原爆資料館)が開くまで時間をつぶしていたが、山本容疑者が「火をつけたらどうなるか」と言い出し、突然、火をつけたという。(朝日)

平和記念公園 折り鶴

東広島市で偽札が見つかる

東広島市内でニセの千円札、3枚が相次いで見つかったという。5月8日、東広島市にある広島銀行西条支店で新聞販売所の男性店長が集金した現金を振り込もうとしたところ千円札1枚が機械にはじかれた。日本銀行に鑑定を依頼したところ、「偽造紙幣」と判定されたという。東広島市内では先月末も商店で買い物客が使ったニセの千円札2枚が見つかっている。警察は、3枚のニセ札が同じ方法で作られた可能性が高いとみて印刷したプリンターの特定などを急いでいる。(HOME)

偽札

上が本物の千円札、下が東広島市内で見つかった偽札。本物より少し小さくインクがにじんでいて、透かしも入っていない。