月・日別2014年04月 1/1

イクメン必要なし

4月25日、人事院は一般職の国家公務員のうち、育児休業を取得しなかった男性職員への意識調査結果を公表した。「取得する必要がないと思った」との回答が69.4%に達したほか、63.5%は「上司から取得の働き掛けはなかった」と答えた。人事院は、仕事と育児の両立を促進するため、男性職員や幹部の意識改革が必要だと指摘している。(時事通信)広島の誰かが「イクメン」などと言っているが、これはまさに特権階級の人たちの制...

  •  0
  •  0

避難勧告誤送信

4月18日午前11時24分、県の危機管理課が誤って「避難勧告」を発信。メールサービスとして5万6000人に配信された。実際に災害は発生しておらず、人為的なミスだったという。「広島市中区で災害が発生している」として、「中区立町」の住民に避難勧告を呼びかける情報が、県のホームページなどに掲載された。これを受け、メールサービスに登録しているおよそ5万6000人に避難勧告のメールが一斉送信された。その14...

  •  0
  •  0

日本社会高齢者皆殺し

ついに日本の総人口のうち、65歳以上の高齢者が25%を超えた。高齢者が高齢者を支えなければならない社会が来た。4月15日、広島市東区にある住宅の中で、男女2人が死亡しているのが見つかった。1人はこの家に住む70代の男性で、女性の身元は確認されていない。近所の人の話によると、男性が、足が不自由な女性の介護を続けていたという。いわゆる「老老介護」だったと見られている。広島県の人口に占める65歳以上の高...

  •  0
  •  0

NPDIやSTAPパフォーマンス合戦よりも理化学研究所の原爆開発の可能性

パフォーマンスに終始したNPDI(軍縮・不拡散イニシアチブ~日本、オーストラリアなど核兵器を持たない12ヵ国による)第8回外相会合が4月12日、広島市で開かれ、外相会合は、「核なき世界」への決意を示す「広島宣言」を発表したという。議長をつとめた岸田外務大臣は、「日本は軍縮・不拡散の取り組みを積極的に推進する」と表明した。「広島宣言」では、核兵器の非人道性を確かめるために、世界の指導者が広島・長崎を訪問...

  •  0
  •  0

スマホで元交際相手を遠隔監視した広島の中学教師

スマートフォンの「盗難対策アプリ」を元交際相手のスマホに勝手にインストールした疑いで、公立中学校の教師が再逮捕された。東広島市立安芸津中学校の教師・中川省志容疑者(43)は、2013年7月、交際相手だった女性のスマートフォンに盗難対策のためのアプリを勝手にインストールし、位置情報などがわかる状態にした疑い。アプリはパソコンからスマホの現在地を調べたり、遠隔操作で撮影や録音して誰が持っているか確認で...

  •  0
  •  0