月・日別2014年01月 1/2

原発停止で火力発電の燃料費が膨らみ平成25年度の中国電力の損益が150億円の赤字見通し

中国電力は、島根原子力発電所の運転停止が長期化するなかで、円安が進み、火力発電の燃料費が膨らんでいるなどとして、今年度、平成25年度の最終的な損益が150億円の赤字になるという見通しを発表した。中国電力は、火力発電所のトラブルを理由に「電力の供給に関する費用を合理的に計算できない」として、今年度の業績見通しのうち、損益を未定としてきたが、1月29日、初めて損益の見通しを発表した。それによると、今年...

  •  0
  •  0

11歳の長女をゴルフクラブなどで暴行死させた母親に懲役8年の判決

2012年、広島県府中町で小学5年生の娘に暴行を加えて死なせたとして、傷害致死の罪に問われた母親の裁判員裁判で、広島地方裁判所は懲役8年を言い渡した。堀内唯真さんは11歳で短い人生を終えた。 母親の亜里被告は、2012年10月、当時小学5年生だった長女の唯真さんに対し、自宅で練習用のゴルフクラブや手で頭や腹を何度も殴るなどの暴行を加えて死なせたとして傷害致死の罪に問われていた。判決公判で広島地裁の...

  •  0
  •  0

高須小の教諭転任処分取り消し控訴棄却

民間登用された尾道市立高須小の元校長が2003年3月に自殺したことを受け、転任処分となったのは不当として、男性教諭(57)が広島県に、県教委の転任処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が1月22日、広島高裁であった。筏津順子裁判長は、男性の請求を退けた一審広島地裁判決を支持し、控訴を棄却した。県教委は男性について、03年4月に高須小から尾道市の別の小学校へ、04年4月に府中市の小学校へ、10年4月...

  •  0
  •  0

呉共済病院技師2人が医療ミスで60歳代の患者が死亡

2008年、手術中に血液ポンプのチューブを付け間違え、男性患者を死亡させとして、呉市の病院の臨床工学技士2人が、業務上過失致死の疑いで書類送検された。書類送検されたのは、呉共済病院の臨床工学技士2人。警察の調べによると、2人は2008年12月、呉市の60代男性が大動脈解離の緊急手術を受けた際、人工心肺装置の血液ポンプのチューブを誤って取り付けた。その後の確認も怠って執刀医に引き渡し、男性は多発性脳...

  •  0
  •  0

都知事選で立候補した細川元首相(小泉元首相支援)という老害にすり寄る中川元官房長官

脱原発を利用して、東京都知事選に立候補した細川元首相(76)と、全面的に支援を名乗る小泉元首相(72)。そこに中川元官房長官(69・前広島4区)がすり寄る。東京は日本の電力最大の消費地であるが、原発政策は国策だから、国政で行うべきもの。東京都は東京電力の株主だが、2013年9月時点での保有率は1.20%にすぎない。それよりも気になるのが、もし細川氏が当選すれば、2020年の東京オリンピックでは、8...

  •  0
  •  0

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と漁船が衝突して転覆

第6管区海上保安本部によると、1月15日午前8時前、広島県大竹市の阿多田島の近くの海上で漁船が転覆し、4人が海に転落したという。4人は近くの船に救助されたが、このうち2人が心肺停止の状態だという。防衛省によると、付近で航行していた海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と衝突して転覆したという。海上保安本部などが当時の状況を調べている。防衛省によると、釣り船に乗っていたのは船長と釣り客3人とみられ、全員が海...

  •  0
  •  0

平成25年の広島県の犯罪情勢(暫定値)は凶悪犯罪が増加

広島県警による刑法犯認知件数(暫定値)の発表によると、全国総数は1,382,121件(平成24年)から1,320,748件(平成25年)と、61,373件(4.4%)減少した。広島県内では、23,902件(平成24年)から22,593件(平成25年)と、1,309件(5.5%)減少した。(検挙率は37.3%)その中で、増加に転じたものは、全国では知能犯が40,097件(平成24年)から43,190件(平成2...

  •  0
  •  0

従業員を犬のように扱う広島で離職率が高いブラック企業の実名公表を検討

広島労働局が、会社を辞める人の割合・離職率が極めて高い広島県内の企業など、およそ150ヶ所で集中的に立ち入り調査を行った結果、90%近い職場で違法な長時間労働や残業代の未払いなどが確認されたという。厚生労働省は、極端に離職率が高い企業などで「若者の使い捨て」が疑われるとしてリストを作成し、去年9月、全国一斉に立ち入り調査を行った。このうち、広島労働局が県内の企業や事業所など157ヶ所を調べた結果、...

  •  0
  •  0

米国の核ミサイル発射担当将交が違法薬物所持

1月9日、核ミサイル発射を担当する米空軍(US Air Force)の将校2人が違法薬物所持の疑いで取り調べを受けていることが、複数の米国防当局者の話で明らかになった。米国防総省のアン・ステファネク(Ann Stefanek)報道官によると、米モンタナ(Montana)州のマルムストローム空軍基地(Malmstrom Air Force Base)に配属されている将校2人が、違法薬物所持の疑いで空軍特別捜査室(Office of Special Investigations)の取り...

  •  0
  •  0

二岡智宏選手の現役引退はモナの怨念か

2013年10月に日本ハムから戦力外通告を受けた二岡智宏内野手(37)が、現役引退を決断したことが1月8日、分かった。9日に会見を開くという。二岡選手は広島・広陵高から近大を経て98年ドラフト2位の逆指名で巨人に入団。走攻守そろった野手として活躍し、2002年の日本シリーズでは最高殊勲選手に輝いた。09年にトレードで日本ハムに移籍し、12年は主に代打としてリーグ優勝に貢献した。ここ数年は脚に不安を...

  •  0
  •  0